オンライン調査 ニュース&Wiki etc.

アンケート()とは、質問調査のこと。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アンケート」のつながり調べ

  • プリキュアシリーズ

    プリキュアシリーズから見たアンケート

    2009年、プロデューサーおよび劇伴音楽をはじめとするスタッフを一新し『フレッシュプリキュア!』が放映された。プロデューサーは演出家出身の梅澤淳稔、シリーズディレクターは『ふたり』シリーズの映画作品を手がけた志水淳児(第16話以降はこれまでのシリーズで演出を手がけた座古明史が引き継ぐ)、シリーズ構成は前川淳、キャラデザは香川久、劇伴音楽はこれまでの佐藤直紀から高梨康治へと変更になる。また前2シリーズにおける体制・定番・継承事項なども大きく変更され、それがストーリーや画風にも表されている。まさにタイトル通りフレッシュなスタッフ陣による作品となる。変更例として「プリキュアが劇中で認知される」「物語の途中で追加プリキュアが登場する」「プリキュアをサポートする人間界の人物が登場する」などが挙げられる。同作品以降は1年ごとに世界観が一新されている。また、「ダンスやファッションなどの関心が高い」というアンケート結果から、ダンス好きな主人公の桃園ラブ / キュアピーチと読者モデルの蒼乃美希 / キュアベリー、登場するキャラクターにも反映されている。初期メンバーはラブ、美希、山吹祈里(愛称ブッキー) / キュアパインの3人で、全員異なる学校へ通っている同い年の幼なじみ。同作品は妖精の世界であるスウィーツ王国と黒幕・メビウスが統べる管理国家ラビリンスは別世界(いわゆるパラレルワールド)のため、妖精の世界が物語開始時点から終盤まで敵に支配されていない構図となっている。物語の序盤、ラビリンスの幹部イースが3人が所持する変身アイテム・ピックルンを奪うべく東せつなと偽名を名乗り近づき、中盤になると正体を明かして対峙する。その後ラブとの決闘で改心するが組織の謀略により絶命してしまう。しかし、ピックルン(アカルン)の力によりキュアパッションに覚醒し、同時にせつなへと転生を遂げ組織を離反する。帰る場所を失ったせつなは3人の説得や友情により共闘を誓い、またラブの計らいで桃園家に居候する展開となり、さらにラブが通う中学校へ編入し同じクラスになる。よってメンバーが4人となる。前述のサポート役として、ラブたちにダンスを教えるミユキ(当初は4人目のメンバーと噂され、いわゆるミスリードを誘う)が「プリキュアの正体を知り協力者となる人物」として登場する。さらに終盤で2人の男性(ウエスターとサウラー)もサポートする。彼らの正体はラビリンスの幹部であるが、メビウスの考えに背き謀反する(『Splash Star』以来の「敵組織を離反してプリキュア側につく元幹部」)。変身方法は「個人の携帯電話に精霊が憑依したアイテムで変身」となる。同作品からエンディングに3DCGが導入され、3Dキャラクターのプリキュアがダンスするようになった。これは前述のアンケートより、「ダンスを好きな子どもが増えている」という調査結果から生まれたものである。玩具売上は作品人気の向上もあり、7月の時点で当初計画の5割増にあたる95万個に計画を上方修正、最終的な売り上げ目標も105億円に修正される。この年からレギュラーシリーズの映画作品だけではなく、前年に上映された『ちょ〜短編』を発展させる形として3月に全作品のプリキュアが垣根を越えて集結したクロスオーバー映画の制作・上映が始まり、同年はその1作目として横浜みなとみらい21を舞台とした『映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!』が上映される。以降2011年まで『DX』シリーズが3本制作されている。(プリキュアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 樋渡啓祐

    樋渡啓祐から見たアンケート

    2017年3月の第3次検証報告会では、東洋大学の松原聡(樋渡との関係については、政治家としての項を参照のこと。)が、「スマイル学習」がもたらしたとされるごくわずかな成績向上について「うれしい結果」と評価しつつも、「統計的に有意な差とは認められない。今後はスマイル学習の優位性を測るための指標やテストの開発も必要だ」と指摘し、研究の軌道修正を伴うさらなる継続を表明した。なお、「スマイル学習」に関わる教育現場の教職員60人に対し東洋大学が意識アンケートを行った際、6割近くの教職員が、今後は「スマイル学習」の実施回数を減らしたいと答えたことも第3次検証報告会で明らかにされた。(樋渡啓祐 フレッシュアイペディアより)

「アンケート」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ