アリエン・ロッベン ニュース&Wiki etc.

アリエン・ロッベン(Arjen Robben (), 1984年1月23日 - )は、オランダ・フローニンゲン州ベドゥム出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属。元オランダ代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。レフティ。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アリエン・ロッベン」のつながり調べ

  • ネナド・ジョルジェビッチ

    ネナド・ジョルジェビッチから見たアリエン・ロッベン

    セルビア・モンテネグロが失点1で通過した同欧州予選には2試合のみの出場だったが、ワールドカップドイツ大会ではネマニャ・ヴィディッチの怪我により、対オランダ戦、コートジボワール戦の2試合に出場した。しかし、右サイドバックとして出場したオランダ戦では対面のアリエン・ロッベンにまったく対応できないまま、前半で交代させられるなど悪い意味で目立った大会となってしまった。(ネナド・ジョルジェビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ダマルカス・ビーズリー

    ダマルカス・ビーズリーから見たアリエン・ロッベン

    シカゴ・ファイアーでの卓越した活躍を見せたことで欧州の複数クラブから関心を寄せられ、6月になるとイングランド1部のサウサンプトンFCからオファーがされた。この入札をクラブ側に拒否されて破談となったが、7月22日に移籍金250万米ドルでオランダ1部の強豪PSVアイントホーフェンとの4年契約を締結した。なお、PSVではチェルシーFCへ移籍したアリエン・ロッベンの後釜として獲得されたこともあり、フース・ヒディンク監督によってロッベンが着用してた背番号11が与えられた。エールディヴィジでの1季目から主軸としてリーグ戦29試合を含む公式戦34試合6得点を挙げてチームの18回目となるリーグ優勝に貢献し、2005年5月28日のフェイエノールトとのKNVBカップ準決勝では、1点を追いかける中で89分に同点ゴールを挙げてPK戦に持ち込んだ。最終的にチームはPK戦を制し、その後の決勝戦でヴィレムIIを4-0で下して2冠を達成している。(ダマルカス・ビーズリー フレッシュアイペディアより)

「アリエン・ロッベン」のニューストピックワード