アユ ニュース&Wiki etc.

アユ(鮎、香魚、年魚、)は、キュウリウオ目に分類される、川や海などを回遊する魚である。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アユ」のつながり調べ

  • 七瀬川 (大分県)

    七瀬川 (大分県)から見たアユ

    中流から下流にかけては、里山の中を流れ、やがて大分平野に出る。七瀬川の流域では、国道442号の胡麻鶴橋付近など、大分市街地からそれほど離れていない場所でも、ゲンジボタルが見ることができ、大分市七瀬川ホタル保護地区としてふるさといきものの里100選に選ばれている。また、アユの生息地であり、大分川との合流点付近は、大分川水系で唯一の水産資源保護法による保護水面に指定されている。(七瀬川 (大分県) フレッシュアイペディアより)

  • 倉谷鉱山

    倉谷鉱山から見たアユ

    しかしそのころ犀川の魚類(・ゴリ等)が年々減少する事態が発生し、倉谷鉱山の鉱毒が原因だと疑われ、これをめぐって犀川の漁民との間に争議が発生した。1893年(明治26年)、沿岸の漁民が県に対して保護策を要求する陳情を行なったのがその発端である。漁民達は代表者を選んで鉱山側との折衝を始めたが、杉山は防止設備への経費を惜しみ、代表者3人を買収。この結果3人は折衝から手をひいてしまった。これを知って怒った住民百数十人が3人の家におしかけようとしたが、事前に広坂署員に探知され、大騒動に至らなかった。しかも陳情そのものに対して、県は訴えをとりあげなかった。とりあげなかった理由として、鉱山の経営が杉山から倉谷鉱業株式会社の手に移り、精錬の方法も洋式に改良されたことを説明した。このまま鉱害問題は解決しないまま放置された。(倉谷鉱山 フレッシュアイペディアより)

「アユ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アユ」のニューストピックワード