206件中 41 - 50件表示
  • やなせたかし

    やなせたかしから見た大和田りつこ

    いいなぁアキ(安芸)(2003年11月21日発売。ごめん・なはり線記念ソング。歌:やなせたかし、大和田りつこ、岡崎裕美)1やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た風間完

    後免野田組合小学校(現・南国市立後免野田小学校)、高知県立高知城東中学校(現・高知県立高知追手前高等学校)に進む。少年時代は『少年倶楽部』を愛読し、中学生の頃から絵に関心を抱いて、官立旧制東京高等工芸学校図案科(現・千葉大学工学部総合工学科デザインコース)に進学した。同期生に風間完がいる。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た辻信太郎

    1960年代半ば、漫画集団の展覧会に、まだ弱小企業だった頃の山梨シルクセンター(現・サンリオ)の社長辻信太郎が来場。やなせにグラフィックデザイナーとしてのオファーを入れたことから、サンリオとの交流を深める。やなせは当初は菓子のパッケージを手掛けていたが、1966年9月にやなせが処女詩集『愛する歌』を出版社から出そうとした際に、「それならうちで出してくれ」とサンリオは出版事業に乗り出した。『愛する歌』はサンリオの業績を押し上げるほどのヒットを記録した。出版事業に乗り出したサンリオの元で、絵本の執筆も始める。1969年には短編メルヘン集の十二の真珠で『アンパンマン』が初登場。ただしこのアンパンマンは後のものとは異なる作品であり、ヒーロー物へのアンチテーゼとして作られた大人向けの作品である。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たタテタカコ

    しろいうま(作曲・編曲:タテタカコやなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た馬場のぼる

    1973年(昭和48年)には雑誌『詩とメルヘン』を立ち上げ編集長を務める一方で、馬場のぼるらと「漫画家の絵本の会」を立ち上げるなど、詩人・絵本作家としての活動を本格化させる。同年に1969年発表したアンパンマンを子供向けに改作し、フレーベル館の月刊絵本「キンダーおはなしえほん」の一冊「あんぱんまん」として発表。同作は当初評論家、保護者、教育関係者からバッシングを受けた。元は大人向けに書いた作品だったが、次第に、幼児層に絶大な人気を得るようになっていった。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た竹田えり

    美良布保育園の歌(作曲:ミッシェル・カマ/歌:岡崎裕美、竹田えり、山野さと子 - ビューティー3名義)(香美市保育園保護者会連合会)- やなせの地域に対する認識の齟齬のためお蔵入りの様になっていたが、歌を知る保護者たちからの声を受け、歌詞の地名を変えたうえで2015年11月15日に初披露されることとなった。やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た浦和うなこちゃん

    浦和うなこちゃん(さいたま市観光大使。浦和うなぎまつりマスコットキャラクター)やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た山下毅雄

    しっぽはぐぐんと(作曲:山下毅雄/歌:大山のぶ代/台詞:雨森雅司) - テレビアニメ『のらくろ』オープニングテーマやなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見た山崎唯

    新宿区立新宿養護学校 校歌「ひまわりの歌」(作曲:山崎唯やなせたかし フレッシュアイペディアより)

  • やなせたかし

    やなせたかしから見たしまざき由理

    美しの丘(作曲・編曲:横山菁児/歌:島崎由理) - テレビアニメ『昆虫物語 新みなしごハッチ』エンディングテーマやなせたかし フレッシュアイペディアより)

206件中 41 - 50件表示

「やなせたかし」のニューストピックワード