1152件中 141 - 150件表示
  • トトメス4世

    トトメス4世から見た古代エジプト古代エジプト

    トトメス4世(Thutmose IV, 在位:紀元前1419年 - 1386年、あるいは紀元前1401年 - 1391年、紀元前1397年 - 1388年)は、古代エジプト第18王朝の第8代ファラオ(王)。即位名はメンケペルウラー。意味は「永遠なるかなラー神の出現」。一般に知られるトトメスの名は「トト神の生み出したもの」の意味である。世に言う『夢の碑文』に記されるところによると、砂に埋もれたスフィンクスを掘り出して救い、スフィンクスの助力によってファラオとなったという。このエピソードは広く知られている。トトメス4世 フレッシュアイペディアより)

  • 文献学

    文献学から見た古代エジプト古代エジプト

    古代の文字の解読を対象とする。古代エジプトやアッシリアの古代文字の解読では19世紀に著しい成果をあげる。1822年のシャンポリオンによるロゼッタ・ストーンの解読以来、多くの試みがなされている。地中海文明を知るにあたって重要な、線文字Aと線文字Bであるが、線文字Bはマイケル・ヴェントリスが古代ギリシア文字として解読したと発表したが、異論もある。線文字Aはいまだ解読されていない。文献学 フレッシュアイペディアより)

  • デンキナマズ

    デンキナマズから見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトの時代からデンキナマズは知られており、エジプト文明の壁画などに記述が見られる。エジプト初期王朝時代(BC3100年)のファラオとして知られるナルメルの化粧板に、王名を示す初期ヒエログリフの表音文字「ナル」として描かれたものが、現在知られている最初の記述である。また12世紀には、アラブ人の医師によってその発電能力が報告されている。水族館ではデンキウナギと並び、発電の様子を展示する目的で飼育されることが多い。また個人のアクアリウムにおいても飼育対象とされるが、感電の危険があるため取り扱いには注意を要する。デンキナマズ フレッシュアイペディアより)

  • クレオパトラ1世

    クレオパトラ1世から見た古代エジプト古代エジプト

    クレオパトラ1世(希:、英:Cleopatra I Syra、紀元前204年頃?紀元前176年)は、古代エジプト、プトレマイオス朝のファラオ・女王(在位紀元前193年-紀元前176年)。父はシリア王アンティオコス3世(大王)、母はラオディケ3世。プトレマイオス5世エピファネスの妻。プトレマイオス6世フィロメトル、プトレマイオス8世フュスコン、クレオパトラ2世の母。クレオパトラ1世 フレッシュアイペディアより)

  • ネクベト

    ネクベトから見た古代エジプト古代エジプト

    ネクベト(Nekhbet)はエジプト神話に登場する女神。古代エジプトにおいて崇拝されていた。ネクベト フレッシュアイペディアより)

  • エジプト数学

    エジプト数学から見た古代エジプト古代エジプト

    エジプト数学(エジプトすうがく、Egyptian mathematics)とは、紀元前3000年から紀元前300年頃の古代エジプトにおいて、主にエジプト語を用いて行われた数学全般を指す。エジプト数学 フレッシュアイペディアより)

  • カイロ・タワー

    カイロ・タワーから見た古代エジプト古代エジプト

    タワーは、エジプト人建築家ナウーム・シェビーブによって設計され、1956年から1961年にかけて建設された。タワーの少し開いたシェル構造は、古代エジプトのシンボルである、ファラオのハス植物を思い起こさせるように意図されている。タワーでは、回転する展望台とレストランで、グレーター・カイロを眺めることができる。1回転にはおよそ70分かかる。カイロ・タワー フレッシュアイペディアより)

  • ネクタネボ

    ネクタネボから見た古代エジプト古代エジプト

    ネクタネボは、古代エジプトの男性名。ナクトネブエフとも。以下のファラオが存在する。ネクタネボ フレッシュアイペディアより)

  • セベク

    セベクから見た古代エジプト古代エジプト

    セベク (Sebek) またはソベク(Sobek) は古代エジプトの神。ソブク(Sobk)、Sochet、Sobki、Soknopaisとも呼ばれ、ギリシアではスコス (Σο?χος、Suchos) とされている。彼の名前は「妊娠するかしないかを決める者」を意味する。母はネイト、妻はレネネトである。セベク フレッシュアイペディアより)

  • カノプス勅令

    カノプス勅令から見た古代エジプト古代エジプト

    カノプス勅令(Decree of Canopus)は、二つの言語、三つの文字からなる碑文である。つまり三つの文字、ヒエログリフ、デモティック、ギリシア文字で、古代エジプトの記念碑であるカノプス・ストーンに著されている。この碑文はファラオであるプトレマイオス3世エウエルゲテスやその妻ベレニケ2世、娘のアルシノエ3世を称えるエジプトの司祭によって紀元前238年に発布された勅令をその内容としている。カノプス勅令 フレッシュアイペディアより)

1152件中 141 - 150件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード