アメリカ連邦預金保険公社 ニュース&Wiki etc.

連邦預金保険公社(れんぽうよきんほけんこうしゃ、; FDIC)は、1933年のグラス=スティーガル法に基づき設立された、アメリカ合衆国政府の公社。世界恐慌で大量の銀行が破綻したことを受けて、預金の保護政策を迫られた連邦議会が、当時マサチューセッツ州で運用されていた預金保険基金を参考に創設した。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「連邦預金保険公社」のつながり調べ

  • クレジット・デフォルト・スワップ

    クレジット・デフォルト・スワップから見たFDIC

    その後10月10日にリーマンを参照企業としたCDSの清算価格は元本の8.625%に決定した1。これは市場推計の想定元本4000億ドルのうち8.625%だけがCDSの残余価値であり、残りの約3655億$の支払いをCDSの売り手が求められるということである。関係者にCDSの危険性を知らせる出来事であった。バーナンキFRB議長の議会証言で、リーマンを救済しなかった本当の理由は「証券会社にこのような多額の資金投入をすることはできなかった」だということがわかった。法制上FRB、財務省、SEC、FDICには監督・救済権限がなかった。また歴史上、政治上の理由で法案を提出して救済することも出来なかった(ノート参照)。フレディマック、ファニーメイのCDS清算価格は、ファニーメイが優先債務91.51%、劣後債務99.9%、フレディマックが優先債務94%、劣後債務98%といずれも90%台であり2、金額は多額だが、毀損率は大きくなかった(優先債務の清算価格が劣後債務の清算価格を下回るのは、優先債務の受け渡し適格銘柄に仕組み債の一種が含まれたことが原因である)。(クレジット・デフォルト・スワップ フレッシュアイペディアより)

  • 連邦倒産法第7章

    連邦倒産法第7章から見た連邦預金保険公社

    連邦預金保険公社等が金融機関である債務者に対して有する一定の債権。(連邦倒産法第7章 フレッシュアイペディアより)

「連邦預金保険公社」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アメリカ連邦預金保険公社」のニューストピックワード