595件中 41 - 50件表示
  • ハリエンジュ属

    ハリエンジュ属から見たはちみつ蜂蜜

    アメリカ合衆国からメキシコ中部にかけて約20種が分布する。日本には、ハリエンジュ(ニセアカシア)が、明治初期の1873年に、薪炭材や寒冷地の緑化木・街路樹などの目的で導入されたが、現在では養蜂用(はちみつの原料)以外にはほとんど無用になっている。ハリエンジュ属 フレッシュアイペディアより)

  • 炮製

    炮製から見た蜂蜜蜂蜜

    続いて、劉宋の雷斅が炮製を扱った専著である『雷公炮炙論』を著した。彼は薬材の性格と煮熬・炮炙・修治(事前処理)を密接に関連付けて体系化したほか、新たな方法として「炒」(生薬を撹拌しながら炒める)、「煨」(薬剤が入っている湿られた紙袋を灰の中で熱して蒸す)、「煅」(薬材を火中にいれて脆くする)、「飛」(粉末を水中に沈めて、比重の重い不純物を取り除く)、「度」(薬材を切断して、適切な長さにする)、「鎊」(硬い薬材を削って不純物を除くとともに搗きやすくする)、「伏」(薬材を水につけて密封して柔らかくする)、「摋」(薬材を細かく砕く)、「煞」(薬材の天日干し)、「曝」(薬材を強い天日で急激に乾燥させる)などを紹介した。他にも浸したり煮たりする液体としては水以外にも塩水・漿水・米泔水・酒・酢・甘草水・烏頭など用途に応じて使い分け、炙る前に蜂蜜や酥、猪脂、黄精などを付けると別の効果を発揮するとしている。更に水だけではなく、酒や黄精で蒸す方法なども紹介した。炮製 フレッシュアイペディアより)

  • ラミナリビオース

    ラミナリビオースから見た蜂蜜蜂蜜

    蜂蜜の甘味成分の一つである。ラミナリビオース フレッシュアイペディアより)

  • ミエル

    ミエルから見た蜂蜜蜂蜜

    「miel」は、フランス語で蜂蜜のこと。その他の用法は以下の通りである。ミエル フレッシュアイペディアより)

  • メトコヴェツ

    メトコヴェツから見た蜂蜜蜂蜜

    メトコヴェツはモンタナ州の北東部に位置している。メトコヴェツ周辺には先史時代から人の居住があったことが、考古学的証拠によって知られている。メトコヴェツの村そのものは18世紀前半までには形作られていた。メトコヴェツの名前は民間語源によると、を意味する「」に由来するものといわれている。1830年代には、メトコヴェツは支配者であるオスマン帝国との組織的な闘争に関わるようになった。村で最初の学校は修道院学校であり、1821年に開校した。世俗的な学校は1845年、イヴァン・クリン()が領主であった時代に開校した。聖パラスケヴィ聖堂は1859年に建造され、そのイコノスタシスはヴァルダル・マケドニア出身のブルガリア人の職人フィリポヴィ( / Filipovi)によって彫られたものである。メトコヴェツ フレッシュアイペディアより)

  • 丸剤

    丸剤から見た蜂蜜蜂蜜

    蜂蜜やコメデンプンなどを結合剤として容易に成型でき、また、持ち運び可能な剤形であることから、漢方薬の古典である傷寒論、金匱要略でも丸剤の存在がみられるなど、伝統的医薬品の剤形としても古くから用いられてきた。丸剤 フレッシュアイペディアより)

  • ウェストモアランド教区

    ウェストモアランド教区から見たはちみつ蜂蜜

    肥沃な土地のため、この教区は農業、特にサトウキビで栄える。他の農産物では、バナナ、コーヒー、ショウガ、ココア、オールスパイス、はちみつ、コメ、パンノキなどがある。ウシ、ウマ、ラバの畜産も試みられている。漁業も盛んで、19の魚釣り海岸で90隻以上のボートが漁業に従事している。製造業の品目では、飲食物、タバコ、動物の飼料、織物と織物製品がある。ウェストモアランド教区 フレッシュアイペディアより)

  • ズオウ

    ズオウから見た蜂蜜蜂蜜

    「プー横丁に建った家」で、クリストファー・ロビンから教えられ、プーとコブタが捕まえようとした象のような生き物。ズオウ(ゾゾ)を捕まえようと大好物の蜂蜜で釣るが、ズオウ(ゾゾ)は現れなかった。なぜなら、ズオウ(ゾゾ)は架空の生き物であり、実在しなかったからである。ズオウ フレッシュアイペディアより)

  • ワインと食品のマッチング

    ワインと食品のマッチングから見た蜂蜜蜂蜜

    しばしば「味覚は主観的なものである」と言われるが、苦味・甘味・塩味・酸味など定量的な味覚特性も存在し、味覚を検出したり、「低い・適度・高い」という指標で測定したりすることができる。例として蜂蜜の甘味やカキの塩味の測定などが挙げられる。例えばバタースコッチの焦げたイチゴのような風味は個人的な領域であり定量化できない。風味はその存在の有無によって判定される。風味の判定は我々の嗅覚に関連しており、味覚は味蕾の検出器官によってもたらされる。味覚の違いを見分ける感度には個人差があるものの、ワインの専門家たちは「風味」という主観的な指標よりも客観的な測定結果をもとにした組み合わせを推奨することが多い。ワインにおいては、苦味・甘味・酸味の三つが基本的な味覚となる。これら三つの味覚はそれぞれタンニン(苦味)、残留糖分(甘味)および酸(酸味)の主要な要素として同定することができる。四つ目の要素であるアルコールは、ワインテイスティングにおいて口の奥で感じられる「辛さ」あるいは温かさとして同定され、ワインのボディを決める主要な要素となっている。アルコールによる辛さは、ワインの辛味を最小にする成分や強調する成分を含む食品と組み合わせることによって検討できる。ワインと食品のマッチング フレッシュアイペディアより)

  • グラヤノトキシン

    グラヤノトキシンから見た蜂蜜蜂蜜

    ホツツジなどの蜜に含まれるグラヤノトキシンが蜂蜜から検出されることがあり、問題となっている。このことはギリシャ・ローマ時代から知られており、大プリニウス、ストラボン、クセノフォンらは著書の中でツツジ属植物の蜜に由来する蜂蜜による中毒を記録に残している。グラヤノトキシン フレッシュアイペディアより)

595件中 41 - 50件表示