3101件中 151 - 160件表示
  • バロック音楽

    バロック音楽から見たオペラオペラ

    ルネサンス音楽において声楽は3声部以上を持つものが主流であったが、カメラータでは劇中の音楽として、劇の登場人物が1人で歌唱する作品の形式を発案した。これをモノディー形式と呼ぶ。カメラータの音楽劇の最初のまとまった試みは1598年にヤーコポ・ペーリ(1561年 - 1633年)を中心として行われた音楽劇「ダフネ」の上演であり、これを以てオペラの誕生とする意見もある。モノディー形式の例として今日最も有名なのは、ジュリオ・カッチーニ(1545年頃 - 1618年)の Le nuove musiche(「新音楽」、1601年)である。「新音楽」の作品は、歌手の歌うメロディーと伴奏用の低音パートの2声部に加えて、低音パートに数字を添えて記譜されている。数字は低音の上に奏すべき和音を示しており、これはいわゆる通奏低音の原型とも言うべきものである。モノディー歌曲は、ストロペ(同じ旋律の歌詞を変えての繰り返し)を持たない通作形式であり、レチタティーボの先駆でもある。バロック音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ロマン派音楽

    ロマン派音楽から見た楽劇オペラ

    歌劇においては、バロック・オペラや古典派のオペラで確立されたさまざまな形式が緩められ、うち壊され、互いに溶け合う傾向にあった。ギリシャ神話のようなヨーロッパにとって普遍的な題材よりも、各民族の神話や民話・伝説・歴史に題材が求められた。ワーグナーの楽劇においてこの傾向は頂点に達した。ワーグナーの作品では、アリアや合唱(重唱)・レチタティーヴォ、器楽曲を互いに切り離すことは出来ない。その代わりにあるのは連続した音楽の流れである。ロマン派音楽 フレッシュアイペディアより)

  • グランド・オペラ

    グランド・オペラから見たオペラオペラ

    グランド・オペラ(英語でgrand opera, 本来はフランス語でgrand opéra(グラントペラ))は、19世紀前半のフランス・パリのオペラ座を中心にして流行した、オペラの一様式を表す用語である。この言葉を正確に定義付けるのは難しいが、今日では様々な要素において「大規模」なオペラをグランド・オペラ様式と称することが多い。歴史的題材を採用した台本、数多くのキャスト(主要登場人物)、大規模なオーケストラ編成、豪華な舞台衣装、スペクタクル的な舞台効果などに加えて、音楽面では台詞語りがなく(すなわちドラマ進行はレチタティーヴォによる)、構成上は4幕あるいは5幕の多数幕立てとして、多くの場合バレエを含むことなどが特徴である。もっとも、19世紀前半のフランスでは台詞なしのオペラは、1幕物であってもgrand opéraと称されていたので、歴史文献にあたる場合は若干の注意が必要である。グランド・オペラ フレッシュアイペディアより)

  • 管弦楽法

    管弦楽法から見たオペラオペラ

    リヒャルト・シュトラウスは管弦楽法の大家としてよりも、「管弦楽技法」の大家として著名である。初期の交響詩を始め、中期の交響曲や後期のオペラなどにおいて、物事をオーケストラで描写する実力を如実に示した。そのピアノ譜によるデッサンを弾くのは難解ではあるが、オーケストラで音を出す段階になると、比較的容易で効果的な色彩管弦楽法を見せてくれる。管弦楽法 フレッシュアイペディアより)

  • エリザベート (ミュージカル)

    エリザベート (ミュージカル)から見たオペラオペラ

    1992年9月3日、オペラ演出家として名高いハリー・クプファーの演出により、アン・デア・ウィーン劇場で初演され、6年のロングランを記録する。その後、世界各地で上演されドイツ語ミュージカルとして史上最大のヒット作となった。日本においては、宝塚歌劇団による1996年の初演以来上演が続いており、2000年からは東宝版も上演されている。エリザベート (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • アントニン・ドヴォルザーク

    アントニン・ドヴォルザークから見たオペラオペラ

    ドヴォルザークは、ワーグナー派対ブラームス派の対立が明らかとなった時代に学習期を迎えている。1860年代後半、彼はワーグナーの音楽に心酔し、プラハでワーグナーのオペラを常時上演していたドイツ劇場(スタヴォフスケー劇場)に足繁く通った。1871年に作曲したオペラ『王様と炭焼き』第1作には、ライトモティーフの使用や切れ間なく続く朗唱風の音楽に、ワーグナーの影響が明らかに見て取れる。しかし、この作品は失敗作と見なされ、初演を迎えることはなかった。ドヴォルザークは、この『王様と炭焼き』第1作と全く同じ台本に異なった音楽をつけ、ナンバー・オペラに仕立てた『王様と炭焼き』第2作以降、徐々にワーグナーの影響下を脱していく。こうしたドヴォルザークの才能にいち早く着目したのは、ワーグナーと相対していたブラームスである。ドヴォルザークは、ブラームスや「ブラームス派」の音楽評論家エドゥアルト・ハンスリックらの推挙によって作曲家としての地位を築いた。彼は、こうした先人たちの残した豊かな遺産を十全に活用し、ワーグナーから学んだドラマ性、ブラームスも着目する構成力を高い次元で兼ね備えた作曲家であった。アントニン・ドヴォルザーク フレッシュアイペディアより)

  • リコルディ

    リコルディから見たオペラオペラ

    リコルディ(Casa Ricordi)は、イタリア・ミラノに本拠をおく楽譜出版会社。19世紀から20世紀初頭のイタリア・オペラ隆盛期にあって、ベッリーニ、ドニゼッティ、ヴェルディそしてプッチーニの楽譜出版をほぼ独占、時には彼らの新作オペラ作曲プロセスにも深く関与するなどしたことで有名である。リコルディ フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・ドップラー

    フランツ・ドップラーから見たオペラオペラ

    アルベルト・フランツ・ドップラー(, , 1821年10月16日 オーストリア帝国領ガリツィア・ルヴフ - 1883年7月27日 バーデン・バイ・ウィーン)は、フルート曲で有名なハンガリー人の作曲家。生前は、むしろオペラやバレエなどの舞台音楽の作曲家として評価が高かった。また、リスト・フェレンツの『ハンガリー狂詩曲』のいくつかを編曲したことでも知られている。フランツ・ドップラー フレッシュアイペディアより)

  • パリ国立オペラ

    パリ国立オペラから見たオペラオペラ

    パリ国立オペラ(Opéra national de Paris)は、フランスを代表するオペラ、バレエ団体である。文化省が管轄する『商工業的性格の公共機関』(Établissement public industriel et commercial français)の一つで、過去・現在のオペラとバレエ作品の紹介を使命としている。主にパリのガルニエ宮とオペラ・バスティーユで公演している。この団体を指してオペラ座、パリ・オペラ座、パリ国立歌劇場と呼ぶこともある。シーズンは9月に始まり翌年7月まで。パリ国立オペラ フレッシュアイペディアより)

  • LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999

    LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999から見たオペラオペラ

    『LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999』(ライフ・ア・リュウイチ・サカモト・オペラ・いちきゅうきゅうきゅう)は、1999年に坂本龍一が行ったオペラの名称。LIFE a ryuichi sakamoto opera 1999 フレッシュアイペディアより)

3101件中 151 - 160件表示

「オペラ」のニューストピックワード