アルセロール・ミタル ニュース&Wiki etc.

アルセロール・ミッタル()は、2006年にオランダのミッタル・スチールとルクセンブルクのアルセロールの経営統合によって誕生した世界最大の鉄鋼メーカーである。年間粗鋼生産量で世界シェアの約10%を占める。本社はルクセンブルクにある旧アルセロール本社に置かれている。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アルセロール・ミッタル」のつながり調べ

  • 三村明夫

    三村明夫から見たアルセロール・ミッタル

    入社後、社内教育でハーバード大学へ留学し、1972年に同経営大学院のハーバード・ビジネス・スクールを修了。大分製鐵所勤務などを経て、冷延鋼板輸出や営業総括、自動車用鋼板営業を経る。2001年にはフランスの鉄鋼メーカー、ユジノール(現・アルセロール・ミッタル)との包括提携をまとめた。2003年より社長に就任。合理化や中華人民共和国の経済成長など鉄鋼需要の増大で業績回復を軌道に乗せ、2006年3月期決算では過去最高となる経常利益5,470億円を計上した。世界最大手の鉄鋼メーカーアルセロール・ミタルによる買収危機には、ソフトアライアンスと呼ばれる包括的提携(技術開発、資本業務提携など)を国内企業と結ぶことにより対抗した。2009年1億7060万円の役員報酬を受けた。(三村明夫 フレッシュアイペディアより)

  • ブレーメン

    ブレーメンから見たアルセロール・ミッタル

    造船および金属工業では21世紀にはいる頃から産業構造の変化が起きている。二大造船所のヴェーザー造船所とブレーマー・ヴルカン造船所をはじめとする多くの企業が生き残ることができなかった。ブレーメン製鋼所はアルセロール(2006年以降は アルセロール・ミッタル)に買収された。これに対して航空・宇宙産業では、ブレーメンは現在、その間接部門やハイテク研究部門の所在地となっている。約6,000人のきわめて優秀な人材が活発に研究を行うドイツ最大のテクノロジーパークが大学に設けられた。エアバス機の最終組み立て工程は、ブレーメンで行われている。EADSグループやOHBテクノロジー・グループの企業によって宇宙空間で使い勝手の良い研究室、推進ロケット、あるいは人工衛星システムのモジュールやその一部が制作されている。ラインメタルやアトラス・エレクトローニクは軍事用、民間用の電子技術開発をブレーメンで行っている。この他にゼーバルツブリュック地区にはメルセデスの工場やドイツ鉄道の大きな車両工場がある。(ブレーメン フレッシュアイペディアより)

「アルセロール・ミッタル」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「アルセロール・ミタル」のニューストピックワード