156件中 121 - 130件表示
  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たセントルイス・ブルース

    ところで、女子選手では Manon Rheaume が NHLのプレシーズン・マッチでタンパベイ・ライトニングのゴールを守ったという記録が残されている(対戦相手はセントルイス・ブルース)。また、2003年にはHayley Wickenheiser が、フィンランドのSuomi-sarjaリーグにおいてKirkkonummi Salamatと契約し、男子選手に混じってリーグに参戦したことがある。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た女子日本アイスホッケーリーグ

    リーグ戦 : 女子日本アイスホッケーリーグ (2012年開始)アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た1998年長野オリンピック

    第18回長野冬季オリンピックからプロ選手の出場が認められており、現在でも冬季オリンピックの大会中でもメイン競技のひとつに挙げられている。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たゴールデンゴール

    延長戦は基本的に5分間、先に得点を入れたほうが勝ちとなるサドンデス(いわゆるゴールデンゴール(Vゴール)方式)を採用する。アジアリーグのレギュラーリーグではオーバータイムではゴールキーパーを除き4人対4人(俗に言う 4on4)の状態で行う。5分間を終えて両チームとも無得点の場合、規定により引き分け、再延長、ゲームウィニングショットのいずれかが適用される。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たモントリオール・カナディアンズ

    キャプテンは、ユニフォームの左胸(チームによっては右胸)にCのマークを装着する。また、キャプテン代行(オルタネイトキャプテン)はAのマークを装着する。審判の判定に対するクレームは、原則としてキャプテンのみに与えられた権利とされるが、キャプテンが氷上にいない場合にはキャプテン代行がこの権利を代行して行う。NHLにおいてはローテーション制のキャプテン(かつてのミネソタ・ワイルド)、アルタネートキャプテン3人(現在のモントリオール・カナディアンズやトロント・メープルリーフス)も認められている。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たスタンレー・カップ

    1888年に時のカナダ総督スタンレー卿は、この冬祭りを見物した折にこの競技に感銘を受けて、ベストチームに優勝杯を贈ろうと考えたとする説がある(もっとも、彼の妻や子供達の方がこの競技に熱心であったという説も有力である。)。これが今もNHLの優勝チームに授与されるスタンレー・カップの起源とされる。なお、スタンレー卿の子供が本国のイギリスにアイスホッケーに関する知見を持ち帰って、そこからヨーロッパにこの競技が広がったといわれる。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たJアイス・ウエスト・ディビジョン

    また、日本アイスホッケーリーグ西日本(通称:J-ice West)には香川アイスフェローズ(旧サーパス穴吹→サーパス香川)、兵庫県選抜、福岡県選抜の3チームが加盟。05-06シーズンは2回戦総当たり、06-07シーズンは主催団体の使途不明金疑惑に伴い縮小され1回戦総当りで、このリーグ戦の優勝チームは日本のトップディヴィジョンであるアジアリーグで2006-07年までダブルフランチャイズながらも関西圏から参加した日光(神戸)アイスバックスと対戦できた。現在は経費などの都合で行われていない。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たママたちが戦争を始めた!

    ママたちが戦争を始めた!」(女子アイスホッケー)1985年 日本テレビアイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見たスロバキア

    アイスホッケーが盛んな国として、世界ではカナダ、アメリカ合衆国、ロシア、スウェーデン、フィンランド、チェコ、スロバキア(1993年以前、前2国はチェコスロバキア)、ベラルーシ、ラトビア、スイスなどを挙げることができる。冬季オリンピックなどでこの競技を統括する国際アイスホッケー連盟(IIHF)の加盟国(または地域)は2015年現在で74カ国に及ぶ。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

  • アイスホッケー

    アイスホッケーから見た東洋大学

    大学男子アイスホッケーは黎明期から早稲田大学と明治大学が中心として動いており、この二強の牙城は高く、他の大学は崩せない状況が続いた。この早明2強体制に対して、1960年代後半から法政大学が頭角を現し、早明法の3強へ移行、1996年から東洋大学が日本学生氷上競技選手権大会6連覇を達成すると4強体制となっている。現在は早明法洋に加え中央大学の5強が群を抜いている。これを追って第二グループに頭一つリードして日大、以下慶應・日体大・専大・大東大などの大学が続き覇権(日本一)を争っている。2015年度の結果は優勝中央大学 準優勝日本体育大学 第3位明治大学 第4位東洋大学であった。アイスホッケー フレッシュアイペディアより)

156件中 121 - 130件表示

「アイスホッケー」のニューストピックワード