前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
396件中 1 - 10件表示
  • ヨスー・インディ

    ヨスー・インディから見たアボリジニアボリジニ

    1985年にオーストラリア人のアンドリュー・ベルッティとスチュアート・キャラウェイ、カール・ウィリアムスらによって前身のSwamp Jockeysが結成され、彼らがアーネムランドでコンサートを開催した際、"ヨルング"(北東アーネムランドのアボリジナル)のバンドが彼らのサポートをした。ヨルングのバンドにはウィチヤナ・マリッカ、ミルカイング・マヌガー、ジェフリー・ガルマル・ユノピング、マンダウェイ・ユノピング等がいた。1986年に両バンドは合流して新たなバンド、ヨスー・インディを結成する。 ヨスー・インディはヨルング語で"母と子"を意味する。これは近親者の呼称であり家族に対しての呼びかけに使われる。ヨスー・インディ フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリア

    オーストラリアから見たアボリジニアボリジニ

    18世紀末期における最初のイギリスの植民までの少なくとも4万年の間、おおよそ250の言語グループに分類される言語話者の先住民が居住してきた。彼らの食文化ブッシュ・タッカーは1970年代から注目された。オーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • ヨーウィー

    ヨーウィーから見たアボリジニアボリジニ

    もともとはアボリジニの伝承に登場する架空の生物を指す語であった。現代においては、ヨーウィーはオーストラリアの荒野に潜む未知の獣人の(いくらか親しみを込めた)一般的な呼称として用いられることも多い。これは前述の架空の生物とは無関係であり、ヒマラヤのイエティや、北米のビッグフットと同様の位置づけにあたる。その正体については巨大類人猿の生き残りという説や、アボリジニーやカンガルーの見間違えという説がある。ヨーウィー フレッシュアイペディアより)

  • ウォーナンブール (ビクトリア州)

    ウォーナンブール (ビクトリア州)から見たアボリジニアボリジニ

    「Warrnambool」とは、アボリジニ(オーストラリア先住民)の言葉で、「2つの湿地」を意味する。この地をウォーナンブール(Warrnambool)と命名したのは、アボリジニ(オーストラリア先住民)が近くの火口丘をウォーナンブール(Warrnambool)と呼んでいたことに由来している。ウォーナンブール (ビクトリア州) フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアの動物相

    オーストラリアの動物相から見たアボリジニアボリジニ

    4万年以上前からのアボリジニ、そして1788年からのヨーロッパ人のオーストラリアへの移民は動物相に著しい影響を及ぼした。狩猟、外来種の導入、そして固有種の生息地破壊につながる土地開発は、多数の種の絶滅につながった。いくつかの例ではゴクラクインコ、ブタアシバンディクート、ヒロガオネズミカンガルーが挙げられる。持続可能ではない開発により、未だに多くの種の生存が脅かされている。その動物相の生存に対する脅威に対処するために、オーストラリアは広範囲に及ぶ連邦政府および州政府の法を可決し、多数の保護地域を設けた。オーストラリアの動物相 フレッシュアイペディアより)

  • ブロークンヒル

    ブロークンヒルから見たアボリジニアボリジニ

    現在のブロークンヒル周辺は少なくとも45000年以上前からアボリジニ Wiljakali 族が居住していたとされるが、その詳細は明らかになっていない。ヨーロッパ人として最初に訪れたのはチャールズ・スタート一行で、1844年にこの地を訪れた際、スタートは日記にこの地をブロークンヒルと記した。ブロークンヒルの建設が宣言されたのは銀などの掘削が始まった1885年のことである。1883年ニューサウスウェールズ州の州境警備隊であったチャールズ・ラスプは錫と思われる金属片を発見した。後にこれは銀と鉛と判明し、更なる調査の結果、1885年、周辺には高品位の銀・亜鉛・鉛を含む鉱床が広がっていることが明らかになった。同年「Syndicate of Seven」と呼ばれる7人により、BHP(w:Broken Hill Proprietary Company)が設立され、鉱物の掘削が本格的に開始された。なお後にBHPは世界最大の鉱業会社、BHPビリトンに成長する。ブロークンヒル フレッシュアイペディアより)

  • ダーラマラン

    ダーラマランから見たアボリジニアボリジニ

    ダラマラン(英語:Daramulum, アボリジニの言葉で「一本足」 の意)とは、オーストラリア南東部のアボリジニのウィラジュリ、カミラロイ、エオラ、ダーキンジャン、クリンガイなどの部族に伝わる神話に登場する神的存在で、バイアメという神と、彼の妻であるエミューのビラングヌルの息子である。ダーラマラン フレッシュアイペディアより)

  • ゴッシズ・ブラフ

    ゴッシズ・ブラフから見たアボリジニアボリジニ

    この場所はアボリジニ、西アランタ族の聖地であり、彼らはトノララ(Tnorala)と呼んでいる。ゴッシズ・ブラフを含む地がトノララ自然保護区(Tnorala Conservation Reserve)に指定されている。ウルル (エアーズロック)は約200 km南西にある。ゴッシズ・ブラフ フレッシュアイペディアより)

  • パーヌルル国立公園

    パーヌルル国立公園から見たアボリジニアボリジニ

    アボリジニの言葉で砂岩を意味するバングル・バングル/バンドゥ・バンドゥ(Bungle Bungle)と呼ばれる奇岩がありユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。パーヌルル国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • あぁ、哀しきイェーガン

    あぁ、哀しきイェーガンから見たアボリジニアボリジニ

    『あぁ、哀しきイェーガン』(Alas Poor Yagan)は、ディーン・オルストン(en)によるオーストラリアの政治漫画作品。新聞『ウエスト・オーストラリアン紙』(The West Australian)1997年9月6日号に掲載された。これは、アボリジニのイェーガンと、その首にまつわるゴタゴタを題材としていた。あぁ、哀しきイェーガン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
396件中 1 - 10件表示