前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
595件中 1 - 10件表示
  • セイヨウミツバチ

    セイヨウミツバチから見た蜂蜜蜂蜜

    セイヨウミツバチ(西洋蜜蜂、学名: )はミツバチの一種である。属名である は「ミツバチ」に対応するラテン語である。そして種小名の は「蜂蜜」を意味する と「運ぶ」を意味する から成る。それ故学名は「蜂蜜を運ぶミツバチ」を意味する。学名は1758年にカール・フォン・リンネによって命名された。しかし後にこのハチが運ぶのは蜂蜜ではなく花蜜であると理解されたために、以降の出版物には (蜂蜜を作るハチ)と記載された。しかし国際動物命名規約のシノニムの決まりに従って、先につけた名前が優先順位をもつこととなった。セイヨウミツバチ フレッシュアイペディアより)

  • 蜂群崩壊症候群

    蜂群崩壊症候群から見た蜂蜜蜂蜜

    蜂蜜や花粉といった食料は備蓄されたままである。そのため、これらがごく短時間のうちに他の蜂に奪われることはない(盗蜂は容易に起きない)。また食料が備蓄されていれば、蜂の巣を襲う天敵(蜂にとっては害虫)例えば、ハチノスツヅリガやケシキスイからの攻撃も巣に籠もることで防御できるため、敵による攻撃も考えにくい。蜂群崩壊症候群 フレッシュアイペディアより)

  • こだわり自然化粧品普及会TOMO

    こだわり自然化粧品普及会TOMOから見たはちみつ蜂蜜

    はちみつを使った化粧品が特徴。美容成分を多く含むがコスト削減により低価格を実現している。こだわり自然化粧品普及会TOMO フレッシュアイペディアより)

  • レープクーヘン

    レープクーヘンから見た蜂蜜蜂蜜

    レープクーヘン () は、蜂蜜・香辛料、またはオレンジ・レモンの皮やナッツ類を用いて作ったケーキの一種で、ドイツを中心に中央ヨーロッパ各地で作られている。ドイツではクリスマスに飾ることで知られ、特に家の形をしたものはホイスヒェン () 、プフェッファークーヘンハウス () と呼ばれる。レープクーヘン フレッシュアイペディアより)

  • 卵酒

    卵酒から見た蜂蜜蜂蜜

    卵酒(玉子酒、たまござけ)は、鶏卵・日本酒・砂糖(または蜂蜜)を混ぜ合わせたアルコール飲料。ホットカクテルの一種。日本語圏以外では、鶏卵・牛乳・ブランデー(ラム酒やウイスキーを用いることもある)を混ぜ合わせたエッグノッグとの類似性から、sake-nogと呼ばれている。卵酒 フレッシュアイペディアより)

  • ローヤルゼリー

    ローヤルゼリーから見た蜂蜜蜂蜜

    ローヤルゼリー () あるいはロイヤルゼリーとは、ミツバチの若い働き蜂が花粉や蜂蜜を食べ、体内で分解・合成し、上顎と下顎の咽頭腺や大腮腺から分泌する乳白色のクリーム状の物質である。女王蜂となる幼虫や、成虫となった女王蜂に給餌される食物であり(広義には、働き蜂となる若齢幼虫に給餌される食物である「ワーカーゼリー」を含む)、ミツバチの社会“コロニー”を支えている。ローヤルゼリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルガリア料理

    ブルガリア料理から見た蜂蜜蜂蜜

    パラチンキ () は、薄いパンケーキである。蜂蜜、ナッツやスラートコを巻く他、肉や野菜のおかずを巻いて食べることもある。ブルガリア料理 フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ料理

    ウクライナ料理から見た蜂蜜蜂蜜

    古代以来ウクライナ人の主食はパンであった。キエフ大公国時代の一般的なパンは、小麦粉やライ麦粉など作った酸味のある発酵パンであったが、その他に、ケーキ・カラーチ・コロヴァーイなどの種無しパンや、芥子の実と蜂蜜でこねた甘味のあるパンなど、様々なパンの種類が存在していた。ウクライナ料理 フレッシュアイペディアより)

  • ゲンゲ

    ゲンゲから見た蜂蜜蜂蜜

    ゲンゲの花は、良い「みつ源」になる。蜂蜜の源となる蜜源植物として利用されている。ギリシア神話では、祭壇に捧げる花を摘みに野に出た仲良し姉妹の話が知られている。ニンフが変身した蓮華草を誤って摘んでしまった姉のドリュオペが、代わりに蓮華草に変わってしまう。「花はみな女神が姿を変えたもの。もう花は摘まないで」、と言い残したという。ゲンゲ フレッシュアイペディアより)

  • アイリッシュ・ミスト

    アイリッシュ・ミストから見た蜂蜜蜂蜜

    アイリッシュ・ミスト()とは、1948年にアイルランドのタラモアのウィスキー蒸留業者ウイリアムズ家によって開発されたとされる、リキュールの1種である。ウイリアムズ家は、当時タラモア・デュー(「タラモアの滴り」という意味)と言う銘柄のウィスキーを販売していた。アイリッシュ・ミストは、そのウィスキー販売会社の子会社によって生産が開始されたが、アイリッシュ・ミストが好評だったため、1954年にリキュール製造に専念した。アイリッシュ・ウイスキーに10種類以上のハーブの抽出エキスと蜂蜜を加えることにより製造される。アルコール度数は35度、エキス分は21%。アイリッシュ・ミスト フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
595件中 1 - 10件表示

「はちみつ」のニューストピックワード