アラン・ガルシア ニュース&Wiki etc.

アラン・ガブリエル・ルドウィグ・ガルシア・ペレス(Alan Gabriel Ludwig García Pérez、1949年5月23日 - )は、ペルーの政治家。同国の大統領を2度(1985-1990、2006-2011)歴任した。アメリカ革命人民同盟 (APRA) 第6代書記長(1982-1985)、第3代党首(19… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アラン・ガルシア」のつながり調べ

  • アレハンドロ・トレド

    アレハンドロ・トレドから見たアラン・ガルシア

    1994年に、政党『ペルー・ポシブレ』(Perú Posible)を設立し、代表となる。1995年、ペルー大統領選挙に出馬するが、3%の支持を得るに留まり、予備選挙で敗退するが、その直後より、次の大統領選挙を目指すことを宣言する。2000年のペルー大統領選挙に出馬するが、第一回目の投票で、アルベルト・フジモリのすぐ下の得票を得るが、選挙に重大な不正があったことを主張して、選挙のボイコットを呼びかける。7月28日よりアルベルト・フジモリが3期目の大統領職に就任するが、11月に失脚し、11月22日に暫定大統領のバレンティン・パニアグアが就任する。2001年5月29日投票のペルー大統領選挙に、アレハンドロ・トレドが3回目の挑戦そして接戦の後、元大統領でアメリカ革命人民同盟(APRA)のアラン・ガルシアを相手に勝利する。これは、1985年から1990年にかけてのガルシア政権時代の超インフレの記憶が原因とされる。(アレハンドロ・トレド フレッシュアイペディアより)

  • ペルー早稲田大学探検部員殺害事件

    ペルー早稲田大学探検部員殺害事件から見たアラン・ガルシア

    1980年代後半、ガルシア大統領の経済政策の失敗により、ハイパーインフレーションにみまわれた。1990年の年率インフレは7649.7%に達した。フジモリ大統領は、このような国家財政の破綻状況にあったペルーを公共料金や生活必需品の大幅値上げのショック療法と、国営事業の民営化などの新自由主義的な経済政策でペルー経済を立て直しをはかった。(ペルー早稲田大学探検部員殺害事件 フレッシュアイペディアより)

「アラン・ガルシア」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ