206件中 91 - 100件表示
  • やなせたかし

    やなせたかしから見た高知新聞

    終戦後しばらくは戦友らとともにクズ拾いの会社で働いたが、絵への興味が再発して1946年に高知新聞に入社。『月刊高知』編集部で編集の傍ら文章、漫画、表紙絵などを手掛けていたが、同僚の小松暢(こまつ のぶ)が転職し上京するのを知り、自らも退職し上京した。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たアンパンマン

    アンパンマン』の生みの親として知られる。社団法人日本漫画家協会代表理事理事長(2000年5月 - 2012年6月)、社団法人日本漫画家協会代表理事会長(2012年6月 - 2013年10月)を歴任。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た日本漫画家協会

    『アンパンマン』の生みの親として知られる。社団法人日本漫画家協会代表理事理事長(2000年5月 - 2012年6月)、社団法人日本漫画家協会代表理事会長(2012年6月 - 2013年10月)を歴任。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た幹部候補生 (日本軍)

    官立旧制東京高等工芸学校図案科(現:千葉大学工学部デザイン学科)1939年卒業後、田辺製薬(現:田辺三菱製薬)宣伝部に就職。しかし、1941年(昭和16年)に徴兵のため帝国陸軍の野戦重砲兵第6連隊補充隊(通称号は西部軍管区隷下部隊を意味する西部第73部隊。野重6連隊自体は既に中国へ動員・出征中であり、やなせが入営したのは在小倉の補充隊)へ入営。学歴を生かし幹部候補生を志願し、その内の乙幹に合格し暗号を担当する下士官となる。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たまんが学校

    1953年に独立した後も精力的に漫画を発表していたものの、手塚治虫らが推し進めたストーリー漫画が人気になり、やなせが所属していた「漫画集団」が主戦場としていた「大人漫画」「ナンセンス漫画」のジャンル自体が過去の物と看做されるようになり、作品発表の場自体が徐々に減っていく。1964年にNHKの『まんが学校』に講師として3年間レギュラー出演したり、その翌年にまんがの入門書を執筆するなど、大人漫画・ナンセンス漫画の復興に取り組み、1967年には4コマ漫画「ボオ氏」で週刊朝日漫画賞を受賞したものの、1960年代後半は本当にきつかったという。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たのらくろ

    しっぽはぐぐんと(作曲:山下毅雄/歌:大山のぶ代/台詞:雨森雅司) - テレビアニメ『のらくろ』オープニングテーマやなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たミュージカル

    1960年、永六輔作演出のミュージカル「見上げてごらん夜の星を」の舞台美術を手掛けた際に、作曲家のいずみたくと知り合い、翌1961年に『手のひらを太陽に』を作詞。同曲は教科書に載るほどのスタンダードな曲となっている。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た土佐くろしお鉄道阿佐線

    高知県を走る土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線各駅のキャラクター、および同鉄道中村線・宿毛線のイメージキャラクター。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た高知県立高知追手前高等学校

    後免野田組合小学校(現・南国市立後免野田小学校)、高知県立高知城東中学校(現・高知県立高知追手前高等学校)に進む。少年時代は『少年倶楽部』を愛読し、中学生の頃から絵に関心を抱いて、官立旧制東京高等工芸学校図案科(現・千葉大学工学部総合工学科デザインコース)に進学した。同期生に風間完がいる。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た手のひらを太陽に

    1960年、永六輔作演出のミュージカル「見上げてごらん夜の星を」の舞台美術を手掛けた際に、作曲家のいずみたくと知り合い、翌1961年に『手のひらを太陽に』を作詞。同曲は教科書に載るほどのスタンダードな曲となっている。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

206件中 91 - 100件表示

「やなせたかし」のニューストピックワード