前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示
  • アオウミガメ亜科

    アオウミガメ亜科から見たアオウミガメアオウミガメ

    アオウミガメ亜科(青海亀亜科、Cheloniinae)は、カメ目潜頸亜目ウミガメ上科ウミガメ科に属する亜科の1つ。3属3種1亜種あるいは3属4種で構成される。クロウミガメの正式な分類は決まっておらず、アオウミガメの亜種とする説と別の種であるとする説がある。アオウミガメ亜科 フレッシュアイペディアより)

  • シーロムス

    シーロムスから見たアオウミガメアオウミガメ

    顎や吻の形態などから、現生のアオウミガメの様に海藻などを食べていたと推定されている。現生のウミガメが現れる鮮新世の末頃にシーロムスは絶滅しているが、これはアオウミガメと競合し、破れたためとする研究者もいる。シーロムス フレッシュアイペディアより)

  • ウミガメ

    ウミガメから見たアオウミガメアオウミガメ

    Chelonia mydas アオウミガメ Green turtleウミガメ フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原諸島の自然

    小笠原諸島の自然から見たアオウミガメアオウミガメ

    また小笠原諸島近海には冬季のザトウクジラをはじめとする多くのクジラ・イルカ類が回遊していることが知られており、これらを対象としたホエールウォッチングは小笠原諸島の有力な観光資源もである。また、父島列島と母島列島は合計500頭以上のメスのアオウミガメが産卵をする一大繁殖地である。小笠原諸島の自然 フレッシュアイペディアより)

  • ファインディング・ニモ

    ファインディング・ニモから見たアオウミガメアオウミガメ

    シドニーに向かっていたマーリンとドリーは、誤って迷い込んだクラゲの大群の中で刺されて気を失うも、アオウミガメのクラッシュとその群れに救われる。2人は彼らの甲羅の上に乗り海流に乗ってシドニーを目指していたが、海流を降りた直後、誤ってクジラに飲み込まれてしまう。しかし、マーリンとドリーはクジラの潮吹きでシドニーの港に到着する。コシグロペリカンのナイジェルの協力でフィリップの歯科治療所に到着したマーリンとドリーだが、そこへ来ていたダーラから逃れるために死んだふりをしていたニモを見たマーリンは、ニモが死んでしまったと勘違いし落胆する。海に戻り、ドリーと別れたマーリンは一人で家へと泳ぎ始める。ニモは、タンク・ギャング達の協力もあり、やっとの思いで歯科治療所から脱走し、海でドリーと出会う。ニモのことを忘れているドリーだが、「シドニー」という文字を見て思い出し、彼女の協力でニモはマーリンとの再会を果たす。しかし、今度はドリーが漁港網に掛かかってしまう。ニモの提案で、大量に網にかかっている魚達と共に下に泳ぎ続け、ドリーたちは網からの脱出に成功する。ファインディング・ニモ フレッシュアイペディアより)

  • カメ

    カメから見たアオウミガメアオウミガメ

    ウミガメ科 :アカウミガメ、アオウミガメ(アオウミガメ、クロウミガメ)、タイマイ、ヒメウミガメ(上陸例なし)。カメ フレッシュアイペディアより)

  • ひなたぼっこ

    ひなたぼっこから見たアオウミガメアオウミガメ

    動物にもひなたぼっこを好むものが多い。例えば鳩は冬場に集団で固まってひなたぼっこする傾向がある。またアオウミガメも甲羅干しをする、変温動物であるためにひなたぼっこをしないで体温が下がると動けなくなってしまうためである。また、水中より体力を温存出来るのでえさが多くなる時間帯まで陸上で待つことや、甲羅についた寄生虫やカビや細菌を死滅させることも目的とされている。ひなたぼっこ フレッシュアイペディアより)

  • シェッド水族館

    シェッド水族館から見たアオウミガメアオウミガメ

    ファイル:Nick (Sea Turtle).jpg|アオウミガメの「ニッケル」君シェッド水族館 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年アジアビーチゲームズ

    2010年アジアビーチゲームズから見たアオウミガメアオウミガメ

    大会マスコットは、アラビアタール(ヤギ亜科の動物)のアル・ジュベル(Al-Jebel、山)、フサエリショウノガンのアル・リー(Al-Reeh、風)、アオウミガメのアル・メッド(Al-Med、潮)。オマーンの陸上、水中、空中の絶滅危惧種の動物をモチーフにしている。2010年アジアビーチゲームズ フレッシュアイペディアより)

  • ピジョン島国立公園

    ピジョン島国立公園から見たアオウミガメアオウミガメ

    大ピジョン島のサンゴの植生としては類と類が支配的である。、、Poritidae種は岩礁の周囲のサンゴ礁で優勢である。また周辺ではソフトコーラルのSinulariaやLobophyton、Sarcophytonといったものも見ることができる。こうしたサンゴ礁には多くの脊椎動物・無脊椎動物が生息している。 公園内では、トリンコマリー周辺に生息する100種のサンゴやサンゴ礁に生息する300種の魚のうち多くを発見することができる。浅いサンゴ礁ではツマグロを見かけることがあり、またタイマイ、アオウミガメ、ヒメウミガメといったサンゴ礁のウミガメも訪れている。島の陸上では、名前の由来となったカワラバトが繁殖している。ピジョン島国立公園 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
68件中 1 - 10件表示

「アオウミガメ」のニューストピックワード