4033件中 141 - 150件表示
  • 感謝祭

    感謝祭から見たアフリカアフリカ

    アメリカの黒人解放奴隷(アメリコ・ライベリアン)により建国されたアフリカのリベリアでも感謝祭が行われており、リベリアでは11月の最初の木曜日に祝う。感謝祭 フレッシュアイペディアより)

  • サル目

    サル目から見たアフリカアフリカ

    熱帯系の動物であり、その分布は熱帯域に集中する。東アジアには温帯域まで分布する種があり、特にニホンザルは最も高緯度に分布するサルとして有名である。曲鼻亜目及びメガネザル類はアジア・アフリカの熱帯域、広鼻猿類は中南米の熱帯、類人猿を含む狭鼻猿類はアジア・アフリカの熱帯域から温帯域の一部にかけて分布している。ヨーロッパにはほとんど棲息せず、ジブラルタル海峡ごしにバーバリーマカク1種が棲息するのみである。また、北アメリカ大陸北部(アングロアメリカ相当地域)にも分布しない。サル目 フレッシュアイペディアより)

  • ポルトガル人

    ポルトガル人から見たアフリカアフリカ

    旧植民地(すなわちブラジル、アフリカ、インド)から、この2、30年の間に多くの人々が移住してきている。最近ではスラヴ人(特にウクライナ人)が移住してくるようになり、ポルトガル最大の少数民族となっている。中国系移民も存在する。ポルトガル人 フレッシュアイペディアより)

  • モロコシ属

    モロコシ属から見たアフリカアフリカ

    モロコシ属 (Sorghum) は、約30の種が分類される、イネ科の属である。その内のいくつかは穀物として、また多くが飼料として世界中で栽培される。栽培には温暖な気候が必要で、野生では熱帯及び亜熱帯に分布する。乾燥に強く、アフリカのサバナからステップ地帯の主穀となっている。モロコシ属 フレッシュアイペディアより)

  • 政府開発援助

    政府開発援助から見たアフリカアフリカ

    昨今のアジアは、世界経済の牽引役と言われるほどに経済発展を遂げつつあるが、その要因としては、アジア各国の勤労意欲、文化などに加え、日本のODAによる経済インフラ整備も挙げられる。また、未だ貧困率の高いアフリカに対し、日本のアジアでの援助経験を活用していこう、という考え方も強まっている。政府開発援助 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部陽一

    渡部陽一から見たアフリカアフリカ

    静岡県立富士高等学校を経て、「バンカラにあこがれて」という動機により早稲田大学を目指し2年間の浪人の末、明治学院大学法学部に進学した。落合信彦の著書に登場する弁護士の存在を知り、「弁護士や検察官など、困っている人を助ける仕事に就きたい。」と思い、大学の法学部に入った。大学の一般教養課程の生物学の授業でアフリカの狩猟民族に興味を持ち、全く現地の知識もないまま旅行者としてピグミー族に会いに行くため、アフリカのコンゴ民主共和国に行った。しかし当時はルワンダ紛争のまっただ中であったため、ルワンダの少年兵に襲撃され、カメラを含めた私物全てを差し出すことで何とか助かった。帰国後周囲の人間に、その被害と少年兵がいる現実を説明したが、理解してもらえなかったことから、その場の状況を伝えられるカメラの必要性を痛感し、「戦場カメラマン」となることを決意した。大学1年生のときから戦場へ取材に行っており、その影響で大学を2回留年したあと、同大学を卒業。試験のときだけ帰国していたという。当時は飲食店や写真撮影のアルバイトで貯めた資金で取材をしていた。渡部陽一 フレッシュアイペディアより)

  • ビアフラ戦争

    ビアフラ戦争から見たアフリカアフリカ

    直ちに、連邦軍は攻撃を開始したが、ビアフラ軍の士気も高く、戦況は膠着状態を示した。ビアフラにはフランスと南アフリカ等が支援したが、大部分の国はビアフラに同情する一方で消極的ながら正規政府である連邦を支持。特に旧植民地の分割化を望まないイギリスとアフリカへの影響力強化を狙うソ連は積極的に連邦を支援した。また、少数の白人傭兵がビアフラ側で戦った。ビアフラ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ニッチ

    ニッチから見たアフリカアフリカ

    よく似た餌を求めながら、食物選択や採食法の差のある種が共存することを食い分けという。たとえば、アフリカの草原における多数の草食獣は木を中心に食べるものや草を中心に食べるものの差があり、草を食べるものでもそれぞれに草の食べ方が異なっているという。ニッチ フレッシュアイペディアより)

  • ドリトル先生アフリカゆき

    ドリトル先生アフリカゆきから見たアフリカアフリカ

    米英におけるシリーズ各巻の初版本は、米国のストークス(10巻『秘密の湖』以降はリッピンコット)版とイギリスのジョナサン・ケープ版(概ね米国の1 - 2年遅れで刊行)で共通の表紙画(表紙デザインは異なる)を用いているが、本作に限り米英でそれぞれ異なる表紙画が用いられている。ストークス版はドリトル先生が子猿を治療している単色のイラストで、ケープ版は先生が伝染病を終息させたお礼に猿たちが盛大な宴会を開いている様子を描いたカラーイラストである。岩波書店が日本で刊行している愛蔵版『ドリトル先生物語全集』はケープ版を底本にしており、第1巻のカラー口絵にはケープ版の表紙と同じイラストが用いられている。表紙デザイン(岩波少年文庫と共通)はケープ版を基にしているが表紙のイラストは異なり、ケープ版では本の折り返し部分に用いられている先生の一行がアフリカへ上陸した場面のシルエット画が使用されている。ドリトル先生アフリカゆき フレッシュアイペディアより)

  • 軌間

    軌間から見たアフリカアフリカ

    1860年代後半から1880年代にかけては、フォックスやその影響を受けたイギリス人を中心とする技術者の指導により、アジア、アフリカ、ラテンアメリカなどの鉄道未開業地域において1067mmや1000mm、914mmなどの軌間での鉄道建設が相次いだ。1872年に開業した日本の鉄道が1067mm軌間を採用したのもその一例である。またケープ植民地(南アフリカ)やニュージーランドでは、一旦標準軌での鉄道建設が始まっていたものが、狭軌に切り替えられている。タイやインドネシアでは、先行していた標準軌鉄道とは別に狭軌の鉄道が建設され、その後長い時間をかけて狭軌に統一された。軌間 フレッシュアイペディアより)

4033件中 141 - 150件表示

「アフリカ」のニューストピックワード