前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たデビッド・ベッカム

    2007年8月12日、同じスペインのバレンシアCFとの獲得レースを制したレアル・マドリードへ加入。移籍金は2500万ユーロとされ、背番号はデビッド・ベッカムの着けていた23に決まった。2007-08シーズン、開幕戦となったアトレティコ・マドリードとのマドリード・ダービーでリーガデビューを果たすと、続くビジャレアル戦で2得点、UDアルメリア戦で1得点を挙げ、その後も中心選手として活躍し、レアル・マドリードのリーグ2連覇に貢献した。2008-09シーズンは背番号10を与えられたが、負傷の影響、更にはリハビリや通院と称してオランダのテレビタレントの女性と不倫を重ねていたことが発覚、離婚と慰謝料を求められ裁判沙汰になるなどして活躍できず結果を残すことは出来なかった。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たリオネル・メッシ

    前述の通り2010年のFIFAバロンドールの有力候補とされていながら最終候補3人にも残ることができなかったスナイデルだが、これはこの年からバロンドールとFIFA最優秀選手賞が統合され、選出方法が変わったことによるものだと報じられた。以前までのバロンドールの選出方法であるジャーナリストによる投票のみを見るとスナイデルはトップの得票を得ており、各国代表の投票によりリオネル・メッシらに逆転されている。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たクラレンス・セードルフ

    2003年4月30日のポルトガル戦で代表デビューを果たす。同年10月11日のUEFA EURO 2004予選モルドバ戦で代表初得点を記録すると、同年11月19日には同予選プレーオフスコットランド第2戦で1得点3アシストの活躍で同国をUEFA EURO 2004本戦出場に導き、自身も本大会のメンバーに選出された。予選終盤での活躍とは裏腹に本大会ではシステムが4-4-2から4-3-3へ変更され中盤の枚数が減り、フィリップ・コクー、エドガー・ダーヴィッツ、クラレンス・セードルフといった百戦錬磨のベテランを揃えていたため、ベンチを暖める時間が多かった。同国は準々決勝で開催国ポルトガルに敗れ、ベスト4で大会を去った。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たフース・ヒディンク

    2003-04シーズン、その卓越したパススキルを存分に発揮しセンターハーフのレギュラーに定着。シーズン計38試合出場、10ゴールを挙げリーグ制覇に貢献し、同シーズンのヨハン・クライフ賞を受賞。2004-05、2005-06シーズンは司令塔としてアヤックスを支えたものの、ライバルであるPSVがフース・ヒディンクの下で全盛期を迎えており、クラブレベルでの特筆した成果を収めることが出来なかった。2006-07シーズン、クラブで背番号10を与えられると、、FKやミドルシュートでゴールを量産。リーグで18得点という成績を残した。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たディエゴ・フォルラン

    2010 FIFAワールドカップでは、グループリーグの日本戦で決勝点となるゴールを決め、ワールドカップ初ゴールを記録。決勝トーナメントでは準決勝まで3試合連続ゴールを決めた。前述の日本戦の他、グループリーグ第1戦のスロバキア戦、逆転の2ゴールを挙げた準々決勝ブラジル戦、勝ち越しゴールを挙げた準決勝ウルグアイ戦の4試合で大会選定のマンオブザマッチに選出される活躍を見せ、オランダの32年ぶりの決勝進出に貢献した。また、大会5ゴールでディエゴ・フォルラン、トーマス・ミュラー、ダビド・ビジャに並ぶ得点王(FWとして併用されない純粋なミッドフィールダーがW杯得点王に輝いたのは、スナイデルが初の快挙)となり、ブロンズブーツ賞とシルバーボール賞を受賞した。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たマルコ・ファン・バステン

    その後、新監督に就任したマルコ・ファン・バステンからも信頼を与えられ、2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のフィンランド戦、アンドラ戦でゴールを挙げる活躍を見せ、同国の2006 FIFAワールドカップ出場に貢献。自身も本大会メンバーに選出された。かつてのアヤックスでのチームメイトラファエル・ファン・デル・ファールトと攻撃的MFのポジションを争い、死のグループと呼ばれたグループCを突破したが、ベスト16で敗退を喫した。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たトーマス・ミュラー

    2010 FIFAワールドカップでは、グループリーグの日本戦で決勝点となるゴールを決め、ワールドカップ初ゴールを記録。決勝トーナメントでは準決勝まで3試合連続ゴールを決めた。前述の日本戦の他、グループリーグ第1戦のスロバキア戦、逆転の2ゴールを挙げた準々決勝ブラジル戦、勝ち越しゴールを挙げた準決勝ウルグアイ戦の4試合で大会選定のマンオブザマッチに選出される活躍を見せ、オランダの32年ぶりの決勝進出に貢献した。また、大会5ゴールでディエゴ・フォルラン、トーマス・ミュラー、ダビド・ビジャに並ぶ得点王(FWとして併用されない純粋なミッドフィールダーがW杯得点王に輝いたのは、スナイデルが初の快挙)となり、ブロンズブーツ賞とシルバーボール賞を受賞した。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たジャンルイジ・ブッフォン

    UEFA EURO 2008では、グループリーグ第1戦のイタリア戦にて、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストが左サイドから上げたアーリークロスを、エリア右からディルク・カイトがヘディングでふわりとあげたボールを、完璧なタイミングで飛び出してきたイタリアのGKジャンルイジ・ブッフォンが僅かに開けてしまったシュートコースに叩き込んだ。このゴールと1アシストの活躍で勝利に貢献。同国はベスト8で敗退したものの、大会を通じて非常に高いパフォーマンスを見せ、欧州サッカー連盟の選ぶ23人のベストプレイヤーの中に選ばれた。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たラファエル・ファン・デル・ファールト

    その後、新監督に就任したマルコ・ファン・バステンからも信頼を与えられ、2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のフィンランド戦、アンドラ戦でゴールを挙げる活躍を見せ、同国の2006 FIFAワールドカップ出場に貢献。自身も本大会メンバーに選出された。かつてのアヤックスでのチームメイトラファエル・ファン・デル・ファールトと攻撃的MFのポジションを争い、死のグループと呼ばれたグループCを突破したが、ベスト16で敗退を喫した。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たインテルナツィオナーレ・ミラノ

    所属した異なるリーグの4チームで、リーグ戦、カップ戦での優勝を経験している攻撃的ミッドフィールダー。インテル・ミラノ時代の2009-10シーズンにはインテルの中心選手としてUEFAチャンピオンズリーグ優勝を含む3冠達成に貢献。オランダ代表では同国代表最多出場記録の保持者であり、2010 FIFAワールドカップでは大会最多タイとなる5得点を挙げオランダの準優勝に貢献した。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「ウェズレイ・スナイデル」のニューストピックワード

  • 今のオランダは2010年よりも優れた才能がたくさんいて、采配の選択肢も当時より豊かだ

  • インテル・ミラノ時代

  • ツイッタートレンド入り