497件中 101 - 110件表示
  • ヒキガエル科

    ヒキガエル科から見たカラスカラス

    漢籍においては、「」は兎(ウサギ)とともに月の象徴。月中蟾蜍。夫の羿を裏切って一人で不老不死になろうとした嫦娥と言う仙女の伝説が由来である。日烏と呼ばれる3本脚のカラスが太陽を象徴したのに対して、月には陰気の動物であるヒキガエル(蟾蜍)またはウサギ(月兎)が棲むとされた。東アジアの美術にしばしば登場するモチーフである。「蟾蜍」の名はまた、文具の「水滴」の別称にも流用されている。ヒキガエル科 フレッシュアイペディアより)

  • 男なら

    男ならから見たカラスカラス

    3番の歌詞には、「三千世界のを殺し、主と朝寝がしてみたい」というフレーズがあるが、これは高杉晋作が詠んだ都々逸が元になっていると言われる。また、晋作自身も歌詞に登場する。男なら フレッシュアイペディアより)

  • カラス口

    カラス口から見たカラスカラス

    カラス口(からすぐち、烏口、)は、製図用の特殊なペンで、ペン先の形状がのくちばしに似ていることからこの名で呼ばれる。「烏」が常用漢字でないため、カラス口と表記されることが多い。カラス口 フレッシュアイペディアより)

  • ラッペン

    ラッペンから見たカラスカラス

    「ラッペン」という言葉は、13世紀のフライブルク・イム・ブライスガウで鋳造されたペニヒ硬貨に由来する。この硬貨にはワシが刻印されていたが、人々はこれを馬鹿にしてカラス(南部方言でRappe、標準ドイツ語ではRabe)と呼んだ。長く鋳造されるにつれて、本物のカラスの絵が刻印されるようになった。ラッペン フレッシュアイペディアより)

  • テュスフィヨール

    テュスフィヨールから見たカラスカラス

    冬、フィヨルドには世界でも指折りのニシンの大群がやってきて、それを追うクジラやシャチも到来する。これを見ようと遠くからやってくる観光客もいるが、それほど多くはない。2008年からはニシンやシャチの数が少なくなった。ネズミイルカ、ロブスター、オジロワシ、カラス、カワウソ、ヘラジカなども見られる。テュスフィヨール フレッシュアイペディアより)

  • 藤原仲成

    藤原仲成から見たカラス

    大同3年(808年)に2羽のが若犬養門の樹の枝上で翼を寄せ合い頭部を交互にした状態で一緒に死んだ。烏は一日中落ちてこなかったため、遂にある者が打ち落とした。これを見聞きして、人々は藤原仲成・薬子兄妹が罪人となる予兆だと噂したという。藤原仲成 フレッシュアイペディアより)

  • コルボー

    コルボーから見たカラスカラス

    コルボー フレッシュアイペディアより)

  • ふしぎトーボくん

    ふしぎトーボくんから見たカラスカラス

    人間以外の生物との会話能力は広範囲に及び、作品中では、犬、猫、ネズミなどの哺乳類、インコ、スズメ、ニワトリ、カラスなどの鳥類、ハエ、トンボなどの昆虫類、マンジュシャゲなどの植物、宇宙人と宇宙人のペットと会話をしている。地球やその他の天体との交信も可能である。また、UFOが見える能力や予知能力もあり、地震予知ができ、ジャンケンに負けない特技を持つ。物語の終盤では、人間、動物に限らず相手のウソを見抜く能力もあることが明らかになる。ふしぎトーボくん フレッシュアイペディアより)

  • アメリカワシミミズク

    アメリカワシミミズクから見たカラスカラス

    森林や農耕地に生息する。夜行性。タカやカラスの古巣、樹洞で子育てをする。アメリカワシミミズク フレッシュアイペディアより)

  • 毛利松平

    毛利松平から見たカラスカラス

    外務政務次官、衆院大蔵委員長、自由民主党副幹事長などを経て、1974年第2次田中角榮内閣第1次改造内閣にて環境庁長官となる。在任中は環境庁長官として初めて名古屋新幹線騒音公害の視察を行うなど「行動する長官」をアピールしたが、南アルプススーパー林道建設問題では地域経済の発展も重視する立場から、現地視察の上「自然はスズメやカラスのためにだけあるのではない」と述べ、着工を容認した。毛利松平 フレッシュアイペディアより)

497件中 101 - 110件表示