前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • エイミー・アダムス

    エイミー・アダムスから見たスティーヴン・スピルバーグ

    1999年に『わたしが美しくなった100の秘密』のオーディションに合格して映画デビューした。その後はしばらくテレビドラマのゲスト出演や映画の端役が続いたが、2002年にスティーヴン・スピルバーグが見せた彼女の映像がレオナルド・ディカプリオの目に留まったことがきっかけで長編大作『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン 』に出演。ディカプリオの恋人役という大きな役であったが、さほど注目されず、まだこの時点では、よほどの映画通でなければ知らない無名女優の一人であった。エイミー・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • エイミー・アダムス

    エイミー・アダムスから見たレオナルド・ディカプリオ

    1999年に『わたしが美しくなった100の秘密』のオーディションに合格して映画デビューした。その後はしばらくテレビドラマのゲスト出演や映画の端役が続いたが、2002年にスティーヴン・スピルバーグが見せた彼女の映像がレオナルド・ディカプリオの目に留まったことがきっかけで長編大作『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン 』に出演。ディカプリオの恋人役という大きな役であったが、さほど注目されず、まだこの時点では、よほどの映画通でなければ知らない無名女優の一人であった。エイミー・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • エイミー・アダムス

    エイミー・アダムスから見た中村千絵

    中村千絵 - 『マン・オブ・スティール』、『アメリカン・ハッスル』などエイミー・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • エイミー・アダムス

    エイミー・アダムスから見たクリスチャン・ベール

    2013年に公開された『スーパーマン』シリーズ最新作『マン・オブ・スティール』にクラーク・ケントことスーパーマンの恋人ロイス・レイン役で出演した。また同年公開の『アメリカン・ハッスル』では、クリスチャン・ベールの愛人の女詐欺師シドニー・プロッサー役を演じ、アカデミー主演女優賞にノミネートされた。エイミー・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • エイミー・アダムス

    エイミー・アダムスから見たトニー賞

    2008年公開のトニー賞とピューリッツアー賞を受賞した舞台劇の映画化『ダウト〜あるカトリック学校で〜』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。エイミー・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • エイミー・アダムス

    エイミー・アダムスから見た全米映画批評家協会賞

    転機となったのは2005年の『Junebug』で、同作品でインディペンデント・スピリット賞や全米映画批評家協会賞を受賞。アカデミー助演女優賞にもノミネートされた。受賞は逃したが評論家たちは彼女の演技を高く評価し、突如現れた新星とブレイクし、オファーが殺到した。エイミー・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • エイミー・アダムス

    エイミー・アダムスから見たアメリカ陸軍

    アメリカ陸軍の軍人だった父親の赴任地であるイタリア・ヴィチェンツァで生まれ、コロラド州キャッスルロックで育つ。11歳のときに両親が離婚。エイミー・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • エイミー・アダムス

    エイミー・アダムスから見たダウト〜あるカトリック学校で〜

    2008年公開のトニー賞とピューリッツアー賞を受賞した舞台劇の映画化『ダウト〜あるカトリック学校で〜』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。エイミー・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • エイミー・アダムス

    エイミー・アダムスから見たフーターズ

    高校時代は学校のコーラスに参加したり、地元のダンス・カンパニーでバレエを習っていた。しかし高校卒業後にバレリーナとしての夢を断念し、GAPの店員やフーターズのウェイトレスなどをしていた。その後エンターテイメント・レストランでダンサーとして働くようになる。エイミー・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • エイミー・アダムス

    エイミー・アダムスから見たアカデミー助演女優賞

    転機となったのは2005年の『Junebug』で、同作品でインディペンデント・スピリット賞や全米映画批評家協会賞を受賞。アカデミー助演女優賞にもノミネートされた。受賞は逃したが評論家たちは彼女の演技を高く評価し、突如現れた新星とブレイクし、オファーが殺到した。エイミー・アダムス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「エイミー・アダムス」のニューストピックワード