48件中 11 - 20件表示
  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見たスプリンターズステークス

    その後、前年と同じく安田記念を目指すこととなり、トライアルとしてやはり前年と同じく京王杯スプリングカップに出走する。GI馬ゆえに59kgの斤量を背負うが、見事に逃げ切り勝ちを果たした。そして迎えた安田記念は1番人気、しかし、3コーナーで他馬と接触したのが影響したためか、この年も10着に敗れた。それからまた休養を経て、10月には春のスプリント王の立場で、秋のスプリント王決定戦であるスプリンターズステークスに挑む。しかし、休養明けであるにも関わらず、馬体重は安田記念からマイナス12kg。レースでも直線で伸びを欠き、9着に敗れる。その後もスワンステークス5着、阪神カップ14着と精彩を欠くレースが続いた。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た優駿牝馬

    山元トレセンの火災事故で亡くなったエガオヲミセテは全姉、祖母に優駿牝馬優勝馬ダイナカール、叔母に天皇賞(秋)、優駿牝馬優勝馬の名牝エアグルーヴ、いとこにエリザベス女王杯2勝のアドマイヤグルーヴがいるなど社台グループゆかりの血統を持つ。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た競走馬

    オレハマッテルゼは日本の元競走馬。2006年に高松宮記念で優勝した。馬名は石原裕次郎主演の映画『俺は待ってるぜ』が由来だが、「俺、はまってるぜ(嵌まってるぜ)」とも読め、命名者であり馬主の小田切有一も二通りの読みの可能性を認めている。英語表記は「OREWA MATTERUZE」である。JRAの実況(ラジオNIKKEI)では「OREWAMATTERUZE」と呼ばれた。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た京王杯スプリングカップ

    2005年の5月にオープンへ昇級すると、中1週で京王杯スプリングカップに挑む。これが重賞初出走であったが2着と健闘した。続いて安田記念でGI初出走を果たしたが、このレースは11着に敗れた。それから休養を経て、11月にキャピタルステークスへ出走、これに勝利してオープン初勝利を飾った。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見たフェブラリーステークス

    2007年は初のダート戦となるフェブラリーステークスから始動したが、最下位16着に敗れた。続いて、連覇を狙って高松宮記念に出走。しかし5着に敗れた。さらには京王杯スプリングカップでは3着と、こちらも連覇をすることはできなかった。さらに続いての安田記念では最下位18着に敗れた。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見たエリザベス女王杯

    山元トレセンの火災事故で亡くなったエガオヲミセテは全姉、祖母に優駿牝馬優勝馬ダイナカール、叔母に天皇賞(秋)、優駿牝馬優勝馬の名牝エアグルーヴ、いとこにエリザベス女王杯2勝のアドマイヤグルーヴがいるなど社台グループゆかりの血統を持つ。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た天皇賞

    山元トレセンの火災事故で亡くなったエガオヲミセテは全姉、祖母に優駿牝馬優勝馬ダイナカール、叔母に天皇賞(秋)、優駿牝馬優勝馬の名牝エアグルーヴ、いとこにエリザベス女王杯2勝のアドマイヤグルーヴがいるなど社台グループゆかりの血統を持つ。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た馬主

    2006年の東京新聞杯で、京王杯スプリングカップなどで騎乗した柴田善臣とのコンビが復活する。しかし東京新聞杯は2着、次の阪急杯は3着と勝ち切れない結果が続いた。そこで「距離が短い方がいい」と考えた柴田は、1200mの高松宮記念への出走を進言、これが馬主の意図とも一致したため出走が決定し、そして見事に勝利を収めた。同馬のGI勝ちは、調教師の音無秀孝にとって初、馬主の小田切有一にとっては21年ぶり、騎手の柴田にとっては6年ぶりのGI勝ちであり、陣営にとっては格別の勝利となった。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見たスワンステークス

    その後、前年と同じく安田記念を目指すこととなり、トライアルとしてやはり前年と同じく京王杯スプリングカップに出走する。GI馬ゆえに59kgの斤量を背負うが、見事に逃げ切り勝ちを果たした。そして迎えた安田記念は1番人気、しかし、3コーナーで他馬と接触したのが影響したためか、この年も10着に敗れた。それからまた休養を経て、10月には春のスプリント王の立場で、秋のスプリント王決定戦であるスプリンターズステークスに挑む。しかし、休養明けであるにも関わらず、馬体重は安田記念からマイナス12kg。レースでも直線で伸びを欠き、9着に敗れる。その後もスワンステークス5着、阪神カップ14着と精彩を欠くレースが続いた。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

  • オレハマッテルゼ

    オレハマッテルゼから見た日経ラジオ社

    オレハマッテルゼは日本の元競走馬。2006年に高松宮記念で優勝した。馬名は石原裕次郎主演の映画『俺は待ってるぜ』が由来だが、「俺、はまってるぜ(嵌まってるぜ)」とも読め、命名者であり馬主の小田切有一も二通りの読みの可能性を認めている。英語表記は「OREWA MATTERUZE」である。JRAの実況(ラジオNIKKEI)では「OREWAMATTERUZE」と呼ばれた。オレハマッテルゼ フレッシュアイペディアより)

48件中 11 - 20件表示