オセアニア ニュース&Wiki etc.

オセアニア()は、六大州の一つ。大洋州(たいようしゅう)。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「オセアニア」のつながり調べ

  • タケシバオー

    タケシバオーから見たオセアニア

    父チャイナロックはタケシバオーのほか、同じくJRA顕彰馬となっているハイセイコーなどを出しているが、その名が広く知られたのはタケシバオーが出てからであった。母系はオーストラリア産の祖母クニビキから血統表を7代遡ってようやくイギリス産馬が現れるという生粋のオセアニア血統である。なお、母タカツナミこそ不出走馬だったが、クニビキのタカツナミ以降の繁殖成績は良好で、地方競馬で10勝を挙げたほか中央の3重賞で2着の成績を残したスイフトフートや、中央で7勝を挙げたシュアーホースといった活躍馬も出ていた。(タケシバオー フレッシュアイペディアより)

  • 先コロンブス期

    先コロンブス期から見たオセアニア

    先コロンブス期に南アメリカとポリネシアの間の南太平洋を越えて接触があったという学説は幾つかの証拠をもとに支持を受けているが、確たるものと言えるほどではない。ユウガオ(ラゲナリア・シセラリア)や甘藷(イポモエア・バタタス)など南アメリカ固有の植生が先コロンブス期のオセアニアにあったということの説明として、人間的作因による伝播があったという説がある。しかしこのような先コロンブス期接触と移動について考古学的証拠は無い。2007年に「米国科学アカデミー紀要」に掲載された論文は、先コロンブス期後期までに家禽がポリネシアを通って南アメリカに導入されたことを示すDNAや考古学的証拠を示した。これらの所見は同じ雑誌にその後に掲載された論文で批判されており、使われた年代推定に疑問を投げ掛け、別のmtDNA解析を使ってポリネシアに遺伝学的起源があることに不同意を表している。この起源と年代の問題は解決されていない。昔ポリネシア人とアメリカ人の交流が起こったかどうかはともかく、その接触による人類の遺伝子、考古学、文化あるいは言語的遺産について確認できるものは無い。(先コロンブス期 フレッシュアイペディアより)

「オセアニア」のニューストピックワード