564件中 141 - 150件表示
  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た梶本隆夫

    西宮球場にナイター設備が完成し、5月5日よりナイター試合が行われるようになった。阪急はこの年のナイター試合で26戦21勝と「夜の勇者」のあだ名がつくほど強く、新加入のルーファス・ゲインズが14勝、ラリー・レインズが盗塁王になるなど、8月から9月には首位に立つこともあり、9月2日には大映、阪急、南海の3チームがゲーム差無しのそれぞれ1厘差で並んでいたが、ここから南海が12連勝、逆に阪急は5連敗で優勝争いから後退し、最終的に南海と4ゲーム差の2位で終わっている。オフには梶本隆夫が入団。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た井野川利春

    井野川利春を4番選手兼任監督に迎える。森弘太郎が28勝を挙げ、山田伝が打率5位になるが3年続けて巨人、大阪に次ぐ3位に終わる。1941年、戦局悪化で各球団共に選手の応召が続き戦力が低下するが、森弘太郎がノーヒットノーランを達成するなど30勝を挙げ、最多勝となり、チームも勝率.631の成績を挙げるが、首位巨人と9ゲーム差の2位に終わっている。1942年以降も応召が続き8球団中4位、1943年、選手兼任監督の井野川が応召され西村正夫が監督になるが8球団中7位。1944年、夏季終了時点で応召による選手不足でリーグ戦続行が不可能となり、途中打ち切りとなり3位に終わっている。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た小林一三

    阪神急行電鉄(現阪急電鉄。以下、阪急と記す)は1920年に日本最初のプロ野球球団とされる「日本運動協会」の経営を引き取り「宝塚運動協会」として運営したことがあるが1929年7月に解散しており、後の阪急ブレーブスとの球団としての繋がりはない。しかし小林一三はいずれプロ野球時代が来ると予見していた。1935年に読売新聞社が大日本東京野球倶楽部などが結成したのを受けて、小林は当時アメリカに出張中だったが、出先のワシントンから電報で球団設立を指示し、設立が進められ1936年1月23日に「大阪阪急野球協会」が設立される。発足当時の球団で球場を自前で所有することを計画したのは阪急だけである。小林一三が慶應義塾大学出身だったこともあり、宮武三郎、山下実、山下好一ら慶應のスター選手を入団させ、初代監督にも同OBの三宅大輔を招いた。同年2月5日に結成された日本職業野球連盟に参加。小林一三が、ライバル企業である阪神電気鉄道が立ち上げた大阪タイガースに対抗するため、設立を決意したとも言われる。球団名に阪神急行電鉄の通称である阪急の名称が入っているが、企業名を球団名に入れた日本で最初のプロ野球球団である。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た山下実

    阪神急行電鉄(現阪急電鉄。以下、阪急と記す)は1920年に日本最初のプロ野球球団とされる「日本運動協会」の経営を引き取り「宝塚運動協会」として運営したことがあるが1929年7月に解散しており、後の阪急ブレーブスとの球団としての繋がりはない。しかし小林一三はいずれプロ野球時代が来ると予見していた。1935年に読売新聞社が大日本東京野球倶楽部などが結成したのを受けて、小林は当時アメリカに出張中だったが、出先のワシントンから電報で球団設立を指示し、設立が進められ1936年1月23日に「大阪阪急野球協会」が設立される。発足当時の球団で球場を自前で所有することを計画したのは阪急だけである。小林一三が慶應義塾大学出身だったこともあり、宮武三郎、山下実、山下好一ら慶應のスター選手を入団させ、初代監督にも同OBの三宅大輔を招いた。同年2月5日に結成された日本職業野球連盟に参加。小林一三が、ライバル企業である阪神電気鉄道が立ち上げた大阪タイガースに対抗するため、設立を決意したとも言われる。球団名に阪神急行電鉄の通称である阪急の名称が入っているが、企業名を球団名に入れた日本で最初のプロ野球球団である。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た馬原孝浩

    この年は各選手がキャリアハイレベルの成績を同時に達成し、充実した戦力となったことで6年ぶりAクラスとなる快進撃を見せた。打撃陣では3番や4番を務めた糸井嘉男が、前半戦終了時点で打率、安打、盗塁、出塁率、長打率でトップに立ち、最終的に19本塁打と81打点、31盗塁に加え首位打者と最高出塁率のタイトルを手にする大活躍を見せると、ソフトバンクから移籍したウィリー・モー・ペーニャも32本塁打、91打点の活躍で退団した李大浩の穴を埋め、T- 岡田も24本塁打を放ちチームとして長打力が大幅にアップ。また西武から移籍したエステバン・ヘルマンが30盗塁、安達了一が29盗塁と課題の機動力も大きく向上した。投手陣では最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠に輝き球団史上初の沢村賞を獲得したエース金子千尋に、開幕8戦全勝の球団記録を樹立した西勇輝、さらに9勝を挙げたディクソンら先発陣に、48ホールドポイントを挙げ2年連続ホールド王に輝いた佐藤達也、当時パ・リーグ新記録の40セーブを挙げ初のセーブ王を獲得した平野佳寿に加え、32ホールドの馬原孝浩、パ・リーグ記録の34試合連続無失点を記録した比嘉幹貴、55試合に登板した岸田護ら強力なリリーフ陣の活躍で、リードした試合は落とさない安定した戦いを見せた。4月を首位で終え、ソフトバンクとの熾烈な首位争いを繰り広げ、19年ぶりに前半戦を首位で終える。9月17日には6年ぶりのクライマックスシリーズ進出が決定。ソフトバンクとの優勝争いは続き、9月終盤には残り試合数の関係で一時は2位ながらも優勝マジックが点灯した。10月2日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)、オリックスはこの試合に勝てば残りシーズン2試合を2連敗さえしなければ18年ぶりのリーグ優勝、この試合がシーズン最終戦となるソフトバンクはこの試合に勝てばリーグ優勝という事実上の優勝決定戦を迎える。試合は9回では決着がつかず延長に突入するが、10回裏にサヨナラ負けしたことで優勝を逃し、1位との勝率僅か2厘の差で2位に終わる。日本ハムとのCSファーストステージでは1勝2敗で敗退した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た清川栄治

    1月19日にファームとネーミングライツを契約していた穴吹工務店との契約満了に伴い、10年ぶりにファームのチーム名が「サーパス」から一軍と同じ「オリックス・バファローズ」に変更された。2月23日、ビジター用ユニフォームと球団旗のデザイン変更が発表される(後述)。3月28日、関西プロ野球球団初の球団公式チアリーリングチームがデビューし、4月10日にチーム名「Bs Dreams(ビーズ・ドリームズ)」が発表された。この年は、楽天を退団したホセ・フェルナンデスを加えローズ・アレックス・カブレラ・グレッグ・ラロッカの4人でビッグボーイズを結成するなどし、開幕前の野球解説者の予想でも上位にあげられていたが、これら4人の外国人選手全員が死球などで全員が骨折するなど、極度の不運に見舞われ、主力選手の多くが怪我で離脱した。先発投手陣も、前年大活躍をした小松が開幕から大不振に陥ったのをはじめ、近藤が5月から不調に陥り、復帰した平野も開幕直後に体調不良で戦線離脱、開幕から金子と共に好調を維持していた岸田護も故障で離脱した。さらに、抑えの加藤を擁するリリーフ陣も不安定な投球が目立ち、9月以降は先発要員の金子が抑えに起用された。チームは5月に9連敗、6月に7連敗と大型連敗を繰り返し、6月は4勝14敗と大きく負け越して低迷。6月10日から1軍投手コーチ(ベンチ)の赤堀元之をブルペン、1軍投手コーチ(ブルペン)の清川栄治をベンチに配置転換した。6月18日からは1軍チーフ投手コーチの佐々木修を2軍投手コーチに降格、先日1軍投手コーチとなった清川栄治を1軍チーフ投手コーチに昇格する人事を発表している。しかし、これでも好調の兆しは最後まで見られず、優勝した日本ハムに6勝18敗、2位楽天には4勝19敗1分と大きく負け越すなど苦戦を強いられ、9月にはシーズン3度目の6連敗を喫した。9月9日の対楽天戦で敗戦を喫して2年ぶりにシーズン負け越しが決定。9月27日の対ロッテ戦で引き分けになり、勝率差でロッテに及ばなくなったため、2年ぶりに最下位となった。その責任を受けてGMの中村と監督の大石を解任、後任監督には岡田彰布が就任した。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た上田利治

    福本豊が一番に定着し初めて盗塁王を獲得し、この後福本は13年連続で同タイトルを獲得することになる。山田久志が10勝を挙げるが、打線が低調で4位に終わる。オフに、前広島コーチの上田利治を打撃コーチとして招聘する。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た村上実

    トーナメント制の夏季の大阪大会で首位になっている。5月1日、本拠地球場となる阪急西宮球場が開場、春季は8球団中4位となったが監督の三宅は妥協を許さぬ厳しい姿勢が選手の反発を招いて解任され、村上実が秋季の指揮をとるがチームは投手陣が弱く、粘りがないとされ、8球団中7位に終わっている。村上の後任には山下実がプレイングマネージャーで就任。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た山田久志

    投手陣は米田哲也が29勝、打線ではそれまで9年間で8本塁打の矢野清がこの年27本塁打で「10年目の新人」と呼ばれる活躍を見せる。チームは南海との首位争いとなり、10月11日の共にシーズン最終戦を同率で並び、阪急は対東京戦、2点ビハインドの9回裏に矢野が同点打を放ち、10回裏にサヨナラ本塁打で勝利をおさめている。阪急の試合終了の8分後、同時に試合を行っていた南海が近鉄に敗れたことで、2年連続優勝達成。しかし日本シリーズでも2年連続で巨人に2勝4敗で敗退。ドラフトで後に「花の(昭和)44年組」と呼ばれることになる山田久志、福本豊、加藤秀司が入団。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

  • オリックス・バファローズ

    オリックス・バファローズから見た山田伝

    井野川利春を4番選手兼任監督に迎える。森弘太郎が28勝を挙げ、山田伝が打率5位になるが3年続けて巨人、大阪に次ぐ3位に終わる。1941年、戦局悪化で各球団共に選手の応召が続き戦力が低下するが、森弘太郎がノーヒットノーランを達成するなど30勝を挙げ、最多勝となり、チームも勝率.631の成績を挙げるが、首位巨人と9ゲーム差の2位に終わっている。1942年以降も応召が続き8球団中4位、1943年、選手兼任監督の井野川が応召され西村正夫が監督になるが8球団中7位。1944年、夏季終了時点で応召による選手不足でリーグ戦続行が不可能となり、途中打ち切りとなり3位に終わっている。オリックス・バファローズ フレッシュアイペディアより)

564件中 141 - 150件表示

「オリックス・バファローズ」のニューストピックワード