135件中 101 - 110件表示
  • エアロスミス

    エアロスミスから見たシングルカット

    1973年1月、1stアルバム『野獣生誕』(Aerosmith)でデビュー。アルバム収録曲の「ドリーム・オン」(Dream On)がアメリカ東海岸地区のロック系ラジオを中心として注目され、同曲をシングルカット。全米チャート59位(Billboard Hot 100)まで上昇するヒットとなる。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たナイト・イン・ザ・ラッツ

    同年11月、ジョーは新たに「ジョー・ペリー・プロジェクト」を立ち上げてライブ活動を始め、バンドはジョーに代わるギタリストとしてジミー・クレスポを加入しアルバム制作を続行し、制作途中であった6thアルバム『ナイト・イン・ザ・ラッツ』(Night in the Ruts)を完成させた(プロデューサーはゲイリー・ライオンズ)。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たラスト・アクション・ヒーロー

    1973年のデビュー・アルバム『野獣生誕』からのリカット。アルバムのセールスは思わしくなかったものの、「ドリーム・オン」はボストン周辺で高い支持を得ていた。その後、バンドのブレイクとともに再発売され、1976年には全米チャート6位(Billboard Hot 100)まで上昇した。後に、ライヴ・バージョンが映画『ラスト・アクション・ヒーロー』サウンドトラックに提供された。Xboxで発売されているテクモの3D格闘ゲーム『デッド・オア・アライブ・アルティメット』挿入歌としても使用されている。レインボーやブラック・サバスのヴォーカリストだったロニー・ジェイムズ・ディオは、イングヴェイ・マルムスティーンとともに、「ドリーム・オン」をエアロスミスのトリビュート・アルバムでカバーした。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たレコードレーベル

    1984年2月、エアロスミスのボストン公演をジョーとブラッドが訪れる。後日、話し合いの場が持たれてオリジナルメンバーでの再活動が決まり、諸条件(ドラッグ、アルコールからの脱却とマネジメントの刷新)を整えてツアーを開始。レコードレーベルはゲフィン・レコードに移籍する。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た踊る!さんま御殿!!

    日本では日本テレビ系列のバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』メインテーマとして使用されている。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たディスクジャケット

    1997年3月、レコードレーベルがデビュー当時に所属していたコロムビア・レコードに変わり、プロデューサーにケヴィン・シャーリーを迎えた12thアルバム『ナイン・ライヴズ』(Nine Lives)を発表。前作に続き全米チャート1位(Billboard 200)を獲得した。なお、当初のディスクジャケットはヒンドゥー教徒からの反感を買いかねないということで、デザインが変更されている。翌1998年の日本ツアーでは“海外アーティスト初”となる4大ドームツアーを開催した(名古屋・大阪・福岡・東京のドーム球場に加え、横浜アリーナ公演も行った)。また、同年に公開された映画『アルマゲドン』のテーマ曲に起用された「ミス・ア・シング」(I Don't Want to Miss a Thing)が、バンド史上初となる全米シングルチャート1位(Billboard Hot 100)を獲得。MTV Video Music Awardsの「ベスト・ビデオ・フロム・ア・フィルム」を受賞した。同年10月にはライブ・アルバム『ア・リトル・サウス・オブ・サニティ』(A Little South of Sanity)を発表した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たボストン

    はじめはカバー曲中心のパーティバンドのような活動をしていたが、ボストンの「フェンウェイ・シアター」支配人からの紹介により地元有力プロモーターに出会い、マネジメント契約を結ぶ。その後、マネジメント会社の交渉により1972年夏にコロムビア・レコードとの契約が成立した。こうしてエアロスミスはデビューする足掛かりを掴んだ。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た千葉マリンスタジアム

    2013年7月にリリースされたバディ・ガイのアルバム『リズム&ブルース』には、スティーヴン、ジョー、ブラッドの3人がゲスト参加した曲「イーヴィル・ツイン」が収録されている。同年8月に日本公演を開催。QVCマリンフィールドでの公演は“AEROSONIC”と題してB'zと対バン形式のライブを開催し、「ママ・キン」(Mama Kin)をともに披露した。また、シンガポール公演と大阪公演最終日では日本のヒューマンビートボクサーHIKAKINと「ウォーク・ディス・ウェイ」で共演した。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見た第71回アカデミー賞

    映画『アルマゲドン』主題歌。楽曲はダイアン・ウォーレン作。バンド史上初となる全米シングルチャート1位(Billboard Hot 100)を獲得(4週連続)。第71回アカデミー賞「歌曲賞」部門にノミネートされ、MTV Video Music Awardsの「ベスト・ビデオ・フロム・ア・フィルム」を受賞した。その他にも、アメリカの番組で「アメリカ人が選ぶ名曲ベスト100」にて6時間に渡る生放送でマイケルジャクソンを抜き、第1位に選ばれた。後日日本でも6時間に渡りBS-hiで放送された。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

  • エアロスミス

    エアロスミスから見たダン・ウィズ・ミラーズ

    1985年11月、プロデューサーにテッド・テンプルマンを迎えた8thアルバム『ダン・ウィズ・ミラーズ』(Done With Mirrors)を発表。エアロスミス フレッシュアイペディアより)

135件中 101 - 110件表示

「エアロスミス」のニューストピックワード