170件中 101 - 110件表示
  • 嶺井博希

    嶺井博希から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    ''は新任のアレックス・ラミレス一軍監督が新人の戸柱恭孝を正捕手として起用した影響で、レギュラーシーズンの大半を二軍で過ごした。一軍では6月15日に、右の代打要員としてシーズン初の出場選手登録。登録期間中の一軍公式戦では、代打に起用された後に、そのまま捕手として守備に就くことも多かった。レギュラーシーズン全体では11試合の出場にとどまったが、「(一軍での出番が少なくても)腐らずにやるしかない」という一心で二軍降格中に打撃や配球を見直した結果、9月下旬から再び一軍に帯同した。チームがレギュラーシーズン3位で初めて進出したクライマックスシリーズでは、読売ジャイアンツとのファーストステージ第3戦(10月10日・東京ドーム)8回表に、代打としてシリーズ初出場。同点で迎えた延長11回表1死2塁の第2打席で、田原誠次から勝ち越しの適時打を放ったことによって、チームをファイナルステージ進出に導いた。チームは広島東洋カープとのファイナルステージに敗退したが、嶺井自身は同ステージでも全4試合にベンチ入り。打席に立つ機会はなかったものの、第2戦(10月13日)と第4戦(15日)では、試合の終盤にマスクを被った。嶺井博希 フレッシュアイペディアより)

  • アルフォンソ・ソリアーノ

    アルフォンソ・ソリアーノから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    7月26日にコーリー・ブラックとのトレードで、ヤンキースに復帰した。8月7日にNPB/MLB通算2000本安打を達成し、外国人選手としてはアレックス・ラミレスに続く史上二人目となる名球会入りの資格を得た。その直後の8月27日にはブルージェイズ戦でメジャー通算400号となる28号ホームランを放ち、2013年のシーズンは打率.255・34本塁打・101打点・18盗塁を記録。2年連続で30本塁打と100打点をクリアした。特に本塁打は、2009年以降5年連続で本数が増加している。また、2ケタ盗塁を記録したのは、2008年以来5年ぶりの事であった。アルフォンソ・ソリアーノ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の音楽

    2013年の音楽から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    アイドリングNEO、アイドル妖怪カワユシ?、Ailee(デビュー)、アレックス・ラミレス、泉まくら、歌組雪月花、M&N、オバチャーン(再デビュー)、kaho、ember、Kus Kus(メジャーデビュー)、KEYTALK(メジャーデビュー)、CRUDE PLAY、河野勇作、G-DRAGON(ソロデビュー)、徳永ゆうき、佐々木健太郎(ソロデビュー)、GCB47、SHISHAMO、JAZZ DOMMUNISTERS、新川優愛、SCREEN mode、関口愛美(メジャーデビュー)、タナカハルナ(メジャーデビュー)、DIANNA☆SWEET、チームカミウタ(メジャーデビュー)、DJみそしるとMCごはん(メジャーデビュー)、TWO-FOMULA(佐土原かおり、藏合紗恵子)、特撮戦隊ラジレンジャーRX、tofubeats、DRUGSTORE 、neko (メジャーデビュー)、Nao Yoshioka、夏木美衣、ハチ ハチ北Girls、バーブラ・リカ、ハルカトミユキ(メジャーデビュー)、palet (メジャーデビュー)、畠山智妃(ソロデビュー)、pan-Q、ひめとんボーイズ、ヒョリン(ソロデビュー)、5Live 、ふなっしー(メジャーデビュー)、堀田家BAND、松浦俊夫 presents HEX、MIKA☆RIKA、林育羣(ソロデビュー)2013年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 開幕投手

    開幕投手から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    岡田彰布によると、開幕投手を指名するタイミングは、チームや監督によってさまざまであり、「春季キャンプ前(オフシーズンのうち)に指名」「春季キャンプ中に指名」「開幕直前に指名」と3つのパターンがあるという。これは、開幕戦に対する考え方として、「シーズン全体のうちの1試合」ととらえるか、「最も重要な試合」ととらえるかによって異なるとのことである。なお、岡田自身は、開幕戦は「最も重要な試合」という考えを持っていることから、開幕投手は「小細工も奇襲もせず、うちのチームは今季はこの選手をエースとして使い続ける」という明確なメッセージを込めて起用するとのことであり、実際、阪神、オリックス時代を通して、原則として「春季キャンプ期間中の早い段階」で開幕投手を指名したとのことである。これにより、当該選手が開幕戦から逆算した調整ができることと共に、本人の士気の向上、及び、周囲に対するプラスの刺激の創出にもつながり、それがチーム力を向上させることになると述べている。そのため、2017年シーズンに、DeNAのアレックス・ラミレス監督が、春季キャンプを待たずして石田健大を開幕投手に指名した姿勢を高く評価しているという。尤も、オープン戦開幕を待たずして、早い段階で開幕投手を決めることにはリスクもあるとのこととも述べており、実際、岡田自身、オリックス時代の2012年シーズンに、開幕投手に指名されていた金子千尋が、故障及びそれに伴う調整遅れになったことから開幕投手の回避に追い込まれて(代役はアルフレッド・フィガロが務めた)、それがこのシーズンの終了を待たずしての(実質的な)解任へとつながったと述べている。開幕投手 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山拓巳

    秋山拓巳から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    初奪三振:同上、1回裏にアレックス・ラミレスから空振り三振秋山拓巳 フレッシュアイペディアより)

  • 桑原将志

    桑原将志から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    には、オープン戦で2本の本塁打を放つほど好調だったことから、3月27日には巨人との一軍開幕戦に「2番・中堅手」としてスタメンで起用。一軍公式戦には60試合へ出場したものの、最終打率が.184にとどまるなど打撃が振るわなかったため、主に代走や守備要員として出場した。シーズン終盤からみやざきフェニックス・リーグに参加したが、10月21日の対中日ドラゴンズ戦で左手首に死球。後に尺骨茎状突起の骨折が判明したため、アレックス・ラミレス新監督を迎えた秋季キャンプへの参加を見送ったうえで、患部のリハビリと単身でのトレーニングに専念した。桑原将志 フレッシュアイペディアより)

  • 中村剛也

    中村剛也から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    ''は春季キャンプ中の2月25日、打撃練習を待っていた中村の顔面にディー・ブラウンの振ったバットが直撃。大量の鼻血が出たが、幸い鼻の打撲で済み、翌日から通常の練習メニューをこなした。公式戦を間近に控えたオープン戦で、自打球が顔面に当たり頬骨を骨折。3月20日の開幕戦には何とか間に合った。しかしその影響か開幕から10試合は本塁打が出ず打率も1割ほどで打点もわずか1と極度の不振であった。ようやく放ったシーズン第1号は、4月7日のオリックス・バファローズ戦であった。6月10日に5月中から続いていた右肘の痛みが激しくなり登録抹消。6月中に右肘の遊離軟骨除去手術を受け、その治療のためファン投票・選手間投票第1位で選出されたオールスターゲームも出場を辞退した。8月27日に一軍に復帰、9月に調子を上げ85試合の出場で25本の本塁打を打ったが打率は.234と最後まで低いままで、規定打席未到達にもかかわらず111三振を喫し得点圏打率も.170と低くかった。6月4日の東京ヤクルトスワローズ戦で伊東勤を抜いて球団新となる通算9本目の満塁本塁打を記録した他、5月25日の広島東洋カープ戦と6月4日のヤクルト戦、9月3日の楽天戦と史上初の3号連続の満塁本塁打を記録。また、入団9年目での満塁本塁打10本目到達は2001年の中村紀洋(大阪近鉄バファローズ)、2010年のアレックス・ラミレス(読売ジャイアンツ)の10年目を抜く最速記録になった 。中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本到

    橋本到から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    初出場:2010年4月27日、対中日ドラゴンズ4回戦(ナゴヤドーム)、9回裏にアレックス・ラミレスに代わり左翼手で出場橋本到 フレッシュアイペディアより)

  • スペンサー・パットン

    スペンサー・パットンから見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    4月中旬からは、1ヶ月にわたって山崎と役割を交代。クローザーとして7セーブを挙げたが、セーブが付く局面での登板で、5度にわたってブラウンセーブ(救援失敗)を犯した。その間に山崎がセットアッパーとして15登板試合続けて無失点で凌いだこともあって、5月下旬からはセットアッパーへ復帰。復帰後は、山崎と共に本来の持ち場で投球内容を安定させたことによって、チームの2年連続クライマックスシリーズ(CS)進出に大きく貢献した。ポストシーズンでは、アレックス・ラミレス監督による小刻みな継投策の下で、ワンポイント・リリーフやショート・リリーフに起用。CS全体で8試合中6試合、福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズで6試合中5試合に登板した。10月29日の日本シリーズ第2戦(福岡ヤフオク!ドーム)では味方の失策から1点を失って敗戦投手になったものの、ポストシーズンを通じて自責点0を維持。日本シリーズ終了3日後の11月8日には、翌2018年もチームに残留することが球団から発表された。1年契約で、推定年俸は1億3,000万円。スペンサー・パットン フレッシュアイペディアより)

  • 福井県営球場

    福井県営球場から見たアレックス・ラミレスアレックス・ラミレス

    24年ぶりに読売ジャイアンツの主催試合(対戦相手は横浜ベイスターズ)が行われ、巨人がアレックス・ラミレスのサヨナラ安打により6-5で勝利した。福井県営球場 フレッシュアイペディアより)

170件中 101 - 110件表示

「アレックス・ラミレス」のニューストピックワード