前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示
  • 喫茶店

    喫茶店から見たスターバックス

    1990年代 - 日本へスターバックスなどシアトル系チェーン店が進出。コーヒー一杯を300円から500円で提供する。一方で古民家を改築した和風喫茶などもブームに。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たドトールコーヒー

    1980年代 - セルフ式コーヒーチェーン店のドトールコーヒーが誕生(2006年現在、日本国内で一番店舗数の多い喫茶店でもある)。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たコーヒー

    喫茶店(きっさてん)とは、コーヒーや紅茶などの飲み物、菓子・果物・軽食を客に供する飲食店のこと。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たカフェ

    日本では、フランスのカフェを意識した店舗などを中心に「カフェ」と呼ばれることも多い。和風の茶房(さぼう)や茶寮(さりょう)という呼び方もある。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た自動販売機

    ただし、食品衛生法が規定する喫茶店営業は基本的には店内で飲料以外の調理や製造をしない営業と解釈されており、駅や百貨店などにあるジューススタンドやケーキ販売店に付随した喫茶コーナーがこれに当たる(しかし、酒類を提供する場合は調理を行わなくても飲食店営業の許可が必要である)。従って、食事類を提供する喫茶店を営業する場合は飲食店営業の許可が必要である。また、カップ式の自動販売機や、近年スーパーマーケットなどに設置されている水の自動販売機も、上水道に接続されていることなどから、喫茶店営業の許可が必要となる。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た岐阜市

    また、市町村レベルの人口1万人あたりの店舗数では、大阪市が24.1軒で全国1位であり、以下、高知市、名古屋市、岐阜市の順となっている。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た食品衛生法

    食品衛生法施行令第35条は、喫茶店営業を、「喫茶店、サロンその他設備を設けて酒類以外の飲み物又は茶菓を客に飲食させる営業をいう。」としている。食品衛生法施行令が定める喫茶店営業では茶菓を提供できる。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た名古屋市

    また、市町村レベルの人口1万人あたりの店舗数では、大阪市が24.1軒で全国1位であり、以下、高知市、名古屋市、岐阜市の順となっている。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見たケーキ

    コーヒーや紅茶などの飲み物を提供したり、菓子(ケーキ、茶菓 等)や、フルーツを用いた甘味や、サンドイッチ等の軽食を提供する飲食店である。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

  • 喫茶店

    喫茶店から見た神戸市

    1878年 - 神戸元町の「放香堂」が店頭でコーヒーを提供(元町3丁目に茶商として現存)。喫茶店 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
98件中 1 - 10件表示

「カフェ」のニューストピックワード