前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • セルヒオ・ラモス

    セルヒオ・ラモスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2015年夏にイケル・カシージャスがFCポルトへ移籍したことにより、2015-16シーズンからはキャプテンを務める。キャプテン就任直後、「子供の頃からキャプテンになることを夢見ていた。今、その夢が実現した」と語った。また移籍も噂されたが2015年8月17日にレアル・マドリードとの契約を2020年まで延長したと正式に発表した。セルヒオ・ラモス フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ロペス・ロドリゲス

    ディエゴ・ロペス・ロドリゲスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    レアル・マドリードのカンテラ出身。2005-06シーズンにデビューし、2試合(99分)に出場した。UEFAチャンピオンズリーググループリーグのオリンピアコスFC戦に出場したが、リバウドなどに得点を許し、1-2で敗れた。この試合はファン・ラモン・ロペス・カロ監督が初めて指揮した試合だった。スペイン代表の正GKでもあるイケル・カシージャスの存在もあり、レアル・マドリードでの試合出場は限られたものだった。2006-07シーズンは控えGKとしてリーガ・エスパニョーラ優勝を果たしたが、自身の出場はゼロに終わった。UEFAチャンピオンズリーグではグループリーグのディナモ・キエフ戦に出場した。ディエゴ・ロペス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • キコ・カシージャ

    キコ・カシージャから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2015年7月17日、カシージャはレアル・マドリードと5年契約を交わした。エスパニョール移籍時にもレアル・マドリードはカシージャの保有権を50%所有しており、買い取りオプション行使の可能性を予告していた。エスパニョールは一度400万ユーロのオファーを退けており、これを受けてレアル・マドリードはオファーを600万ユーロまで増額したとされている。移籍金は420万ユーロとも報じられているが、正式な金額は明らかにされていない。レアル・マドリードはイケル・カシージャスが退団し、信頼のおけるキーパーを探していた。キコ・カシージャ フレッシュアイペディアより)

  • サッカースペイン代表

    サッカースペイン代表から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ではエストニアやボスニア・ヘルツェゴビナ戦にも勝利し、10戦全勝で予選を終えた。FIFAランキング2位で2010 FIFAワールドカップに臨み、大会での躍進が期待された。南アフリカで開催された本大会グループリーグではスイス、ホンジュラス、チリと同組となり、初戦のスイス戦には0-1で敗れたが、ホンジュラス戦にはビジャの2得点で、チリ戦には2-1で勝利した。決勝トーナメント1回戦ではポルトガルに1-0で勝利し、準々決勝ではパラグアイに1-0で勝利した。1950年大会以来となる4強入りを決め、準決勝のドイツ戦ではカルレス・プジョルが頭で決勝点を決めて決勝に進んだ。決勝のオランダ戦は延長までもつれ込んだが、セスク・ファブレガスのパスからアンドレス・イニエスタが決勝点を挙げ、代表の歴史上初のFIFAワールドカップ優勝を飾った。決勝は非常に荒っぽい試合となり、スペインは5枚、オランダは9枚のイエローカードと1枚のレッドカードを提示され、決勝での最多カード数を更新した。スペインは8得点2失点で大会を終えたが、得点と失点のいずれも大会最少記録となった。また、決勝までの4試合を無失点で終えた初のチームとなり、開幕戦に敗れながら優勝した初の国となった。過去に自国が存在する大陸以外の国で優勝したのはブラジル(スウェーデンで開催された1958年大会、日本と韓国で共催された2002年大会で優勝)だけであり、またヨーロッパ外で開催された大会で優勝したヨーロッパ初の国となった。また、ヨーロッパの他の優勝経験国(イタリア、ドイツ、イングランド、フランス)はいずれも自国開催大会での優勝経験がある。連続するワールドカップと欧州選手権をいずれも優勝したのは1972年大会?1974年大会の西ドイツ、1998年大会?2000年大会のフランスに次いで3チーム目であり、地元開催の大会を含まない達成は史上初となった。スペインは2大会連続でFIFAフェアプレー賞を受賞し、多くの選手が個人賞を受賞した。2失点に抑えたキーパーのイケル・カシージャスはゴールデングローブ賞を受賞し、5得点1アシストのビジャはブロンズボール(優秀選手賞)とシルバーブーツ(得点ランキング2位)を受賞した。サッカースペイン代表 フレッシュアイペディアより)

  • マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル

    マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオルから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2009年、監督にファンデ・ラモスが就任してからは守備の不安もあってガブリエル・エインセが左サイドバックの位置で使われたため、左サイドハーフでプレーする機会が増加。怪我人等でやむを得ない場合や攻撃重視のシステムを用いる場合を除き、左サイドハーフで出場するようになった。マヌエル・ペジェグリーニが監督就任してからも変わらず、主にミッドフィールダーとして出場した。そのシーズンはゴールキーパーのイケル・カシージャスに次ぐ出場試合数、出場時間であり、グティと並んでクラブトップタイ、リーグ全体でも4位となる9アシストを記録した。マルセロ・ヴィエイラ・ダ・シウヴァ・ジュニオル フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2008

    UEFA EURO 2008から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    過去のFIFAワールドカップやユーロで、期待されながらの早期敗退を繰り返してきたスペインだったが、本大会では大会前の国際試合で16戦連続無敗を記録するなど、好調を維持して開幕を迎えた。そして蓋を開けると、本大会限りでの勇退が決まっていたルイス・アラゴネス監督の下、「クアトロ・フゴーネス(4人の創造者)」と名づけられたシャビ、アンドレス・イニエスタ、ダビド・シルバ、セスク・ファブレガスという4人のゲームメーカーを中心として展開される華麗なパスサッカーは、予想以上に大会を席巻した。グループリーグを3連勝で突破すると、準々決勝では永年公式戦で煮え湯を飲まされ続けてきたイタリアにPK戦で勝利し、準決勝ではグループリーグの雪辱を期して挑んできたロシアを返り討ちにし、決勝戦へ進出。決勝では、調子が上がらないながらもしぶとく勝ち上がってきたドイツを終始圧倒し、スコア以上の完勝で44年ぶりの栄冠を手にした。タレント揃いの攻撃陣に加え、相手のスペースをことごとく潰し続けたマルコス・セナ、闘志溢れるプレーでチームを引っ張ったカルレス・プジョル、神がかりなスーパーセーブを連発し、イタリア戦ではPK戦勝利の立役者となったキャプテンイケル・カシージャスなど守備陣の奮闘もあり、「大舞台で勝負弱い」というこれまでのスペインのイメージを完全に払拭した、圧倒的な優勝劇だった。UEFA EURO 2008 フレッシュアイペディアより)

  • 真子秀徳

    真子秀徳から見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2008年SAGAWA SHIGA FCを退団後、2009年からJ2に参入したファジアーノ岡山に移籍。岡山でのチームメートの廣永遼太郎は、真子のことを瞬発力抜群でカシージャスみたいなGKだと自身のブログに記している。2014年限りで現役を引退し、岡山の育成コーチに就任。真子秀徳 フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・バラル

    ダビド・バラルから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    2010年3月20日のレアル・マドリード戦 (1-3) では古巣相手にネットを揺らした。オフサイドトラップをかいくぐって独走すると、イケル・カシージャスの頭上を抜く豪快なシュートで先制点を決めた。しかし、その後レアル・マドリードが3得点し、結局1-3で敗れた。2010年夏には同じポジションにガストン・サンゴイが加わったが、マヌエル・プレシアード監督は1トップを採用することが多かったため、2010-11シーズンもビリッチとのポジション争いを続けた。2011年1月15日にエスタディオ・ムニシパル・エル・モリノンで行われたエルクレスCF戦 (2-0) では試合開始23秒で先制点を挙げ、翌節にホームで行われたアトレティコ・マドリード戦 (1-0) では試合唯一の得点となる決勝点を挙げた。2月12日にホームで行われたFCバルセロナ戦 (1-1) では、ジェラール・ピケを振り切って先制点を挙げ、リーグ戦16連勝中の相手から勝ち点を奪った。5月7日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦 (2-2) では後半ロスタイムにPKで得点して引き分けに持ち込んだ。ダビド・バラル フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・ロドリゲス

    ビセンテ・ロドリゲスから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    1998年にはUEFA U-16欧州選手権に出場し、1999年にはイケル・カシージャスらとともにUEFA-CAF メリディアン・カップを制した。2001年3月のサッカーフランス代表との親善試合でスペイン代表デビューした。2002 FIFAワールドカップの本大会参加メンバーからは落選したが、ポルトガルで開催されたUEFA欧州選手権2004には選ばれ、グループリーグ3試合すべてに出場した。2005年10月、スペイン代表合宿中にカルレス・プジョルに足首を激しく削られ、取っ組み合いの喧嘩になったことがある。2006 FIFAワールドカップのスペイン代表候補27名に残ったが、本大会出場メンバーからは落選した。ビセンテ・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・アランスビア

    ダニエル・アランスビアから見たイケル・カシージャスイケル・カシージャス

    1999年にはU-21スペイン代表としてナイジェリアで開催されたFIFAワールドユース選手権に出場して優勝した(準優勝は日本)。2000年にはU-23スペイン代表としてシドニーオリンピックに出場して銀メダルを獲得した。アランスビアの2歳年下には現在スペイン代表の正GKを務めるイケル・カシージャスがいるが、どちらの大会もアランスビアが正GKだった。ダニエル・アランスビア フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示