前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示
  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2003年、2月から6月に掛けて6大会で決勝進出、うち4大会で優勝するなど好調な前半戦を過ごした。この勢いでウィンブルドンへ乗り込むと、準決勝で優勝候補のアンディ・ロディックを、決勝ではマーク・フィリプーシスをストレートで下し、念願のグランドスラム優勝をスイス人男子として初めて成し遂げた。更にマスターズ・カップで、これまで全敗を喫していたアンドレ・アガシをはじめ、この年のグランドスラム・チャンピオンを全て退けて栄冠を手にした。この年は7大会で優勝し、78勝17敗(勝率82%)を記録。自己最高の世界ランキング2位でシーズンを締めくくった。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • マーディ・フィッシュ

    マーディ・フィッシュから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    フィッシュの父親はテニスのティーチング・プロ(プロ選手の資格があるコーチ)で、彼の家族はマーディが4歳の時にミネソタ州からフロリダ州ベロビーチに引っ越した。フィッシュは1999年、1年間アンディ・ロディックの家に同居したことがあり、2人は同じ高校のクラブで一緒に練習した間柄になる。2000年にプロ入り。2002年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップアメリカ合衆国代表選手になる。2003年度の男子ツアーで3大会に準優勝した後、同年10月中旬のストックホルム・オープンでツアー初優勝を果たす。2004年のアテネ五輪で、フィッシュは男子シングルスの銀メダルを獲得した。準決勝でチリ代表のフェルナンド・ゴンサレスを3-6, 6-3, 6-4の逆転で破ったフィッシュは、金メダルをかけた決勝戦でゴンサレスと同じくチリ代表のニコラス・マスーに3-6, 6-3, 6-2, 3-6, 4-6で敗れた。マーディ・フィッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    男子シングルス1回戦では、全仏過去4度優勝の第2シードラファエル・ナダルが前年度ジュニアシングルス部門準優勝者のジャンニ・ミナをストレートで順当に下した他、フェルナンド・ベルダスコ、フアン・カルロス・フェレーロ、ダビド・フェレール、フィリップ・コールシュライバー、ユルゲン・メルツァー、レイトン・ヒューイット、アンディ・ロディックらが順当に勝ち上がったが、第18シードのサム・クエリーがロビー・ジネプリに、第26シードのフアン・モナコが予選から勝ち上がってきたグレガ・ゼミヤに敗れる波乱がった。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・マリー

    アンディ・マリーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2006年2月13日、アンディ・マリーはSAPオープンの決勝でレイトン・ヒューイットを2-6, 6-1, 7-6で破り、18歳9ヶ月でツアー初優勝を果たす。4大大会でも、2度目のウィンブルドンでは3回戦でアンディ・ロディックとの“アンディ対決”を7-6, 6-4, 6-4で制してさらに評価を高めたが、4回戦でマルコス・バグダティスに3-6, 4-6, 6-7のストレートで敗れた。8月のシンシナティ・マスターズでは、2回戦で当時ランク1位のロジャー・フェデラーに勝利する大金星を挙げ、2006年シーズンにナダル以外で、フェデラーから勝利をあげた唯一の選手となった。全米オープンで第17シードを得たマリーは、ニコライ・ダビデンコとの4回戦まで勝ち進み、一気に世界ランキング16位まで上昇した。アンディ・マリー フレッシュアイペディアより)

  • 2009年ウィンブルドン選手権男子シングルス

    2009年ウィンブルドン選手権男子シングルスから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    全英7大会連続決勝進出のロジャー・フェデラーと全英4年ぶりに決勝進出を果たしたアンディ・ロディックの決勝。試合は77ゲームの4大大会男子シングルス決勝最多ゲーム数を更新。また第5セットの4大大会男子シングルス決勝最多ゲーム数記録も更新した。フェデラーが勝利しグランドスラム15度目・全英6度目の優勝。優勝回数15回はピート・サンプラスのを抜き歴代単独1位記録。またこの大会はロディックの最後のグランドスラム決勝進出大会となった。2009年ウィンブルドン選手権男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • 2000年全豪オープン

    2000年全豪オープンから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    アンディ・ロディック def. マリオ・アンチッチ, 7?6(2), 6?32000年全豪オープン フレッシュアイペディアより)

  • バボラ

    バボラから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ラケットについてはアンディ・ロディックが現役時代に使用していたピュアドライブや、ラファエル・ナダルが使用しているアエロプロドライブなどが有名。バボラ フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ダビデンコ

    ニコライ・ダビデンコから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2005年にダビデンコは世界のトップ選手へと躍進し、全豪オープンで初めて準々決勝に進出した(アンディ・ロディックに敗退)。そして全仏オープンで、ダビデンコは準決勝に駒を進めたが、マリアノ・プエルタに3-6, 7-5, 6-2, 4-6, 4-6のフルセットで敗れ、決勝進出を逃した。同年末に、世界ランキング8位以内の選手しか出場できない男子テニス年間最終戦「テニス・マスターズ・カップ」にも初めて出場資格を獲得し、ダビド・ナルバンディアンとの準決勝まで勝ち進んだ。ニコライ・ダビデンコ フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・セーデリング

    ロビン・セーデリングから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    ウィンブルドン選手権以後、彼の名前はスウェーデン語読みにより近い「ロビン・セーデリング」と表記されるようになる。ここでは4回戦でフェデラーに4-6, 6-7(5), 6-7(5)のストレートで敗れた。この後、彼は7月にスウェーデン・オープンの決勝でフアン・モナコを6-3, 7-6(4)で破り、ツアー4勝目を獲得した。2009年は前半の10大会でわずか9勝しかあげられなかったが、全仏オープン以降は地元スウェーデンの大会で優勝するなど40勝10敗と驚異的なペースで勝ち星を重ね、ランキングを9位まで上げる。アンディ・ロディックが負傷により辞退したために、その年のランキング上位8名しか出場できないATPワールドツアー・ファイナルにも繰り上がりで出場する。大会では最下位シードながらも世界2位ナダル、世界3位ノバク・ジョコビッチをストレートで破り、グループBを1位で通過する。準決勝ではフアン・マルティン・デル・ポトロに逆転で敗れた。ロビン・セーデリング フレッシュアイペディアより)

  • ジレ・ミュラー

    ジレ・ミュラーから見たアンディ・ロディックアンディ・ロディック

    2005年度の4大大会で、ミュラーは立て続けに番狂わせを起こす。ウィンブルドンの2回戦では、先の全仏オープンで優勝したばかりのラファエル・ナダルを6-4, 4-6, 6-3, 6-4で破り、全米オープンでは1回戦で地元アメリカのエース、アンディ・ロディックに7-6, 7-6, 7-6で勝利した。ウィンブルドンの後、7月下旬にカントリーワイド・クラシックで2度目のツアー決勝進出を果たしたが、アンドレ・アガシに敗れている。ジレ・ミュラー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
89件中 1 - 10件表示

「アンディ・ロディック」のニューストピックワード