アシュリー・コール ニュース&Wiki etc.

アシュリー・コール(Ashley Donovan Cole, 1980年12月20日 - )は、イギリス・ロンドン出身のサッカー選手。メジャーリーグサッカー・ロサンゼルス・ギャラクシー所属。ポジョションはディフェンダー。全盛期は「世界最高の左サイドバック」との呼び声も高かった。元イングランド代表。代理人はジョナサン・バー… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アシュリー・コール」のつながり調べ

  • サム・ハッチンソン

    サム・ハッチンソンから見たアシュリー・コール

    カルロ・アンチェロッティのもとでは主にサイドバックのポジションで出場。DFならどこでもプレーでき両サイドバックのポジションにも対応可能な為、アシュリー・コールのバックアッパーとしても見込まれていた。1度は膝の慢性的な怪我が治らずに2010年8月19日にわずか21歳での引退を発表、しかし2011年に復帰し、2011年12月31日のアストン・ヴィラ戦でベンチ入りしている。(サム・ハッチンソン フレッシュアイペディアより)

  • シウヴィオ・メンデス・カンポス・ジュニオル

    シウヴィオ・メンデス・カンポス・ジュニオルから見たアシュリー・コール

    1999年夏にはトッテナム・ホットスパーFCなどからもオファーがあったが、イングランド・プレミアリーグのアーセナルFCに移籍した。アーセナルFCがブラジル人選手と契約するのは彼が初めてであった。左サイドバックのレギュラーは長らくDFナイジェル・ウィンターバーン (Nigel Winterburn) が務めていたが、移籍してまもなくレギュラーの座を奪った。フットボールリーグカップのミドルスブラFC戦ではペナルティキックを失敗し、1999-2000シーズンのUEFAカップ決勝・ガラタサライSK戦 (PK 1-4) でもPK戦で敗れるという悲嘆を味わった。なお、ガラタサライSK戦ではキッカーになっていない。2000-01シーズンにはDFアシュリー・コールが台頭し、24試合の出場にとどまった。わずか2シーズンの在籍であったが、多くの友人やファンを得て、2000年5月9日のシェフィールド・ウェンズデイFC戦や2000年8月のチャールトン・アスレティックFC戦や2000年9月のチェルシーFC戦での得点に代表されるスペクタクルなゴールをいくつも決めた。また、UEFAチャンピオンズリーグのACスパルタ・プラハ戦やFCスパルタク・モスクワ戦では1試合2得点を決めている。(シウヴィオ・メンデス・カンポス・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

「アシュリー・コール」のニューストピックワード