3101件中 171 - 180件表示
  • 皇太子裕仁親王の欧州訪問

    皇太子裕仁親王の欧州訪問から見たオペラオペラ

    24日、一行はマルタ島に到着した。マルタ島では当時海軍士官として勤務していたケント公ジョージとも面会し、夜には総督の案内でオペラ「オテロ」を観劇している。25日、かつて地中海の闘いで戦没した第二特務艦隊隊員の墓を拝礼する。26日正午、マルタ発。皇太子裕仁親王の欧州訪問 フレッシュアイペディアより)

  • シンデレラ

    シンデレラから見たオペラオペラ

    「チェネレントラ」ロッシーニ作曲でオペラ・ブッファの傑作。原題はイタリア語。1817年にローマで初演。ガラスの靴も意地悪な継母も魔法使いも登場せず、全体的におとぎ話というより大人向けの人情喜劇となっている。シンデレラ フレッシュアイペディアより)

  • 勅使河原宏

    勅使河原宏から見たオペラオペラ

    勅使河原 宏 (てしがはら ひろし、1927年1月28日 - 2001年4月14日) は、日本の芸術家。草月流三代目家元。映画、いけばな、陶芸、舞台美術、オペラなど様々な分野で活躍した。妻は女優の小林トシ子。勅使河原宏 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本亜門

    宮本亜門から見たオペラオペラ

    東京・銀座生まれ。ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い作品を手がけている。これまでの演出作品数は約120本(再演作品含む)。株式会社ホリプロ スポーツ文化部所属。宮本亜門 フレッシュアイペディアより)

  • フィンランドの文化

    フィンランドの文化から見たオペラオペラ

    最初のオペラはドイツ人作曲家フレドリク・パーシウス(en)によって1852年に作られた。パーシウスはフィンランド国歌となっている我等の地のメロディを作曲したことでも知られる。1890年代、民族ロマン主義活動の結果カレワラが広く知られるようになり、ジャン・シベリウスはカレワラを礎にした合唱交響曲クレルヴォを作曲した。その後1899年には彼は交響詩「フィンランディア」を作曲し、この曲はフィンランドの独立成就に重要な役割を果たした。この曲の中間部に現れる非常に有名なメロディには詩人であるヴェイッコ・アンテロ・コスケンニエミによって歌詞が付けられ、今日「フィンランディア賛歌」と呼ばれ第二の国歌として深く親しまれている。また賛美歌「やすかれわがこころよ」としてもうたわれている。フィンランドの文化 フレッシュアイペディアより)

  • アリアーヌと青ひげ

    アリアーヌと青ひげから見たオペラオペラ

    『アリアーヌと青ひげ』()は、ポール・デュカスが1907年に完成させた3幕のオペラ。台本はシャルル・ペローが発表した散文集に収められた「青ひげ」をもとにしたモーリス・メーテルリンク独自の「青ひげ」による。アリアーヌと青ひげ フレッシュアイペディアより)

  • カヴァレリア・ルスティカーナ

    カヴァレリア・ルスティカーナから見たオペラオペラ

    『カヴァレリア・ルスティカーナ』()は、イタリアの小説家、ジョヴァンニ・ヴェルガによる小説(1880年出版)、同人による戯曲(1884年初演)、およびピエトロ・マスカーニが同戯曲に基づいて作曲した1幕物のオペラ(1890年初演)。題名は「田舎の騎士道」といった意味である。今日、特にイタリア語圏以外では最後のオペラ作品が有名となっており、本項でもオペラを中心に記述する。カヴァレリア・ルスティカーナ フレッシュアイペディアより)

  • カッセル

    カッセルから見たオペラオペラ

    16世紀にはすでにカッセルの宮廷でイギリス人の劇団が公演を行ったことが証明されている。ヘッセン=カッセル方伯モーリッツの下、1605年にオットネウムが完成した。これはドイツ初の常設の劇場建築であった。モーリッツは、ドイツ演劇の改革を期待したのだが、それは起こらなかった。重点はその後もイギリス喜劇であり続けた。三十年戦争の始まりに伴い、1621年にカッセルでの演劇活動は機能停止した。ヘッセン=カッセル方伯カールは市内の城館の球技場を喜劇の劇場に改築し、さらに厩舎も時折、オペラや喜劇の上演に利用された。1769年カッセルで最初の歌劇場が造られた。ヘッセン=カッセル方伯フリードリヒ2世によって、現在のオペルン広場で君主の宮殿の活発な改築がなされた。1909年にフリードリヒス広場の南東側にモニュメンタルな新しい建物が造られたが、この建物は1959年にパウル・ボーデの新しい建物に置き換えられた。カッセル州立劇場の劇場支配人はトーマス・ボッケルマンである。州立劇場のオーケストラは、ドイツで最も古いオーケストラの1つであり、1502年に宮廷楽団として初めて記録されている。カッセル フレッシュアイペディアより)

  • 三部作

    三部作から見たオペラオペラ

    三部作(オペラ) - 「外套」、「修道女アンジェリカ」、「ジャンニ・スキッキ」三部作 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ボイル (第3代バーリントン伯爵)

    リチャード・ボイル (第3代バーリントン伯爵)から見たオペラオペラ

    バーリントンは、ヨークシャーの裕福なアングロ・アイリッシュ (Anglo-Irish) (英語版)の貴族の家系に生まれた。「建築家伯爵」として知られており、イギリス、アイルランド両王国でパラディオ様式建築の復興に尽力した。彼は1704年2月、9歳の時に父の死に伴って爵位とヨークシャー及びアイルランドの広大な不動産を受け継いだ。1715年に成人するまでの間、バーリントンのイギリス、アイルランドの土地と政治的権限は彼に替わって、彼の母親で後見人であるジュリアナ未亡人が管理した。バーリントンは幼児期から音楽を好み、ヘンデル (Georg Friedrich Händel、1685年-1759年) はバーリントンハウス に滞在中彼に「タセオ」 (Teseo) (英語版) 、「ガウラのアマティージ」 (Amadigi di Gaula) (英語版) の2曲のオペラを捧げた。ホーキンス (John Hawkins、1719年-1789年、イギリスの作家) (英語版) によると、フランチェスコ・バルサンティ (Francesco Barsanti、1690年-1772年)は「リコーダーのための6つのソナタ Op.1」(6 Sonatas for Recorder and Continuo Op. 1) を捧げた。1714年から1719年に行った3回の海外へのグランドツアー と1726年のパリ旅行は、バーリントンの嗜好を開発する契機となった。彼の建築家としての専門的技術 (常に請負石工業者がサポートする) はイギリス貴族の中で突出したものであった。彼は1719年のヴェネトへの旅行中、アンドレーア・パッラーディオ (Andrea Palladio、1508年-1580年、イタリアの建築家。) の「建築四書」 (I quattro libri dell'architettura) (英語版) を携行し、余白部分に細かな書き込みをした。彼はまた1719年には、当時ステージでのオペラを制作する団体であった王立音楽院 (Royal Academy of Music) (英語版) の主要メンバーの一人であったリチャード・ボイル (第3代バーリントン伯爵) フレッシュアイペディアより)

3101件中 171 - 180件表示

「オペラ」のニューストピックワード