131件中 101 - 110件表示
  • 姫路市立動物園

    姫路市立動物園から見たアジアゾウアジアゾウ

    アジアゾウ - 名前は姫子。現在は二代目。姫路市立動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島市平川動物公園

    鹿児島市平川動物公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    飼育動物 - インドゾウ、インドクジャク、シロクジャク、ビントロング、マントヒヒ、バーバリーシープ鹿児島市平川動物公園 フレッシュアイペディアより)

  • メアリ (象)

    メアリ (象)から見たアジアゾウアジアゾウ

    メアリ(Mary、生年不明 - 1916年9月13日)は、メスのアジアゾウである。メアリの死については、しばしば20世紀早期のサーカスにおける動物虐待の典型として取り上げられている。メアリは飼育係を死亡させたという理由で「絞首刑」に処された。メアリ (象) フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・ダイヤモンド (象)

    ブラック・ダイヤモンド (象)から見たアジアゾウアジアゾウ

    ブラック・ダイヤモンド(Black Diamond、1898年 - 1929年10月16日)は、アメリカ合衆国で飼育されていたオスのアジアゾウである。この象はその生涯中に4人の人間を死亡させる事故を起こし、最後には殺処分となった。ブラック・ダイヤモンド (象) フレッシュアイペディアより)

  • トプシー (象)

    トプシー (象)から見たアジアゾウアジアゾウ

    トプシー(Topsy, 1875年頃 - 1903年1月4日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州コニーアイランドの遊園地で感電死させられた雌のアジアゾウトプシー (象) フレッシュアイペディアより)

  • ケイ賓

    ケイ賓から見たアジアゾウアジアゾウ

    封牛、水牛、象、大狗、沐猴、孔爵、珠璣、珊瑚、虎魄、璧流離が生息し、人々はに乗って移動する。ケイ賓 フレッシュアイペディアより)

  • 中尊寺金色堂

    中尊寺金色堂から見たアジアゾウアジアゾウ

    須弥壇の側面は格狭間(ごうざま)を設け、銅板打ち出しの孔雀文で飾っている。なお、須弥壇の側面の装飾は、中央壇と左右壇とで技法が異なっている。中央壇では金工による装飾が主で、上框、下框、束(つか)は鍍金銀の宝相華透彫金具で飾られ、格狭間周囲の羽目板も銅板打ち出しで装飾されている。これに対し、左右壇では以上の部材の装飾は主に螺鈿で表されている。須弥壇上の高欄については、中央壇ではヒノキの芯材の上に紫檀を貼った紫檀地螺鈿とするのに対し、左右壇では堂内の他の場所と同様の沃懸地螺鈿が用いられている。中央壇の高欄では、角材の辺の部分に線状に切った象牙を貼っているが、これらの象牙が、鑑定の結果アジアゾウではなくアフリカゾウのものであることが判明している。これは北方貿易により大陸経由で輸入されたもので、このことからも当時の奥州藤原氏の財力と勢力の高さを窺い知ることができる。中尊寺金色堂 フレッシュアイペディアより)

  • カジランガ国立公園

    カジランガ国立公園から見たアジアゾウアジアゾウ

    カジランガ国立公園の動物相は、以下の通りとなる。35種の哺乳類の生息地であり、うち15種はレッドリストに記載されている絶滅危惧種である。インドサイの最大の生息地で、全世界の生息数の約2/3にあたる1,855頭が確認されている。アジアスイギュウ(1,666頭)、バラシンガジカ(468頭)、アジアゾウ(1,940頭)、ガウル(30頭)、サンバー(58頭)も確認されている。小型から中型の偶蹄類ではインドキョン、イノシシ、ホッグジカといった哺乳類もこの公園内に生息するカジランガ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • インドゾウ

    インドゾウから見たアジアゾウアジアゾウ

    インドゾウ(学名:Elephas maximus indicus、英語名:Indian elephant)は、哺乳綱- ゾウ目(長鼻目)- ゾウ科- に分類されるアジアゾウの、下位分類にあたる1亜種。インドゾウ フレッシュアイペディアより)

  • ブート・ジョロキア

    ブート・ジョロキアから見たアジアゾウアジアゾウ

    北東インドでは、畑や民家を荒らす野生のアジアゾウを撃退するためにすり潰して柵に塗ったり、対ゾウ用のトウガラシ発煙筒を開発する試みがなされている。ブート・ジョロキア フレッシュアイペディアより)

131件中 101 - 110件表示

「アジアゾウ」のニューストピックワード