4033件中 131 - 140件表示
  • リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー

    リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーから見たアフリカアフリカ

    著書『汎ヨーロッパ』(1923年)の欧州統合にはアフリカと東南アジアが入っている。著書でヨーロッパとアフリカは政治的・経済的に同等ではなかったため、1927年に『汎ヨーロッパ』のフランス語版が出版されたフランスでは、アフリカをヨーロッパの経済的後背地と考える「ユーラフリック」()論者たちが『汎ヨーロッパ』を好意的に受けとめた。1927年フランス語版は、1923年ドイツ語原書の出版以降の動向に関して新たに付け加えられた。リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見たアフリカアフリカ

    アイルランドやインドのように、かつて豊かな文化をもちながらも18世紀から19世紀半ばにかけて国家主権を確立できなかった地域はイギリスの植民地に転落し、そのうえ伝統的な産業でイギリスの工業と競合した部分は解体され、原料供給地と化した。ラテンアメリカやアフリカの諸地域の場合は、主権は維持できたものの経済的には完全にイギリスおよび西ヨーロッパの需要に従属するしかなかった。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国

    大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国から見たアフリカアフリカ

    アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟、アラブ・マグレブ連合にも加盟していた。大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国 フレッシュアイペディアより)

  • ウガリ

    ウガリから見たアフリカアフリカ

    ウガリ(スワヒリ語:Ugali)は、穀物の粉を湯で練り上げたアフリカ伝統の食品である。ケニアなどアフリカ東部や南部で主食として広く食されている。ウガリ フレッシュアイペディアより)

  • 青騎士

    青騎士から見たアフリカアフリカ

    「フランス、ドイツ、ロシアでの最新の絵画運動、そしてそれらが見せる、ゴシックやプリミティフ、またアフリカや偉大なる東洋とともにある、自然で力強く表現的な民族芸術、子どもの芸術の主題へのかすかな関連、特にヨーロッパにおける最も新しい音楽運動、そして我々の時代における新しい舞台理念」――年刊誌『青騎士』のコンセプトはこのマルクの言葉に明確に表れている。青騎士 フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たアフリカアフリカ

    さらに2007年4月10日からは、約8か月半にわたる初の大規模なワールドツアー「ザ・ビヨンセ・エクスペリエンス」 (The Beyoncé Experience) を日本の東京ドームからスタートさせた。このツアーはオーストラリア、ヨーロッパ、北アメリカ、アフリカを凱旋し、計96公演となった。このライブを日本から始めた理由についてビヨンセは、日本が大好きな国で、25歳の誕生日を祝ってもらったり、本当に素晴らしいところで世界一最高のファンがいてくれるからだと述べ、日本からツアーを始めることでいいバイヴやエネルギーをもらえると語った。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たアフリカアフリカ

    カの中でハマダラカの一部の種だけが病原体を媒介する。メスのハマダラカが感染者の血液を吸い、別の人を刺すことによって広がる。効果的なワクチンはないが、抗マラリア薬で治療できる。アフリカにおいては、現在、エイズ、結核と並ぶ3大感染症のひとつであり、視覚や聴覚を失うなどの後遺症で悩む人も少なくない。感染者は毎年3.5億人から5億人にかけてと推測され、アフリカでは子どもの主要な死因のひとつになっている。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アフリカの軍事史

    アフリカの軍事史から見たアフリカアフリカ

    アフリカの軍事史は世界でも最も古い軍事史の一つである。 アフリカ大陸では多くの地域で異なった言語(総数は数百種類に及ぶ)が話されており、文化、宗教の慣習も異なっている。これらの相違もまた数千年の大半の紛争の原因となっている。アフリカの軍事史 フレッシュアイペディアより)

  • ノコギリクワガタ属

    ノコギリクワガタ属から見たアフリカアフリカ

    ネブトクワガタ属に次いで、2番目に種類が多い「属」であり、アジアのほか、アフリカ、オセアニアにも生息する。ノコギリクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • キリスト教徒による宗教的迫害

    キリスト教徒による宗教的迫害から見たアフリカアフリカ

    大航海時代が訪れると、キリスト教の司祭達は、アフリカやアジア、アメリカ大陸、オーストラリアなどに軍事力を伴った宣教を開始した。ヨーロッパ白人は、全ての先住民を「野蛮人」と断定し、自らの「先進的な」文化やキリスト教を広めて回った。キリスト教徒による宗教的迫害 フレッシュアイペディアより)

4033件中 131 - 140件表示

「アフリカ」のニューストピックワード