1152件中 151 - 160件表示
  • フュージングガラス

    フュージングガラスから見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトから始まったと伝えられるフュージングの歴史は、モザイクガラスがそのルーツといわれている。フュージングガラス フレッシュアイペディアより)

  • カルトゥーシュ

    カルトゥーシュから見た古代エジプト古代エジプト

    カルトゥーシュ (cartouche) は、古代エジプトで使われていたヒエログリフの文字(記号)の1つで、ファラオの名前を囲む曲線。古代エジプトではシェヌと呼ばれる文字であり、シェンを細長く伸ばしたものである。現在でも壁画などに描かれたファラオの名にカルトゥーシュを確認することができる。カルトゥーシュ フレッシュアイペディアより)

  • ネメス (頭巾)

    ネメス (頭巾)から見た古代エジプト古代エジプト

    ネメス(Nemes)は、古代エジプトの頭巾。ネメス (頭巾) フレッシュアイペディアより)

  • ロインクロス

    ロインクロスから見た古代エジプト古代エジプト

    腰衣のことで、腰周りを紐や布で覆う、または巻く形式。古代エジプト人などに多く見られた衣服の一種で、スカートや下着の祖ともいわれる。古代エジプトでは、時代や身分によってさまざまな丈や巻き付け方がある。ロインクロス フレッシュアイペディアより)

  • 石の板

    石の板から見た古代エジプト古代エジプト

    ユダヤ教では、二組の石の板の十戒の配列は異なった方法で解釈される。ラビのハニナ・ベン・ガマリエルはそれぞれの板に5つずつ戒めがあったと主張するが、複数のセージ (Sage) は、十戒は契約を成立させるものであり、両方の板に記述されるのが適当であるから、一枚に10の戒め、もう一枚にも10の戒めがあったと主張する。このことは、古代エジプトの他国との条約文と比較される。古代エジプトでは他国との条約文は相手国のために複製された。石の板 フレッシュアイペディアより)

  • ソティス周期

    ソティス周期から見た古代エジプト古代エジプト

    ソティス(Sothis)とは古ラテン語でシリウスのことであり、古代エジプトでは、ナイル川の氾濫の予測と農業のために用いられた。ソティス周期 フレッシュアイペディアより)

  • アペプ

    アペプから見た古代エジプト古代エジプト

    アペプ(Apep)は、エジプト神話における悪の化身。古代エジプト語での名は他に、アーペプ(アアペプ、Aapep)、アペピ(Apepi)、アピペ(Apipe)、アポペ(Apope)などが挙げられる。古代エジプト語のヒエログリフは母音を明確に記述しないため、本来の発音ははっきりしない。古典ギリシア語転記であるアポピス('', Apophis)でもよく知られる。アペプ フレッシュアイペディアより)

  • ファラオ

    ファラオから見た古代エジプト古代エジプト

    ファラオ(英語:Pharaoh)は、古代エジプトの君主の称号。しばしば王と和訳される。ファラオ フレッシュアイペディアより)

  • リブ (部族)

    リブ (部族)から見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトでの記録により存在が明らかになった。エジプト第19王朝のメルエンプタハは、カルナックにエジプトとリブの対立の起源や、リブが敗退したことを記録した。リブ (部族) フレッシュアイペディアより)

  • ツチブタ

    ツチブタから見た古代エジプト古代エジプト

    古代エジプトの神、「セト」の頭部はツチブタとされる。ツチブタ フレッシュアイペディアより)

1152件中 151 - 160件表示

「エジプト文明」のニューストピックワード