前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示
  • アジアゾウ

    アジアゾウから見たコンラート・ヤコブ・テミンク

    Elephas maximus sumatranus Temminck, 1847 スマトラゾウ Sumatran elephantアジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見たジョルジュ・キュヴィエ

    Elephas maximus indicus Cuvier, 1798 インドゾウ Indian elephantアジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た長鼻目

    アジアゾウ(Elephas maximus)は、長鼻目ゾウ科アジアゾウ属に分類されるゾウ。現生するゾウ目(長鼻目)3種のうちの1種(他はアフリカゾウとマルミミゾウ)。、現生種はアジアゾウ1種のみである(2013年の知見)。アジアゾウ属の模式種。長生きで知能が高い。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見たボルネオ島

    インド北東部・北西部・中部・南部、インドネシア(スマトラ島、ボルネオ島)、カンボジア(モンドルキリ州からラタナキリ州にかけての山地南西部)、スリランカ、タイ王国、中華人民共和国(雲南省のLincang・Simao・Xishuangbanna)、ネパール、バングラデシュ南東部(チッタゴン丘陵地帯)、マレーシア(マレー半島、サバ州)、ミャンマー(東部<シャン州>・Pegu<ベトナム中部>・Tenasserim<ベトナム南部>山脈、北部・西部丘陵地帯)、ラオス。パキスタンでは絶滅。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た出産

    また、海外では人工授精での繁殖に成功している。1975年頃から試みが始まり、1999年11月26日、アメリカのディッカーソンパーク動物園で初めて出産に成功した。新生児の体重は171kgで、それまでの新生児の中では最大であった。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た動物園

    ヨーロッパの動物園及びサーカスにおいて、1902年?1992年の90年間に121頭が誕生、内34頭は1982年?1992年の10年間に誕生している。内48頭は、早産又は母親が原因となった事故等で死亡している。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見たサーカス

    ヨーロッパの動物園及びサーカスにおいて、1902年?1992年の90年間に121頭が誕生、内34頭は1982年?1992年の10年間に誕生している。内48頭は、早産又は母親が原因となった事故等で死亡している。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た雲南省

    インド北東部・北西部・中部・南部、インドネシア(スマトラ島、ボルネオ島)、カンボジア(モンドルキリ州からラタナキリ州にかけての山地南西部)、スリランカ、タイ王国、中華人民共和国(雲南省のLincang・Simao・Xishuangbanna)、ネパール、バングラデシュ南東部(チッタゴン丘陵地帯)、マレーシア(マレー半島、サバ州)、ミャンマー(東部<シャン州>・Pegu<ベトナム中部>・Tenasserim<ベトナム南部>山脈、北部・西部丘陵地帯)、ラオス。パキスタンでは絶滅。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見たカール・フォン・リンネ

    Elephas maximus maximus Linnaeus, 1758 セイロンゾウ Ceylon elephantアジアゾウ フレッシュアイペディアより)

  • アジアゾウ

    アジアゾウから見た森林

    主に森林に生息する。食物を求めて放浪するが、近年では生息地の破壊により季節的な移動でも30 - 40キロメートルに限られる。メスと幼獣からなる群れを形成し、群れに発情したメスがいる場合はオスも加わる。アジアゾウ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
54件中 1 - 10件表示

「アジアゾウ」のニューストピックワード