210件中 141 - 150件表示
  • フレッツ

    フレッツから見た近畿広域圏

    北海道、福島県、新潟県、関東広域圏(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)、静岡県、中京広域圏(岐阜県・愛知県・三重県)、近畿広域圏(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)、瀬戸内準広域圏(岡山県・香川県)、広島県、徳島県、福岡県、佐賀県フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たポータルサイト

    現在のフレッツシリーズの先駆けとなる「ISDN網によるIP接続サービス」の開始に当たり、当初検討されていた名称は「フレッシュI(アイ)」であったが、当時は検索サイトとして名を馳せていたポータルサイトの「フレッシュアイ」と紛らわしいため、「フレッツ・アイ(ロゴ表記はFLET’S・Isdn)」と造語したのが初出である(→後項参照)。サービス開始後しばらくはADSLやFTTH等のフレッツ系サービスがまだ存在しなかったため、フレッツ・ISDNを単に「フレッツ」と略称することもあった。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たIPセントレックス

    Bフレッツ・フレッツ光プレミアム・フレッツ光ネクスト上で提供される(0AB - J)番号(一般の固定電話番号形態)のIP電話サービスとして、「ひかり電話」がある。また法人向けのサービスとして「ひかり電話ビジネスタイプ」、「ひかり電話オフィスタイプ」、「ひかり電話オフィスA(エース)」がある。IPセントレックスサービスも提供される。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たストリーミング

    東日本のみのサービス。フレッツ網を利用した動画などの配信サービス。主に、ストリーミングをPCに対して配信する。動画配信ネットワークの提供や料金回収はNTTが中心となって行う(フレッツ・ドットネットのブロードバンド映像サービスとは異なる)。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た民生用

    ISDN網を使用する民生用定額通信サービスとして、2000年(平成12年)5月11日より「IP接続サービス(通称:フレッツ・アイ、flet's ISDN )」の名称で東京03と大阪06MAを中心に商用サービスを開始した。なお、同年7月18日より諸事情により正式名称を「フレッツ・ISDN(通称:FLET's ISDN)」に変更した(→名称)。いわば「フレッツ」シリーズの起源にあたる。ISDNのデジタル通信モードは2020年以降に廃止される予定が公表されており、フレッツ・ISDNも2018年11月30日を以って「フレッツ光」提供エリアにおいてフレッツ・ISDNの新規受付を終了し、ISDNのサービス終了までに終了する予定となっている。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た交換機

    ISDNの1チャンネル(64kbps)を利用して特定用途の識別番号「1492」にダイヤルアップ接続を行い、NTT収容局を介してISPへ接続する。ISDN交換機のISM折り返し機能により電話網の資源を消費しないため定額制が可能となった。接続には収容局から地域IP網を経由してISPのアクセスポイントへ接続する「タイプ1」と、ISP側の負担でアクセスポイントから収容局まで専用線を敷設する「タイプ2」という方式が存在したが、後のフレッツ・ADSLおよびフレッツ光ではタイプ1相当の地域IP網経由が主流となる。通信速度についてはINSネットでの同期接続とは異なるベストエフォート方式であり、速度は保証されない。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た越智郡

    NTT西日本地域のみ。他の「フレッツ光」サービスを提供していない市町村・地域の一部において自治体が各戸まで敷設したFTTH回線(光CATVを運営しているケースが多い)の通信帯域をNTT西日本が借り上げて、地域IP網もしくは自治体が用意した特定のプロバイダへ接続するサービス。このため、加入には事前に自治体FTTH回線の契約及び引込工事が必要。2007年(平成19年)3月1日、岡山県の真庭市及び英田郡西粟倉村よりサービスを開始し、以後同県内の真庭郡新庄村(2007年10月1日開始)と美作市(2008年7月1日開始)のほか福井県大飯郡おおい町(2007年5月21日開始)、大分県豊後高田市(2008年2月1日開始)、愛媛県越智郡上島町(2009年5月1日開始)、徳島県三好郡東みよし町(2010年2月1日開始)の合計8市町村へと広がった。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た光放送

    NTT西日本地域のみ。他の「フレッツ光」サービスを提供していない市町村・地域の一部において自治体が各戸まで敷設したFTTH回線(光CATVを運営しているケースが多い)の通信帯域をNTT西日本が借り上げて、地域IP網もしくは自治体が用意した特定のプロバイダへ接続するサービス。このため、加入には事前に自治体FTTH回線の契約及び引込工事が必要。2007年(平成19年)3月1日、岡山県の真庭市及び英田郡西粟倉村よりサービスを開始し、以後同県内の真庭郡新庄村(2007年10月1日開始)と美作市(2008年7月1日開始)のほか福井県大飯郡おおい町(2007年5月21日開始)、大分県豊後高田市(2008年2月1日開始)、愛媛県越智郡上島町(2009年5月1日開始)、徳島県三好郡東みよし町(2010年2月1日開始)の合計8市町村へと広がった。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たコレクトコール

    欠点は、直収電話と同様にテレゴング、シャープダイヤル(警察への相談問い合わせ番号である「#9110」など)、コレクトコール、NTT系以外の他社着信課金(0070・0077・0088フリーコール、フリーフォン)などの特殊番号に接続できない、遠隔検針やホームセキュリティシステムが使えなくなる場合が多いなど。また、停電の時には電話が使えない(無停電電源装置の付加を要する)。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たパーソナルコンピュータ

    東日本のみのサービス。フレッツ網を利用した動画などの配信サービス。主に、ストリーミングをPCに対して配信する。動画配信ネットワークの提供や料金回収はNTTが中心となって行う(フレッツ・ドットネットのブロードバンド映像サービスとは異なる)。フレッツ フレッシュアイペディアより)

210件中 141 - 150件表示