185件中 81 - 90件表示
  • うつ病

    うつ病から見た光トポグラフィー

    光トポグラフィー検査 (NIRS) によって、抑うつ症状の鑑別診断の補助に用いる。近赤外光によって、大脳皮質の血液量変化を推定することによって、約7 - 8割の精度で、その抑うつ症状が、うつ病のものか、双極性障害あるいは統合失調症のものかを判別するため、鑑別診断の補助検査として用いることができる。2014年4月には、診療報酬として「抑うつ症状の鑑別診断の補助に使用するもの」が適用された。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た作業療法士

    心理療法(精神療法)は、精神福祉の専門家が、個人やグループ・家族に対して行い、作業療法士、理学療法士、精神科医、公認心理師、ソーシャルワーカー、カウンセラー、訓練を受けた精神保健福祉士が実施する。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たカウンセラー

    心理療法(精神療法)は、精神福祉の専門家が、個人やグループ・家族に対して行い、作業療法士、理学療法士、精神科医、公認心理師、ソーシャルワーカー、カウンセラー、訓練を受けた精神保健福祉士が実施する。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た理学療法士

    心理療法(精神療法)は、精神福祉の専門家が、個人やグループ・家族に対して行い、作業療法士、理学療法士、精神科医、公認心理師、ソーシャルワーカー、カウンセラー、訓練を受けた精神保健福祉士が実施する。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た認知心理学

    認知心理学は、人間の思考など認知過程を対象とした学問で1960年代より発展してきた。この認知心理学の学習モデルによれば、人間には思考が反復的に起こっているとされ、偏った思考と気分が関連付けされた場合に、問題が生じるとしている。その心理療法である認知行動療法は、有効性が科学的に確認されている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たソーシャルスキルトレーニング

    なお、認知的技法には、認知再構成法(否定的なとらえ方と異なる事実や根拠を見出したり、否定的な考え方を反証する事実や根拠を紹介したりした後、新たなとらえ方・肯定的な考え方を治療者が提示したり患者と一緒に模索したりすることにより、新たな考え方を形成すること)・認知のゆがみの修正・自己教示法(習得したい考え方や行動を自分自身に言い聞かせること。具体的なイメージとともに言い聞かせることや、実際に考え方や行動に変化が生じたらすぐに報酬や賞賛を与えて、考え方や行動の変化への動機づけをさらに高めることが推奨される)・ロールプレイなどがある。一方、行動的技法には、スケジュール作成・行動実験(行動実験にもさまざまな種類があるが、うつ病の治療に用いられる行動実験は、実際に新たな考え方に基づいて行動しそのメリットを体感することで、新たな行動の定着とその行動への動機づけの向上を図るものである)・リラクゼーション・ソーシャルスキルトレーニング・運動などがある。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た離脱症状

    抗うつ薬の効果は必ずしも即効的ではなく、効果が明確に現れるには1週間ないし3週間の継続的服用が必要である。NICEは処方に際し、患者と離脱症状(SSRI離脱症候群など)も含めて副作用について話し合わなければならないとしている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た精神病

    自覚的な認知についての訴えが、老人の抑うつに現れることがあるが、それはアルツハイマー病などの認知症の徴候の可能性がある。認知検査と脳画像イメージは認知症とうつ病を区別する助けとなる。CTスキャンは、精神病症状や、急な発症、または異常な症状を伴う脳病変を除外することができる。生物的テストでは大うつ病の診断を行う方法はない。一般的に、医学的な兆候がない限りその後検査を繰り返す必要はない。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た選択的セロトニン再取り込み阻害薬

    抗うつ薬のうち、従来より用いられてきた三環系抗うつ薬あるいは四環系抗うつ薬は、口渇・便秘・尿閉などの抗コリン作用や眠気などの抗ヒスタミン作用といった副作用が比較的多い。これに対して近年開発された、セロトニン系に選択的に作用する薬剤SSRIや、セロトニンとノルアドレナリンに選択的に作用する薬剤SNRI、NaSSA等は副作用は比較的少ないとされるが、臨床的効果は三環系抗うつ薬より弱いとされる。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た英国

    NICEのガイドラインは心理療法の重要性を認めており、6 - 8回の認知行動療法 (CBT)、または他の根拠に基づいた心理療法を推奨している。英国政府は臨床試験で効果が証明された認知行動療法をはじめとする根拠に基づいた心理療法の拡充を開始し成果を上げているとOECDは述べている。(心理療法アクセス改善)うつ病 フレッシュアイペディアより)

185件中 81 - 90件表示

「うつ病」のニューストピックワード