12533件中 141 - 150件表示
  • 2008年の気象・地象・天象

    2008年の気象・地象・天象から見たオーストラリアオーストラリア

    オーストラリア東部では2?5月、7月に低温となったが、10月以降高温や少雨となった。東南アジアや東アジアの沿岸部では、6月?9月に梅雨や台風による大雨が相次いだ。ヨーロッパでは1月と3月?5月に低気圧が良く通過したが、5?6月になると北アフリカも含めて各地で高温や大雨となった。8月?9月にも地中海沿岸や南欧で高温や大雨に見舞われた。アメリカ南部や中米・カリブ海では、8月から9月にかけて相次いでハリケーンの被害が発生した。8月?10月にかけて、南米東部では高温となった。11?12月は南米各地で高温、ヨーロッパ・極東・北米では寒波と高温が交互にやってきた。2008年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・ラフター

    パトリック・ラフターから見たオーストラリアオーストラリア

    パトリック・マイケル・ラフター(Patrick Michael Rafter, 1972年12月28日 - )は、オーストラリア・クイーンズランド州出身の元男子プロテニス選手。1997年・1998年全米オープン男子シングルスで大会2連覇を達成した選手である。ATPツアーで全米オープン2勝を含むシングルス11勝、ダブルス10勝を挙げた。身長185cm、体重86kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。パトリック・ラフター フレッシュアイペディアより)

  • ライフセービング

    ライフセービングから見たオーストラリアオーストラリア

    海におけるライフセービングは、特にサーフ・ライフセービング(:en:Surf lifesaving)と呼ばれ、主にオーストラリアで発展した。海流、波や津波、潮汐や高潮、危険な海洋生物など海洋に適した技術や知識が問われる。サーフ(磯浜)を省いてライフセービングと略すことも多い。サーフ・ライフセービング技術を競うことから派生したスポーツは、単にライフセービングと呼ばれる。詳しくはライフセービング (スポーツ)を参照ライフセービング フレッシュアイペディアより)

  • エンデバー (帆船)

    エンデバー (帆船)から見たオーストラリアオーストラリア

    表向きの指令は完遂され、エンデバー号は南半球を航行する「秘密任務」に引き続いて従事した。エンデバー号はタヒチからニュージーランドへ向かい、マオリからの妨害にさらされながらも、同地の海岸線の測量を6ヶ月行なった。ニュージーランドからオーストラリアの沿岸へ西に航行し、1770年4月19日にオーストラリア大陸を発見した。4月29日現在カーネルとして知られる地点で、クックと一行はオーストラリア大陸に最初の上陸を行なった。当初クックはこの入り江に多くのエイが見られたので、入り江をアカエイ湾と命名したのだが、後に植物学者湾と改められ、最終的には、植物学者のジョゼフ・バンクス、ダニエル・ソランダー、ヘルマン・スペーリングによって採集された多くの固有種にちなんで、ボタニー湾 (植物学湾) と呼ばれるようになった。エンデバー (帆船) フレッシュアイペディアより)

  • 伊百二十一型潜水艦

    伊百二十一型潜水艦から見たオーストラリアオーストラリア

    太平洋戦争緒戦では目的どおり機雷の敷設任務に従事したが、オーストラリアのダーウィン付近で伊124が戦没。その後ミッドウェー海戦に呼応した二式大艇でのハワイ偵察の支援のため、機雷庫をガソリンタンクに改造したが作戦は中止になる。ガダルカナルの戦いが始まると本型もソロモン方面へ進出するが伊123がガ島沖で戦没した。1943年(昭和18年)に入ると残った2隻は老齢のため第一線を退き、練習潜水艦とされた。1945年(昭和20年)に入り伊122が日本海で撃沈され、伊121のみが残存、戦後に海没処分された。伊百二十一型潜水艦 フレッシュアイペディアより)

  • タヌキモ属

    タヌキモ属から見たオーストラリアオーストラリア

    タヌキモ属の種は、淡水域であればあらゆる環境で生育できるが、南極や一部の太平洋の島などには自生していない。また、もっとも種数が多い地域は、南アメリカ次いでオーストラリアである。多くの食虫植物と同様、タヌキモ属はミネラル分の溶存量が少ない湿った土壌や、腐植質の土壌で生育する。水溶性のミネラルが流水によって失われるような、非常に湿潤な土壌では、食虫の能力が明白な利点となって、タヌキモ属が、サラセニアやモウセンゴケといった他の食虫植物と一緒に生育していることもある。タヌキモ属 フレッシュアイペディアより)

  • 女も男もなぜ懲りない

    女も男もなぜ懲りないから見たオーストラリアオーストラリア

    オーストラリアの建国200年記念を翌年に控え、シドニーやパースなどでロケーション撮影された。女も男もなぜ懲りない フレッシュアイペディアより)

  • ザトウクジラ

    ザトウクジラから見たオーストラリアオーストラリア

    尚、前述の回遊する習性から、南極周辺のザトウクジラは繁殖時期には赤道近くのオーストラリアなどへ移動している。ザトウクジラ フレッシュアイペディアより)

  • ニューギニア島

    ニューギニア島から見たオーストラリアオーストラリア

    オーストラリアとはトレス海峡を隔てその北側にある。パプア島 ()・イリアン島 ()とも呼ぶ。ニューギニア島 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤直子

    佐藤直子から見たオーストラリアオーストラリア

    永田町小学校(現麹町小学校)在学中からテニスに親しみ、全日本テニス選手権の「15歳以下」の部門に12歳で優勝。16歳から単身で海外遠征を始め、1973年からアメリカのヒューストン大学に留学する。1976年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップの日本代表選手となり、1980年までその位置にあった。1977年の全豪オープンは、年頭の1月開催と年末の12月開催の2回行われた。佐藤が女子シングルスのベスト8に入ったのは、年頭の1月開催の大会である。当時の全豪オープンは参加者が非常に少なく、32人の選手による5回戦制のトーナメントであったが、佐藤は2試合に勝った後の準々決勝でカレン・クランツケ(オーストラリア)に 3-6, 6-4, 0-6 で敗れた。12月開催の大会でも活躍し、2回戦でイボンヌ・グーラゴング・コーリーに 4-6, 0-6 で敗れている。佐藤直子 フレッシュアイペディアより)

12533件中 141 - 150件表示

「オーストラリア」のニューストピックワード