204件中 121 - 130件表示
  • エクアドル

    エクアドルから見たキューバ革命

    キューバ革命後のラテンアメリカでは魔術的リアリズムが影響力を持ったが、エクアドルもその例外ではなかった。1970年代以降の現代小説においては、『マルクスと裸の女の間に』(1976)でフリオ・コルタサルに勝るとまでの反響を得たホルヘ・エンリケ・アドウムや、ベラスコ・マッケンジー、アリシア・ヤネス・コシーオ、『鷲はなぜ飛び去ってしまったのか』(1979)でアメリカ留学帰りのインディオエリート知識人のアイデンティティの葛藤を描いたグスタボ・アルフレド・ハコメ、『塵と灰』(1979)でピカレスクを義賊として描いたエリエセル・カルデナスなどが有名である。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た新自由主義

    2009年4月26日には大統領選挙および議会選挙を含む総選挙が行われ、コレア大統領が得票率50%以上を得て圧勝し、再選された。新憲法は、社会的な変革や両性の平等、複数民族制などを取り入れている。また、米国の同盟国でなく、自主的な立場を明確にしている。ワシントン・コンセンサスや新自由主義政策と決別することにとどまらず、南米の統合を展望し、エクアドルに南米諸国連合の本部を設置した。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たチンボラソ

    国内中央のシエラをアンデス山脈が南北に貫き、アンデス山脈は西部の、東部の、及び両山脈の間に位置する10の主要盆地よりなる。国内最高峰はオクシデンタル山脈のチンボラソ山 (6,267m) である。幾つかの火山が現在も活動している。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た文化遺産 (世界遺産)

    エクアドル国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が3件、自然遺産が2件存在する。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たサトウキビ

    主食となる作物は、米(138万トン、以下2005年)、トウモロコシ(75万トン)、ばれいしょ(42万トン)、キャッサバ(12万トン)が主力。商品作物では、世界第4位のバナナ(588万トン、世界シェア8.1%)、同7位のカカオ(14万トン、3.6%)、コーヒー(10万トン、1.3%)。世界シェアは低いもののサトウキビの生産量は566万トンに達し、単一の作物としてはバナナに次ぐ。畜産業は馬に集中している。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たクリオージョ

    征服と植民地化による疫病や、ミタ制による酷使により、インディオ人口は植民地時代に大きく減少し、労働力を補填するためにアフリカから黒人奴隷が連行された。その一方でスペイン系のクリオージョが社会の寡頭支配層となり、メスティーソ(混血者)や、故郷の土地を離れて流浪するインディオなどの境界的な階層も出現するようになった。また、住人のカトリック化も進んだ。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たアマゾン熱帯雨林

    1941年にペルー軍がアマゾン地域を侵略し、が勃発した。エクアドル軍はこの戦役に敗れ、アマゾン地域の20万から25万km2の領土をで失うことになった。この戦争はこの後50年間に及びエクアドル・ペルーの両国関係を規定し、さらにはエクアドル人に国民的なアマゾンへの郷愁をもたらすことになった。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見たウマ

    主食となる作物は、米(138万トン、以下2005年)、トウモロコシ(75万トン)、ばれいしょ(42万トン)、キャッサバ(12万トン)が主力。商品作物では、世界第4位のバナナ(588万トン、世界シェア8.1%)、同7位のカカオ(14万トン、3.6%)、コーヒー(10万トン、1.3%)。世界シェアは低いもののサトウキビの生産量は566万トンに達し、単一の作物としてはバナナに次ぐ。畜産業はに集中している。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た奴隷

    征服と植民地化による疫病や、ミタ制による酷使により、インディオ人口は植民地時代に大きく減少し、労働力を補填するためにアフリカから黒人奴隷が連行された。その一方でスペイン系のクリオージョが社会の寡頭支配層となり、メスティーソ(混血者)や、故郷の土地を離れて流浪するインディオなどの境界的な階層も出現するようになった。また、住人のカトリック化も進んだ。エクアドル フレッシュアイペディアより)

  • エクアドル

    エクアドルから見た南米諸国連合

    2009年4月26日には大統領選挙および議会選挙を含む総選挙が行われ、コレア大統領が得票率50%以上を得て圧勝し、再選された。新憲法は、社会的な変革や両性の平等、複数民族制などを取り入れている。また、米国の同盟国でなく、自主的な立場を明確にしている。ワシントン・コンセンサスや新自由主義政策と決別することにとどまらず、南米の統合を展望し、エクアドルに南米諸国連合の本部を設置した。エクアドル フレッシュアイペディアより)

204件中 121 - 130件表示

「エクアドル」のニューストピックワード