191件中 161 - 170件表示
  • 矢野通

    矢野通から見た年中行事年中行事

    名前の由来は日本の年中行事「鏡開き」。矢野通 フレッシュアイペディアより)

  • 元禄文化

    元禄文化から見た年中行事年中行事

    この時代、幕府や朝廷の節句行事が民間にもとりいれられ、元旦や盆のほか、七草、節分、桃の節句(雛祭り)、端午の節句、七夕などの年中行事が都市を中心に農村でもおこなわれるようになった。今日の日常的な習慣や年中行事は、この時代に形をととのえたものが少なくない。元禄文化 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢大神楽

    伊勢大神楽から見た年中行事年中行事

    増田神社は伊勢大神楽の太夫(家元)達が奉斎する彼らの守護神であり通称『増田(益田)大明神』と呼ばれる。祭神は天照大神・武御雷命・経津主命・保食命の四柱である。一年を通じて太夫達は回檀の旅を続けるが、本拠地である増田神社では年末の例大祭を中心とする年中行事が四季を通じて執り行われている。例大祭翌日の十二月二十四日の『総舞』では全ての家元が太夫村へ帰還し盛大に総舞を奉納する為、全国から参拝者が集まる。伊勢大神楽 フレッシュアイペディアより)

  • 大根焚き

    大根焚きから見た年中行事年中行事

    大根焚き(だいこだき)とは、京都で冬季に行なわれる歳時記、年中行事のことである。寺院などで大根を煮たものを参拝者に振る舞い、仏前に供える行事である。大根焚き フレッシュアイペディアより)

  • 閖上

    閖上から見た年中行事年中行事

    震災前から閖上の文化などを調べていた郷土史家の大脇兵七が、避難した古老への聞き取りを継続。閖上地区の年中行事や方言を『好きです閖上 ゆりあげの歳時記』『好きです閖上 なとりの言霊(名取の方言・訛語)』として自費出版した。閖上 フレッシュアイペディアより)

  • 歳時記

    歳時記から見た年中行事年中行事

    歳時記(さいじき)は、「歳事記」とも書き元々、四季の事物や年中行事などをまとめた書物のことであった。江戸時代以降の日本では、主として俳諧・俳句の季語を集めて分類し、季語ごとに解説と例句を加えた書物のことを指すようになった。現存する最古の歳時記は6世紀の中国・荊楚地方の年中行事を月ごとにまとめた『荊楚歳時記』であり、これが奈良時代に日本に伝来し「歳時記」という呼称が知られるようになった。日本独自の歳時記としては貝原益軒による『日本歳時記』(1688年)が始まりとされる。歳時記 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県内の年中行事

    岐阜県内の年中行事から見た年中行事年中行事

    岐阜県の年中行事(ぎふけんのねんちゅうぎょうじ)は、岐阜県内で行われる年中行事をまとめたものである。岐阜県内の年中行事 フレッシュアイペディアより)

  • 海神祭

    海神祭から見た伝統行事年中行事

    海神祭(うみがみまつり、ウンジャミ、ウンガミ)は、奄美群島や沖縄諸島において、ノロを司祭者として海の神を祭り、豊作、豊漁を祈る伝統行事である。海神祭 フレッシュアイペディアより)

  • 車内放送

    車内放送から見た年中行事年中行事

    その他、観光地を走行する路線では沿線の観光案内・年中行事の挨拶など(「あけましておめでとうございます」など)が放送される場合もある。車内放送 フレッシュアイペディアより)

  • 南相馬市

    南相馬市から見た年中行事年中行事

    承応元年(1652年)- 延宝元年(1673年):相馬忠胤治世下のこの頃、忠胤によって年中行事「相馬野馬追」に講武的色彩が加えられ、現在まで続く形式が確立される。南相馬市 フレッシュアイペディアより)

191件中 161 - 170件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード