前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
696件中 1 - 10件表示
  • さいたま市

    さいたま市から見た川口市

    現さいたま市域の大部分では江戸時代まで農地が広がっていたが、1923年(大正12年)の関東大震災や1940年代前半の太平洋戦争(大東亜戦争)などを契機として、東京などからの大規模な人口流入が生じ、本格的に宅地化が進むようになった。このような宅地化は、まず中心市街地に近い台地上の鉄道駅付近、すなわち浦和駅から大宮駅にかけての東北本線沿線で先行した。浦和・与野・大宮の中心部は、このような地域において互いに近接していたことから、市街地の一体化は早期に進行し、国勢調査において初めて人口集中地区(DID)が定義された1960年(昭和35年)の時点で、この3市の人口集中地区は既に連続していた。その一方でこの時点では蕨市、川口市、上尾市といった他市町村の人口集中地区とは連続していなかった。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た村上春樹

    1Q84(村上春樹) - 牛河が浦和の富裕な医者の息子として登場する。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た森鴎外

    青年(森鴎外) - 主人公が友人に誘われ出掛けたのが大宮。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た松本清張

    神々の乱心(松本清張) - 浦和町の県警本部が登場する。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た高橋陽一

    キャプテン翼(高橋陽一)- 浦和市駒場陸上競技場や大宮公園サッカー場が登場する。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た押見修造

    惡の華(押見修造) - 思春期をテーマとした漫画およびアニメ作品。高校編で群馬県で育った主人公がさいたま市(大宮)に引っ越してくる。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見たやなせたかし

    市のマスコットキャラクターとして、市内の見沼(見沼田んぼ)に伝わる伝承に因んだ「つなが竜ヌゥ」が2007年9月20日に制定された。このキャラクターは一定の条件(要綱・マニュアルに記載)を満たせば営利目的を含めて誰でも使用することができるほか、着ぐるみの貸し出しも行われている。また、埼玉県の自治体のゆるキャラで構成されるゆる玉応援団にも加盟している。また、やなせたかしによるキャラクター「浦和うなこちゃん」がさいたま観光大使に任命されており、各種イベントにて「ヌゥ」や埼玉県のキャラクターである「コバトン」・「さいたまっち」と一緒に登場することが多い。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た石井桃子

    ノンちゃん雲に乗る(石井桃子) - 児童文学作品。舞台には作者の石井が幼いころ遊んだ旧浦和町の神社や池が使われている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た武川アイ

    市歌として、「さいたま市の歌『希望(ゆめ)のまち』」が制作されている。政令指定都市移行記念として2003年に制定されたもので、公募により880点寄せられた歌詞の最優秀作品に市出身のタケカワユキヒデが作曲および補作詞をした楽曲で、タケカワと二人の娘(武川基、武川アイ)のユニット「タケカワユキヒデ & T's COMPANY」が歌う。この楽曲の冒頭とエンディングに流れるチャント風のエールは、浦和レッズと大宮アルディージャのサポーター有志によるものである。また、このエールをアレンジしたものが市内の複数のJR駅で発車メロディーとしても使用されている。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

  • さいたま市

    さいたま市から見た埼玉県立浦和高等学校

    旧浦和市は、県庁、市役所をはじめ地裁や県警、県指定金融機関でもある埼玉りそな銀行の本店や各種政党の支部など県都としての機能が集積する。また、明治時代に旧制浦和中学校(現・埼玉県立浦和高等学校)と浦和高等女学校(現・埼玉県立浦和第一女子高等学校)、大正時代に東京帝国大学への登竜門と言われた旧制浦和高校(現・埼玉大学)が設置され、のちに浦和が文教都市の代表格となる所以となった。関東大震災での被害が比較的小さく、大正時代以降、東京や神奈川からの富裕層や文化人の移住で人口が急増し、別所沼周辺に画家が多数移住したことから「鎌倉文士に浦和画家」という言葉が生まれた。昭和期以降は現在に至るまでサッカーの盛んな地としても知られる。市域で最も東京都心に近く、1990年代後半には川口市を抜き県内最大の人口を擁する都市となった。合併後も浦和駅や武蔵浦和駅周辺の再開発事業により人口増加が著しい。浦和市時代から世帯所得は東京都心に次ぐ水準であり、浦和駅西側の台地上(岸町・常盤・高砂など)は高級住宅街としても知られる。官公庁が集積し、文教都市という特徴から「政治・文化の中心」と称される。さいたま市 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
696件中 1 - 10件表示

「さいたまのできごと」のニューストピックワード