191件中 171 - 180件表示
  • 亥の子

    亥の子から見た年中行事年中行事

    亥の子(いのこ)は、旧暦10月(亥の月)の上の(上旬の、すなわち、最初の)亥の日のこと、あるいは、その日に行われる年中行事である。玄猪、亥の子の祝い、亥の子祭りとも。亥の子 フレッシュアイペディアより)

  • 大祓

    大祓から見た年中行事年中行事

    701年(大宝元年)の大宝律令によって正式な宮中の年中行事に、その施行細則は延喜式に定められた。この上代の頃の儀式の様子は「儀式」「北山抄」「江家次第」などの文書で知ることができる。また『日本書紀』に天武天皇5年8月、全国の国造や郡司から馬・布・麻などの祓物を出させて大解除を行ったとする記事が見える。大祓 フレッシュアイペディアより)

  • 獨協大学

    獨協大学から見た年中行事年中行事

    「日本文学」に関する科目では、古代/中世/近現代の作品研究に加え、本居宣長/日本伝統芸能(能・狂言)/富士信仰・伝承/碑文・写本なども扱う。「日本の思想」では学問(国学・儒学)や宗教・信仰などを扱う。「日本文化」としては行事/習俗/儀礼などを考察する。獨協大学 フレッシュアイペディアより)

  • 四季

    四季から見た年中行事年中行事

    12月25日にかけてはクリスマスの時期で、イルミネーションが12月25日のクリスマス当日まで飾られ、クリスマスソングがで流れる。しかし、クリスマスの翌日26日以降は一変し正月の日本古来の飾りへと変貌する。1か月以上続いたクリスマスの時期が終わり、正月となると、都会から故郷へ帰省する人達が多い。そのため新幹線や飛行機は帰省ラッシュと呼ばれる社会現象が起きる。正月は日本の伝統的な年中行事の一つでもある。四季 フレッシュアイペディアより)

  • 歌川広重

    歌川広重から見た年中行事年中行事

    江戸時代中期には生産力の向上から都市部では学問や遊芸、祭礼・年中行事など町人文化が活性化し、幕府直轄領時代の甲斐国甲府(山梨県甲府市)でも江戸後期には華麗な幕絵を飾った盛大な甲府道祖神祭礼が行われており、甲府商人の経済力を背景に江戸から広重ら著名な絵師が招かれて幕絵製作を行っている。広重は天保12年(1841年)に甲府緑町一丁目(現若松町)の町人から幕絵製作を依頼され、同年4月には江戸を立ち甲州街道を経て甲府へ向かい、幕絵製作のため滞在している。この時の記録が『甲州日記』(「天保十二年丑年卯月日々の記」)で、江戸から旅した際に道中や滞在中の写生や日記を書き付けられており、現在の八王子市から見た高尾山、甲府市内から見た富士山や市内の甲斐善光寺、身延町の富士川など甲州の名所が太さの異なる筆と墨で描かれており広重の作品研究に利用されているほか、甲府での芝居見物や接待された料理屋の記録など、近世甲府城下町の実態を知る記録資料としても重視されている。歌川広重 フレッシュアイペディアより)

  • 年齢

    年齢から見た伝統行事年中行事

    古来、日本では広く数え年での年齢計算が行われていた。しかし、日本の現代の法制度では、年齢は、「年齢計算ニ関スル法律」(1902年施行)により誕生日から起算し、「年齢のとなえ方に関する法律」(1950年施行)により満年齢でとなえることになっている。満年齢による表現が定着したのは太平洋戦争が終わってからである(宗教、伝統行事、葬儀(享年)、占いなどの分野では数え年が用いられることがある)。このような理由で、過去の文献での年齢表記には注意を要する。年齢 フレッシュアイペディアより)

  • 湊川神社

    湊川神社から見た年中行事年中行事

    この後の1834年(天保5年)秋に書かれた『草偃和言』では、年中行事を列挙し国民が祀るべき祭日を挙げて、その意義を解説している。『新論』での思想を受け継いで、祀るべき人物の祭祀を具体的に挙げている。古代の国家祭祀や釈奠とともに東照宮(徳川家康:2月12日・4月17日)・菅公(菅原道真:2月25日)・大織冠(藤原鎌足:10月16日)・天智天皇(12月3日)・義公(徳川光圀:12月6日)を挙げ、そして、5月25日には楠贈中将を挙げている。湊川神社 フレッシュアイペディアより)

  • 虫送り

    虫送りから見た年中行事年中行事

    虫送り(むしおくり)又は虫追い(むしおい)は、日本の伝統行事のひとつ。農作物の害虫を駆逐し、その年の豊作を祈願する目的で行われる。虫送り フレッシュアイペディアより)

  • 七夕

    七夕から見た年中行事年中行事

    七夕(たなばた)は、中国、日本、朝鮮、台湾、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。旧暦では7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されている。七夕 フレッシュアイペディアより)

  • 月遅れ

    月遅れから見た年中行事年中行事

    月遅れ(つきおくれ)は、日本の年中行事の日付に関する取り扱いの一つ。月遅れ フレッシュアイペディアより)

191件中 171 - 180件表示

「まつり・行事・記念日」のニューストピックワード