156件中 111 - 120件表示
  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た帯広市

    日本では北海道の苫小牧市、釧路市で特にアイスホッケーが盛んであり、日本のアイスホッケー選手の大多数が両市の出身となっている。その他、帯広市、札幌市、八戸市、日光市なども盛んな地域である。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たオランダ

    16世紀のオランダの絵画(例えば、Romeyn de Hooghe や Hendrick Avercamp の作品)には凍結した運河の上で、市民がホッケーに似たようなスポーツを行っている光景が描かれている。もっとも、これらの絵画で描かれているスポーツは、ホッケーというよりはむしろゴルフやポロに近いとする説もある。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たオンタリオ州

    この前後からアイスホッケーはカナダ各地で実施されるようになり、1887年にはオンタリオ州でアイスホッケーのリーグ戦も開催された。さらに1896年にはアメリカでも公式戦が開催され、1897年にはカナダ・モントリオールで現在のルールが制定されるなど、アイスホッケーは北米を代表するウィンタースポーツとしての地位を確立した。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たホイッスル

    他にゴール近くで、もしくはシュートモーション中の選手に対してGKが反則により攻撃を妨害した場合(守備側の選手がペナルティとなった場合にも)、ペナルティーショット (PS) になることがある。PSは攻撃側は任意の1選手(キャプテンが指名)、守備側はGK(反則退場していても代理のGKがいない場合は出場可)を残して全員がベンチに引き上げる。センターフェイスオフスポットにパックを置き審判のホイッスルにより攻撃側の選手がゴールにパックを運びシュートを行う。打てるのは1回だけでGKがはじいたパックを打ち直すことは不可。またシュートを打たないままゴールラインを割ったときも失敗となる。ゴールを成功した場合は1点が追加される。試合途中の場合成否に関係なくセンターフェイスオフスポットでのフェイスオフとなる。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たスピナマラダ!

    スピナマラダ! (野田サトル、『週刊ヤングジャンプ』2011年 - 2012年、全6巻)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たフォワード (アイスホッケー)

    6人の選手のポジションの構成は、攻撃陣に左右2人のフォワードと守備陣にディフェンス2人、攻撃と守備の両方を行うセンター1名と、重装備に身を固めたゴールキーパー1人という配置が一般的であり、チームが反則を犯すと人数が減り攻撃の可能性が低くなるため、フォワードのポジションを1名ずつ欠いて守備重視にして行く布陣をとる場合が多い。ただし、ゴールキーパーをベンチに下げて、代わりに攻撃用の選手を投入する、エンプティ(6人による攻撃)もルール上認められており、ゲーム終盤に得点で負けているチームが、追撃の可能性を高めるために行うことが多い。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たサドンデス

    延長戦は基本的に5分間、先に得点を入れたほうが勝ちとなるサドンデス(いわゆるゴールデンゴール(Vゴール)方式)を採用する。アジアリーグのレギュラーリーグではオーバータイムではゴールキーパーを除き4人対4人(俗に言う 4on4)の状態で行う。5分間を終えて両チームとも無得点の場合、規定により引き分け、再延長、ゲームウィニングショットのいずれかが適用される。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た行け!!南国アイスホッケー部

    行け!!南国アイスホッケー部 (久米田康治、『週刊少年サンデー』1991年 - 1996年)(全23巻だがアイスホッケーを行うのは単行本第4巻程度まで)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た大韓民国

    2003 - 2004年シーズンからは日本リーグとは別に韓国のチーム、ハルラ・ウィニアを加えた5チーム(4回総当たり)で「アジアリーグアイスホッケー」を開催した。北米2カ国(アメリカとカナダ)をまたぐNHLを範にとり、アジア各国の強豪チームを集結させた大会を目指しており、2004 - 2005年シーズンからアジアリーグに3チームが新規加盟し規模が拡大されたことにより日本リーグは休止となった。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たチェコスロバキア

    アイスホッケーが盛んな国として、世界ではカナダ、アメリカ合衆国、ロシア、スウェーデン、フィンランド、チェコ、スロバキア(1993年以前、前2国はチェコスロバキア)、ベラルーシ、ラトビア、スイスなどを挙げることができる。冬季オリンピックなどでこの競技を統括する国際アイスホッケー連盟(IIHF)の加盟国(または地域)は2015年現在で74カ国に及ぶ。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

156件中 111 - 120件表示

「アイスホッケー」のニューストピックワード