12533件中 131 - 140件表示
  • オキナワアナジャコ

    オキナワアナジャコから見たオーストラリアオーストラリア

    オキナワアナジャコはアジア大陸(インドのケララ、スリランカ、アンダマン・ニコバル諸島からベトナム)の沿岸部に沿うように分布し、またマレー諸島および日本の南西諸島の大部分に、さらにはその南限をオーストラリア北海岸(西オーストラリア州のノースウェストケープからクィーンズランド州中央部)そして、フィジーとサモアオキナワアナジャコ フレッシュアイペディアより)

  • BHPビリトン

    BHPビリトンから見たオーストラリアオーストラリア

    BHPビリトン(ビーエイチピー ビリトン、BHP Billiton)は世界最大の鉱業会社である。2001年にオーストラリアの会社である (BHP) とイギリスの会社で南アフリカで大規模に操業する会社である (Billiton) が二元上場会社となることにより形成された。BHPビリトン フレッシュアイペディアより)

  • エクストリーム・アイロン掛け

    エクストリーム・アイロン掛けから見たオーストラリアオーストラリア

    このスポーツは、イギリスのイースト・ミッドランズ地域にあるレスター(Leicester)の住人、フィル・ショウ(Phil Shaw)が自宅の裏庭で行ったことに始まる。しかし、このスポーツはもはやイギリスだけのスポーツではない。1999年6月、ショウは、「スチーム」というあだ名の通り、蒸気が出るほどに奮起し、このスポーツを広めるための世界遠征に旅立ち、途中アメリカ、フィジー、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカなどに立ち寄った。ニュージーランドでドイツ人旅行者達と出会い、その出会いがエクストリーム・アイロン掛け事務局(Extreme Ironing Bureau, EIB)と、エクストリーム・アイロン掛けドイツ支部(German Extreme Ironing Section, GEIS)の設立のきっかけになった。エクストリーム・アイロン掛け フレッシュアイペディアより)

  • リフトバレー州

    リフトバレー州から見たオーストラリアオーストラリア

    2000年:シドニー五輪2000 1万m走銀メダル(オーストラリア・シドニー)リフトバレー州 フレッシュアイペディアより)

  • パシフィックアジアカーリング選手権

    パシフィックアジアカーリング選手権から見たオーストラリアオーストラリア

    世界カーリング連盟(WCF)の加盟国でパシフィックカーリング連盟を形成する日本、中国、韓国、チャイニーズタイペイ、ニュージーランド、オーストラリア、カザフスタン(2014年から)、香港(2015年から)の8つの国と地域が出場する。なお、環太平洋地域の選手権大会という名称になっているが、同じ太平洋に面しているアメリカとカナダはWCFにより別地域の区分になっているので出場しない。パシフィックアジアカーリング選手権 フレッシュアイペディアより)

  • フランチェスカ・スキアボーネ

    フランチェスカ・スキアボーネから見たオーストラリアオーストラリア

    フランチェスカ・スキアボーネ(Francesca Schiavone, 1980年6月23日 - )は、イタリア・ミラノ出身の女子プロテニス選手。2010年の全仏オープン女子シングルス優勝者で、イタリア人女性として最初の4大大会女子シングルスを制した選手である。2008年の全仏オープン女子ダブルスで、ケーシー・デラクア(オーストラリア)とペアを組んだ準優勝もある。これまでにWTAツアーでシングルス7勝、ダブルス7勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス4位、ダブルス8位。身長166cm、体重60kgの小柄な体格である。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。フランチェスカ・スキアボーネ フレッシュアイペディアより)

  • ガンプラビルダーズワールドカップ

    ガンプラビルダーズワールドカップから見たオーストラリアオーストラリア

    参加国 - 世界13の国と地域。日本、北米(アメリカ、カナダで1枠)、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、中国、香港、韓国、オーストラリア、イタリア(2013年大会)。ガンプラビルダーズワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • ヨラ・ラミレス

    ヨラ・ラミレスから見たオーストラリアオーストラリア

    ラミレスは1957年から1959年まで、全仏選手権の女子ダブルスで同じメキシコ出身のロージー・レイズ(後にピエール・ダーモンの夫人となる)とペアを組んで3年連続決勝進出を果たした。初進出の1957年は、2人はシャーリー・ブルーマー(イギリス)&ダーリーン・ハード(アメリカ)組に敗れたが、1958年の決勝でオーストラリアペアのテルマ・コイン・ロング&メアリー・ベヴィス・ホートン組を 6-4, 7-5 で破り、初優勝を飾った。これはメキシコのテニス選手が獲得した最初のグランドスラム・タイトルである。相手ペアの1人、テルマ・コイン・ロングは全豪選手権女子ダブルス「12勝」を達成した大ベテランで、この時はすでに40歳近くになっていた。1959年の全仏選手権では、ラミレスはレイズとの女子ダブルスに加えて、ビリー・ナイト(イギリス)と組んだ混合ダブルスでも決勝に進出した。女子ダブルス決勝では南アフリカペアのサンドラ・レイノルズ&レネ・シュールマン組に敗れ、ラミレス&レイズ組の全仏女子ダブルス決勝成績は1勝2敗となる。混合ダブルスでは、ラミレスとナイトはシュールマン&ロッド・レーバー組を 6-4, 6-4 で破って優勝した。この後、ラミレスはウィンブルドン選手権4回戦で、全仏選手権の女子シングルス優勝者クリスティン・トルーマンを破る勝利を挙げ、4大大会シングルスで初めての好成績を出した。ヨラ・ラミレス フレッシュアイペディアより)

  • 西澤ヨシノリ

    西澤ヨシノリから見たオーストラリアオーストラリア

    2004年1月19日にオーストラリアのウロンゴン・エンターテイメントセンターで、WBA世界スーパーミドル級王座に初挑戦。王者アンソニー・ムンディン(オーストラリア)から序盤にダウンを奪う健闘を見せたが、5回43秒TKO負けを喫し、王座獲得に失敗した。西澤ヨシノリ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・オスナ

    ラファエル・オスナから見たオーストラリアオーストラリア

    ラファエル・オスナは1958年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのメキシコ代表選手になり、彼の時代にメキシコ・チームは空前の強さを誇っていた。1958年のデビスカップ「ヨーロッパ・ゾーン」2回戦が彼のデビュー戦で、5月16日-18日にかけてフィンランド・チームに「5勝0敗」で快勝したが、6月6日-8日のヨーロッパ・ゾーン準々決勝でポーランドに「2勝3敗」で惜敗する。デ杯初登場から2年後の1960年、オスナは南カリフォルニア大学時代からの親友デニス・ラルストンとのペアでウィンブルドン選手権男子ダブルス部門に初優勝を飾った。1962年にメキシコはデ杯で初めての「ワールドグループ」決勝に進出したが、12月26日-28日の決勝でオーストラリアに「0勝5敗」で全敗し、初優勝はならなかった。当時のオーストラリア代表選手には、この年に男子テニス史上2人目の「年間グランドスラム」を達成したロッド・レーバーもいて、オスナはレーバーに全く歯が立たない敗北を喫してしまう。ラファエル・オスナ フレッシュアイペディアより)

12533件中 131 - 140件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード