カルレス・プジョル ニュース&Wiki etc.

カルラス・プジョル・サフォルカーダ(Carles Puyol Saforcada IPA:pu?jol i s?fu??kað?, 1978年4月13日 - )は、スペインカタルーニャ州ラ・ポブラ・デ・セグール出身の元サッカー選手。ポジションはDF(センターバック、右サイドバック)。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「カルレス・プジョル」のつながり調べ

  • マルティン・カセレス

    マルティン・カセレスから見たカルレス・プジョル

    2008年6月4日に4年契約でFCバルセロナに完全移籍し、違約金は5000万ユーロに設定された。FCバルセロナからビジャレアルCFには1650万ユーロ(約26億8000万円)の移籍金が支払われている。背番号は2番。2008-09シーズンは2度の負傷やジョゼップ・グアルディオラ監督の判断などであまり出場機会を得られず、怪我から復帰した後も主将のカルレス・プジョル、ジェラール・ピケ、ラファエル・マルケスに次ぐ4番手のセンターバックという立ち位置は変わらなかった。しかし、好調を維持したクラブはコパ・デル・レイ、リーガ・エスパニョーラ、UEFAチャンピオンズリーグの3冠(トレブル)を達成し、控え選手ではあったものの優勝に貢献した。(マルティン・カセレス フレッシュアイペディアより)

  • 2018 FIFAワールドカップ

    2018 FIFAワールドカップから見たカルレス・プジョル

    抽選会の司会進行は元イングランド代表FWであるゲーリー・リネカーとロシアの女性サッカージャーナリストであるマリア・コマンドナヤが務めた。ドロワーは開催国のロシアと歴代優勝国の元代表選手の中から選ばれ、ローラン・ブラン、ゴードン・バンクス、カフー、ファビオ・カンナヴァーロ、ディエゴ・フォルラン、ディエゴ・マラドーナ、カルレス・プジョル、ニキータ・シモニャンの8名が務めた。このうちフォルランとシモニャンを除く6名は、実際に優勝した代表チームの一員である。なお、優勝国から唯一ドロワーに選ばれていないドイツからは、ミロスラフ・クローゼがワールドカップトロフィーを持ってステージに壇上した。(2018 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)