1029件中 101 - 110件表示
  • 10月9日

    10月9日から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1975年 - 蔵前国技館でアントニオ猪木がブロックバスター・ホールドでルー・テーズを破り、NWF世界ヘビー級王座防衛。10月9日 フレッシュアイペディアより)

  • 東京プロレス

    東京プロレスから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    東京プロレス(とうきょうプロレス)は、かつて存在した日本のプロレス団体。日本プロレスを退団した豊登とアントニオ猪木を主力選手として1966年に旗揚げされた。東京プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    北朝鮮に対して、比較的友好的な立場を採っていた人々は、日本の世論の大転換を目の当たりにして、日本人拉致事件について言及せざるを得ない状況に追い込まれ、また日本人拉致事件を『捏造』『デッチ上げ』と主張していた人々は、事実認識の誤りを撤回して、謝罪を迫られる状況に追い込まれた。なお、アントニオ猪木のようにこの世論の大転換を疑問視する発言をしている者もいる。ただし猪木は後述のSAPIOでの発言にあるように拉致問題の解決自体に否定的なわけではない。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 平田淳嗣

    平田淳嗣から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    神奈川県立平塚工科高等学校時代から柔道やボディビルで身体を鍛え、その後高校を中退し、渋谷の新聞販売店に住み込みながら新聞配達のアルバイトで生計を立てていたがプロレスラーへの夢は断ちがたく、店長に誘われて1977年10月25日に行われたアントニオ猪木VSチャック・ウェップナーを観戦に行った際に購入したパンフレットに掲載されていた「レスラー募集」の広告を見て、山本小鉄に手紙で入門を直訴する。大田区体育館で行なわれた入門テストに合格し、1978年5月に新日本プロレスに入門。同年8月26日の長野県飯山大会における藤原喜明戦でデビュー。「長州2世」と呼ばれ前田明らと前座で戦っていたが、1982年11月にメキシコ遠征に出発。メキシコではエル・カネックのUWA世界ヘビー級王座に2度挑戦した他、エル・ソリタリオやドス・カラスともタッグを組んだ。1983年にカナダのカルガリーに転戦し、スチュ・ハートが主宰していたスタンピード・レスリングにて、サニー・トゥー・リバーズ(Sonny Two Rivers)のリングネームでインディアン・ギミックのベビーフェイスとして活躍。1983年11月18日にはザ・コブラ(ジョージ高野)から英連邦ミッドヘビー級王座を奪取し、翌1984年3月2日にロン・スターに敗れるまで戴冠した。その姿はモヒカン刈りで、海外で活躍する日本人レスラーを紹介する番組にて、マスクド・スーパースターに挑戦するタイトルマッチが取り上げられたことがある(その時のレポーターは、引退して間もなかった女子プロレスラーのタランチェラ)。またこの当時、マサ斎藤や長州とAWA地区ミネアポリスで接触し、プロレス雑誌で維新軍入りと伝えられたが、帰国命令が出なかったため実現せずに終わる。平田淳嗣 フレッシュアイペディアより)

  • みんなあつまれキーパッパ

    みんなあつまれキーパッパから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    当時月曜から土曜までの帯で放送されていた『ママとあそぼう!ピンポンパン』の人気に便乗し、まだ子供番組のなかった日曜朝でスタートした番組。毎回60人ほどの一般の子供たちをスタジオに招き、のど自慢・カントリーソング・遊び・体操などを行っていた。メインに人気コメディアンのなべおさみを、体操のお兄さん役にプロレスラーのアントニオ猪木を迎えるなど、この時期では異色の子供番組だった。みんなあつまれキーパッパ フレッシュアイペディアより)

  • キラー・カーン

    キラー・カーンから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    その巨体から、海外で通用する選手として期待をかけられ、1976年8月にヨーロッパへ遠征。12月にはアントニオ猪木のパキスタン遠征(アクラム・ペールワン戦)にも同行した。その後、1978年より本格的な海外武者修行としてメキシコに出発する。メキシコではテムヒン・エル・モンゴル(Temjin El Mongol)を名乗り、蒙古人レスラーに変身。1月28日にはエル・トレオにてミル・マスカラスのIWA世界ヘビー級王座に挑戦した。キラー・カーン フレッシュアイペディアより)

  • 棚橋弘至

    棚橋弘至から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    9月27日神戸大会のメインで行われたIWGP王座決定戦=真壁vs中邑のゲスト解説を務めるため放送席で試合を見守る。試合に勝利した中邑が「(IWGP)ベルトに輝きがない」「猪木」とリング上で発言したことに対して「ストロングスタイルの呪いにかかっている」と不快感をあらわにした。10月12日両国大会にてIWGP王座の防衛戦を終えた中邑の前に姿を現す。自身を避ける中邑の眼前にしつこく立ちはだかると、「どうだ、うっとうしいだろ?」と開き直り、続けて中邑に対して「暫定王者」と挑発しIWGP王座次期挑戦者としてアピール。DESTRUCTION'09にて中邑と対戦したがボマイェに敗れ王座奪取とはならず。試合後、バックステージで倒れていると、突如としてTAJIRIが現われグリーンミストを喰らったことから遺恨が再発。11月23日後楽園大会で後藤と共にTAJIRI & 田中組と対戦。G1参戦以降ピンフォール負けを許さなかったTAJIRIから勝利を収めた。その後のシリーズでは立て続けにTAJIRIにフォール負けを喫するも、12月5日愛知大会で再びシングルマッチで激突し、ハイフライフローで勝利を収め抗争に終止符。同月9日、東京スポーツ制定のプロレス大賞で最優秀選手賞(MVP)を受賞した。棚橋弘至 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    アントニオ猪木の代名詞とも言える技。立っている相手に対して、ジャンプして後頭部へ回し蹴りを決める。この技に移行すると見せかけて、相手の膝へ低空ドロップキックを放っていくフェイント技が存在する。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・バックランド

    ボブ・バックランドから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    WWFと提携していた新日本プロレスには1978年5月に初参戦。以降もWWF王者として来日し、たびたび防衛戦を行っている。1979年11月30日に徳島市立体育館でアントニオ猪木に敗れ一時王座を失っているが、1週間後の12月6日、蔵前国技館で行われたリターンマッチの内容(タイガー・ジェット・シンの乱入による無効試合裁定)を不満として猪木が王座を返上。12月17日、マディソン・スクエア・ガーデンにてバックランドとボビー・ダンカンとの間で王者決定戦が行われ、これに勝利したバックランドが再びWWFヘビー級王座に返り咲いた(猪木の王座獲得は、現在のWWEの公式記録には残されていない)。ボブ・バックランド フレッシュアイペディアより)

  • ブルーザー・ブロディ

    ブルーザー・ブロディから見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1976年7月、ブルーザー・ブロディ(Bruiser Brody)に改名してニューヨークのWWWFへ参戦。同年9月4日と10月4日、マディソン・スクエア・ガーデンでブルーノ・サンマルチノのWWWFヘビー級王座に連続挑戦。アンドレ・ザ・ジャイアントとも対戦して知名度を高め、メインイベンターとしての地位を築く。なお、当時のWWWFには、同年4月26日に首折り事件を起こしたスタン・ハンセンも共にサーキットしていた。また、当時は新日本プロレスとWWWFの提携が本格的に開始された頃であり、1977年1月に予定されていたアントニオ猪木のMSGにおける対戦相手候補としてハンセンとブロディの名前が挙がったこともある。当時の日本のプロレス専門誌には「一番強い奴とやりたい。サンマルチノの首を折ったハンセンが一番強いかというと、あれは偶発的なものでハンセンの実力じゃないという声もある。どうもブルーザー・ブロディというのが一番骨があるらしい」などという猪木のコメント記事が載っていた。結局、猪木のMSG登場は延期になり、この対戦は幻に終わっている。1977年にはWWWFとの提携ルートでハンセンが新日本プロレスに来日しているが、ブロディの新日本登場は実現しなかった。ブルーザー・ブロディ フレッシュアイペディアより)

1029件中 101 - 110件表示

「アントニオ猪木」のニューストピックワード

  • 西武のほうがプレッシャーはある

  • U−17イングランド代表MFジェームズ・バラギジ

  • ブルキナファソ代表MFブライアン・ダボ