210件中 151 - 160件表示
  • フレッツ

    フレッツから見たダイヤルアップ接続

    ISDNの1チャンネル(64kbps)を利用して特定用途の識別番号「1492」にダイヤルアップ接続を行い、NTT収容局を介してISPへ接続する。ISDN交換機のISM折り返し機能により電話網の資源を消費しないため定額制が可能となった。接続には収容局から地域IP網を経由してISPのアクセスポイントへ接続する「タイプ1」と、ISP側の負担でアクセスポイントから収容局まで専用線を敷設する「タイプ2」という方式が存在したが、後のフレッツ・ADSLおよびフレッツ光ではタイプ1相当の地域IP網経由が主流となる。通信速度についてはINSネットでの同期接続とは異なるベストエフォート方式であり、速度は保証されない。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た関東広域圏

    北海道、福島県、新潟県、関東広域圏(茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)、静岡県、中京広域圏(岐阜県・愛知県・三重県)、近畿広域圏(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)、瀬戸内準広域圏(岡山県・香川県)、広島県、徳島県、福岡県、佐賀県フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たBorder Gateway Protocol

    2007年(平成19年)5月15日18時44分頃から、東京都23区と神奈川・千葉・埼玉各県を除くNTT東日本エリアで、フレッツサービス自体や「ひかり電話」が利用できなくなる障害が発生した。網内の伝送装置(ルータなど)を再起動し、翌16日1時35分頃に回復。原因は網内の伝送装置の故障による交換後、ネットワークの経路情報を更新するためのデータ量が激増し装置の処理能力を超えたことが原因と発表された。当初はいわゆる「ルートフラッピング」が発生したとされていたが(ボーダ・ゲートウェイ・プロトコルを参照)、のちにIPv6パケットルーティング時のシステム的なバグによることが判明した。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たモバイルWiMAX

    2014年3月14日の総務省の発表によれば2013年末の段階で、フレッツ光によるFTTHの契約件数は日本国内のFTTHの契約件数2,502万件のうち71.4%のシェアがある。FTTHのNTTによる寡占化が問題視されているものの、実際にはNTT西日本営業地域では、30府県中2県でNTT西日本のシェアが50%を下回っており、滋賀県に至っては電力系事業者のケイ・オプティコム(関西電力系)の後塵を拝している。2016年前後になると、スマートフォンそのものの伸長、モバイルWiMAXなどの無線系通信サービスの伸長、競合FTTH事業者のサービス拡大により、契約件数が伸び悩んでいる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た小笠原諸島

    日本全国(全ての市町村)で提供されているわけではなく、NTT西日本管轄の一部やNTT東日本管轄の離島の一部、特に和歌山県の山間部や小笠原諸島などでは当初は国や自治体の情報格差対策が施行されるまでなかなか提供されなかった。モバイルデータ通信定額制などその他の定額制接続の手段が無い限りにおいてはいずれの常時定額接続手段も存在しない地域が存在する。(情報格差も参照)。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見た八木・宇田アンテナ

    地上デジタル、FMラジオ、BSデジタル、東経110度CSは「パススルー送信」を行っており、通常の受信機で視聴可能となっている。地域全体が共同アンテナを利用した地域、アンテナによる受信感度が劣悪な地域、また屋根に八木・宇田アンテナを設置する事により、街の景観が損なわれるためにアンテナ設置を規制、自粛している地域・自治会等における利用も想定している。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たFOMAハイスピード

    NTT東日本のBフレッツ契約者に対し、右の光ポータブルといわれる小型WiFiルータがレンタルされている。本端末はフレッツ光やADSLといったブロードバンド回線のルータとしてだけではなく、FOMAハイスピードなどのモバイル回線や後述のフレッツスポット、NTTドコモのdocomo Wi-Fiなども親回線としたWiFiルータとなる。NTT西日本も2010年12月21日よりレンタル開始がされた。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たVPN

    サービスそのものは1999年11月から「IP接続サービス」の名称で東京都新宿区・渋谷区・大田区と大阪市中央区・北区・吹田市の一部エリアで試験提供を開始していたが、「フレッツ・ISDN」としてサービスイン後は対応エリアを順次全国に拡大し、また、法人向けサービスとしてフレッツ・ISDNにおいてVPNを接続先とする「FLET's OFFICE(フレッツ・オフィス)」の提供も2000年7月17日より開始した。なお、従量制通信のINSネットとは別サービスのため、従前からの利用者は契約変更が必要となる。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たJava Runtime Environment

    フレッツアクセス回線利用者専用のポータルサイト。回線速度計測(Javaが必要)、サポート情報などを提供している。以前の名称は、フレッツ・スクウェアであった。フレッツ フレッシュアイペディアより)

  • フレッツ

    フレッツから見たG.722

    フレッツ光ネクストのひかり電話、ひかり電話オフィスタイプで対応。G.711.1またはG\.722の高音質コーデックを使用することで、これらのコーデックに対応するIP電話機(NTT東西地域会社が販売するひかりクリアフォンHQ-100を含む)やIP電話アプリLivyTalkなど高音質通話に対応する機器間の通話音声が、一般電話機を使用した場合に比べてより明瞭になる。同様の技術を用いたものに携帯電話のVoLTE高音質電話があるが、2015年5月現在、携帯電話との高音質通話には対応していない。フレッツ フレッシュアイペディアより)

210件中 151 - 160件表示