インサイダー取引 ニュース&Wiki etc.

内部者取引(ないぶしゃとりひき)またはインサイダー取引(インサイダーとりひき、insider trading)とは、未公開情報を不法に共有・利用して証券市場取引を行い、情報を持たない投資家に損害を与える犯罪的行為をいう。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「内部者取引」のつながり調べ

  • 岩本哲夫

    岩本哲夫から見た内部者取引

    その経営はコミュニケーションを重視しており、全社員が出席する「月次報告会議」では会社の財務内容を細かな数字まで公開、2007年の上場にあたりこの方針が内部者取引を招くとして主幹事となった証券会社が懸念を示したところ、それでは上場自体を取りやめると応じるなど、公開の思想は徹底している。また全社員の顔、名前、趣味などを全て把握、全員の日誌に目を通している。(岩本哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • バークレイズ

    バークレイズから見たインサイダー取引

    2015年8月、イギリスのリテール銀行として最初のビットコイン決済導入計画を表明、2016年4月、イギリスでApple Payによる決済が可能となった。5月31日、行員がインサイダー取引の疑いで逮捕された。(バークレイズ フレッシュアイペディアより)

「内部者取引」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「インサイダー取引」のニューストピックワード