783件中 121 - 130件表示
  • 絢爛舞踏祭

    絢爛舞踏祭から見たイカイカ

    たった一株しかいない第4異星人。自己繁殖が出来る。見た目タコなのに名前はイカ。料理名と味でコミュニケーションを取る。1周目での初期部署は水雷手。絢爛舞踏祭 フレッシュアイペディアより)

  • ヒシカラスザメ

    ヒシカラスザメから見たイカイカ

    餌は主にイカ・タコで、胃内からかなり大きな眼や嘴が発見されるため、顎はかなり広げることができると考えられる。自身より大きな獲物をどのように捕食するのかは不明だが、Stewart Springerは群れで狩りをする可能性を指摘している。他のカラスザメ類のように無胎盤性胎生で、産仔数は1-3。出生時は全長9cm、雄は18.3-23.6cm、雌は22.0-25.7cmで性成熟する。ヒシカラスザメ フレッシュアイペディアより)

  • ナミシュモクザメ

    ナミシュモクザメから見たイカイカ

    67cm以下の幼体は主にクルマエビ科の を捕食するが、大型個体は硬骨魚、特にハマギギ科魚類やその卵を捕食するようになる。エビやハマギギの粘液・卵にはカロテノイド色素が含まれ、これにより本種の金色の体色が生み出される。ハマギギの色素がエビに由来するものであるかどうかは不明である。同所に生息するキツネホシザメもこのエビを捕食し、本種ほど明るくはないが同様の黄色い体色となる。ワタリガニ科・イカ・ニベ科やアカシュモクザメの幼体を捕食することも知られる。本種の成体はオオメジロザメなど大型のサメに、幼体は大型の硬骨魚にも捕食されると考えられている。体色は保護色として機能するかもしれない。寄生虫として、単生類の Erpocotyle schmitti や、他の種にも寄生する外部寄生性のカイアシ類であるEchthrogaleus coleoptratus ・Pandarus saturus ・P. cranchiiなども知られている。ナミシュモクザメ フレッシュアイペディアより)

  • カイコウラ

    カイコウラから見たイカイカ

    カイコウラ半島と東岬の間に水深1000ファゾムから2000ファゾムのヒカランギ海溝が存在する。暖流と寒流が交差するヒカランギ海溝では漁場が発達し豊富なプランクトンにイカ、リング(タラ科の魚)などの魚が集まり、プランクトン、魚介類をエサにする鯨、イルカが集まってくる。南アルプス山脈から分岐したカイコウラ山脈(シーワード・カイコウラ山脈とも呼ばれる)には、マナカウ山(標高2,608m)、ファイフ山(標高1,602m)ほか山脈が連なる。カイコウラ フレッシュアイペディアより)

  • 1945年の日本の女性史

    1945年の日本の女性史から見たイカイカ

    12月20日 岩手県で母子心中未遂、厳寒の北上川へ子を投げ込み、一家(母と子4人)心中しようとして助けられる。父は出征して未帰還、家族も戦災被災者。戦災保護法などで支給された手当がイカ(烏賊)一ぱいが買えるだけの金額だったことが知られた。1945年の日本の女性史 フレッシュアイペディアより)

  • テッポウエビ属

    テッポウエビ属から見たイカイカ

    食性は雑食性で、藻類や小動物などいろいろなものを食べる。破裂音の衝撃で小魚などを気絶させて捕食することもある。一方、天敵はイカ、タコ、クロダイ、コチ、アナゴなどがおり、食物連鎖上はこれらの餌としても重要である。テッポウエビ属 フレッシュアイペディアより)

  • カリブカスザメ

    カリブカスザメから見たイカイカ

    待ち伏せ型捕食者で、ほとんどの時間を堆積物に埋もれて過ごす。餌は主に底生魚で、ニベ科・ヒメジ科・イボダイ科などが主だが、より素早いアジ科の底生魚なども稀に食べる。次に重要な餌生物はイカで、特に小型個体で比率が高い。カニ・エビ・シャコ・ガンギエイ・二枚貝なども食べることがある。日中・夜間双方で摂餌する。口の幅の50?60%の獲物を選択する傾向にあり、これは最も効率よくエネルギーを得るための最適採食戦略だと予想されている。餌の種類は秋から冬に急激に低下する。小型個体は大型個体よりも多様な餌を食べる。メキシコ湾北部では、主要な餌生物はタイセイヨウニベ () ・(タイ科) ・(ニベ科) ・(イボダイ科) ・メダマヒメジ () ・タイセイヨウヒメジ () ・アメリカケンサキイカ () であった。これらの重要性は、その季節的な個体数変動に応じて変化する。例えば、イカは冬季に重要な餌生物となる。寄生虫としてカイアシ類の が知られている。カリブカスザメ フレッシュアイペディアより)

  • ホンカスザメ

    ホンカスザメから見たイカイカ

    待ち伏せ型の捕食者で、主にカレイを中心とした底生魚を食べるが、ガンギエイや無脊椎動物も捕食する。餌の内容として、魚類ではホンメルルーサ・ニシキダイ・ミゾイサキ属・ホシダルマガレイ属・コケビラメ科の ・ササウシノシタ科の 、イカではヨーロッパヤリイカ・ヨーロッパコウイカ・ダンゴイカ属、カニではヘイケガニ科の ・オオエンコウガニ科の ・オオカイカムリ属の ・エンコウガニ科の ・シワガザミ ・クリガニ科の が報告されている。胃内容物には海草や鳥が含まれていたこともあり、ある例では鵜を1匹丸呑みしていた。各個体は待ち伏せに適した場所を探し回り、良い場所を見つけるとそこに数日に渡って留まる。ホンカスザメ フレッシュアイペディアより)

  • カタクチイワシ

    カタクチイワシから見たイカイカ

    一方、敵はカモメやカツオドリなどの海鳥、サメやカツオなどの肉食魚、クジラやイルカなどの海生哺乳類、イカ、人間など非常に多岐にわたり、人類の利用のみならず食物連鎖の上でも重要な生物である。カタクチイワシは天敵から身を守るために密集隊形を作り、群れの構成員全てが同調して同じ向きに泳いで敵の攻撃をかわす。これは他の小魚にも共通する防衛策である。対する敵はイワシの群れに突進を繰り返して群れを散らし、はぐれた個体を襲う戦法を取る。カタクチイワシ フレッシュアイペディアより)

  • イソスジエビ

    イソスジエビから見たイカイカ

    食性はほぼ肉食性で、貝類や多毛類などの小動物を捕食し、動物の死骸にもよく集まる。このため生息域で手足を水中に漬けてじっとしておくと、スジエビ類が集まってきて鋏脚で肌をついばむのが観察できる。一方、天敵はフグ、カサゴなどの底生肉食魚、イカ、タコ、イソギンチャクなどがいる。イソスジエビ フレッシュアイペディアより)

783件中 121 - 130件表示

「イカ」のニューストピックワード