184件中 101 - 110件表示
  • ガーナ

    ガーナから見た国際ボクシング連盟

    元世界チャンピオンのアイク・クォーティ(WBAウェルター級)やジョシュア・クロッティ(IBFウェルター級)など、単なる一王者ではなく、世界水準でも評価の高い好選手を輩出している。またアズマー・ネルソンは、ガーナのみならずアフリカボクシング界全体の象徴になるまでの評価を得た選手である。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た狩猟

    この地域が注目されるのは、紀元前2000年紀のキンタンポ文化の出現からである。新石器時代後期に位置づけられるこの文化の人々は、森林とサヴァンナの境界地帯に住み、交易を行いつつも狩猟と採集によって暮らしていた。2世紀頃からハニ遺跡で製鉄がおこなわれたことがわかっている。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た英連邦王国

    1956年にはンクルマの下に自治政府が成立し、翌1957年に東隣のイギリス領トーゴランドと合わせて独立を達成し、ブラック・アフリカ初の独立国となった。独立当初のガーナはイギリス国王を立憲君主に頂く英連邦王国であったが、1960年に共和制へ移行し、ンクルマが初代大統領となった。ンクルマは汎アフリカ主義を掲げ、冷戦下において社会主義圏(東側諸国)やギニアとの友好関係を強化し、財政強化に努めたが、債務超過など失政を招き1966年にクーデターで失脚した。政権を掌握した国家解放評議会はンクルマの政策から脱し、1969年には選挙を実施した。同選挙でコフィ・ブシアが首相に選ばれ民政に移管したが、反ンクルマ政策による中心主義的な政策が国内の諸民族の反発を招き、1972年にはイグナティウス・アチャンポン将軍がクーデターを起こし、政権を握った。しかし、国情は安定せず、経済停滞から幾度か政変が発生した。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たイギリス人

    15世紀にはポルトガル人が到来し、エルミナなどに城塞を築き、奴隷貿易の拠点とした。その後、金が産出することがわかると「」と呼ばれるようになった。その後、ドイツ人やデンマーク人、イギリス人、オランダ人が来航し、金と奴隷の貿易を奴隷制が廃止される19世紀まで続けた。大西洋三角貿易により多くの人々がアメリカ大陸に連行され、1776年に独立したアメリカ合衆国においては、労働力として使われることとなった。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た福島県立医科大学

    日本との関係では、野口英世がイギリスの植民地下のガーナで黄熱病の研究中に死去しているなど、古くから関係があり、英世の故郷である福島県の福島県立医科大学が医師を派遣するなど関係も深い。日本の援助で、1979年にガーナ大学に研究所が設立された。また2006年には、千葉県浦安市等から自転車等の無償援助を受けている。2009年の国際交流基金による日本語教育機関調査では、ガーナにおける日本語学習者の数は906人であり、サハラ以南では、中央アフリカ、マダガスカル、ケニアに継ぐ第4位である。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た英語

    公用語は英語であり、その他にアカン語、ダバニ語、エウェ語、ガー語などが使われる。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たステップ気候

    ケッペンの気候区分によれば、中東部では熱帯気候(Aw)を示し、平均気温は25℃以上ある。一方南部は亜熱帯高圧帯に近づくため、乾季と雨季が明瞭になりステップ気候(BS)となる。中部、北部はサバナ。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た医療制度

    2010年では、人口10万あたり医師は15人、看護師93人であり、GDPの5.2%が保健支出であった。ガーナ市民はプライマリヘルスケアにアクセスする権利がある。ガーナの医療制度はアフリカ諸国において最も成功したものであるとビル&メリンダ・ゲイツ財団は評している。2012年では、15-49歳成人のHIV罹患率は1.40%であった。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見た熱帯気候

    ケッペンの気候区分によれば、中東部では熱帯気候(Aw)を示し、平均気温は25℃以上ある。一方南部は亜熱帯高圧帯に近づくため、乾季と雨季が明瞭になりステップ気候(BS)となる。中部、北部はサバナ。ガーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガーナ

    ガーナから見たガーナ空軍

    1979年に軍事クーデターを起こしたジェリー・ローリングス空軍大尉が政権を掌握し、民政移管期間を挟んで1981年に完全な軍政を敷いた。ローリングスはガーナ経済再建のためにIMFや世界銀行の構造調整計画を受け入れ、所得格差の拡大と共に、ガーナ経済と政治の安定化を達成した。ローリングスは複数政党制を認めた1992年の選挙で大統領に選出され、軍政から民政移管した。これを受けて、政治をボイコットしてきた野党も国政に参加を表明し、国情は安定を迎えた。ローリングスは2001年まで大統領を務め、後任には選挙に勝利した新愛国党のジョン・アジェクム・クフォーが大統領に就任した。ガーナ フレッシュアイペディアより)

184件中 101 - 110件表示

「ガーナ」のニューストピックワード