オプラ・ウィンフリー ニュース&Wiki etc.

オプラ・ゲイル・ウィンフリー(Oprah Gail Winfrey, 1954年1月29日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、テレビ番組の司会者兼プロデューサー、慈善家である。司会を務める番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』はアメリカのトーク番組史上最高の番組であると評価され、多数の賞を受賞している。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「オプラ・ウィンフリー」のつながり調べ

  • ベーコネーズ

    ベーコネーズから見たオプラ・ウィンフリー

    ベーコネーズは2009年4月24日のオプラ・ウィンフリー・ショーでも話題になり、エッシュとレフコウはSkypeを通じてオプラにインタビューを受けた。番組のゲストとともにこの製品を使ったサンドイッチを食べた彼女が「ベジタリアンでカシュルートなのね!ありがとうジャスティンとデイヴ!皆さんもベーコネーズを買ってね!」と称賛してから、会社のウェブサイトと電話には人が殺到し、「僕らのサーバーはクラッシュした。インターネットも、電話もクラッシュ」するほどだった。それと平行して商品の売り上げは大きく伸びた。レフコウは放送から一年後にそれまでの「ベーコネーズの売り上げは100万瓶を超えた」と発言している。(ベーコネーズ フレッシュアイペディアより)

  • アサ・アール・カーター

    アサ・アール・カーターから見たオプラ・ウィンフリー

    オプラ・ウィンフリーは1994年に『リトル・トリー』を評価したが、後に彼女の推薦図書のリストからこの作品をはずしている。ウィンフリーは「自分の中の一部分はこう言っている、『オーケー、その人物が2面性を持っていて、一方ですばらしい話を書き、もう一方で”隔離政策を永遠に”のスピーチを書くことがあっても、いいのではないか』と・・・しかし、やはり私には受け入れられません」と語った。『リトル・トリー』は文学的な見地からも酷評されている。アメリカ図書館協会の会長であるLorene Roy は「オプラ・ウィンフリーが『リトル・トリー』を薦めたのには驚きました。著者の経歴を置いても、この本は単純なプロットと、ステレオタイプな表現が目立つことで知られているからです」と語った。(アサ・アール・カーター フレッシュアイペディアより)

「オプラ・ウィンフリー」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「オプラ・ウィンフリー」のニューストピックワード

  • 抑制的に行うという中身を見て判断いただきたい。

  • 本当にやめてほしい

  • 株式取引が正常に行われることは、自由主義経済の根幹だ。