前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
222件中 1 - 10件表示
  • 韓国料理

    韓国料理から見たキムチキムチ

    一食の構成は、メインメニュー(多くはスープ類)に御飯(白米、赤米や、その他の穀物を炊き合わせた雑穀米など)と、キムチ、ナムル等のおかず(ミッパンチャン)が数種類という組み合わせであり、韓定食の飯床(パンサン)のルール(「韓定食の献立」で後述)にある程度従っている。食堂ではキムチなどのミッパンチャンは無料で供され、お代わりも自由である。粥や麺類等は点心(軽食)とみなされ、おかずの種類が少なめの小膳が組まれることが多い。一般におかず類の味付けには醤油、胡麻油、ニンニク、ネギ、生姜、唐辛子等による合わせ調味料「ヤンニョム(薬念)」を用いる。肉は、牛、鶏、豚、又その内臓も使う。野菜や山菜からなるナムルは各家庭で常備してあり、毎回の食事で多種類のおかずが食卓に並ぶように配慮するのが一般的である。朝鮮半島にはヌロンイという食用犬種が存在し、韓国では犬肉もよく食べられる。2006年、韓国の国務調整室が行った調査結果によると、今も年間200万頭の犬が食べられている。1988年のソウルオリンピック開催を境に違法となったが、ソウル市内だけで今も530店舗ほどの犬肉料理店が営業を行っている。寒冷な気候から保存食である発酵食品が発達した。テンジャンやコチュジャン、チョングッチャンといった味噌類やキムチ、マダラの内臓を発酵させたチャンジャ等を、各家庭ごとに作る。保存食としては、他に魚の干物やチョッカル(塩辛)、なれずしに似たシッケ、乾燥させた山菜や海草類も作られている。韓国料理 フレッシュアイペディアより)

  • チョッカル

    チョッカルから見たキムチキムチ

    チョッカルはキムチを漬ける際の材料として用いられることも多い。主に、小エビやカタクチイワシ、イシモチ、タチウオなどを原料としたものがキムチ漬けに使われる。また、エッチョッ(??)と呼ばれるチョッカルの上澄み液も、チョッカルの一種とされ、キムチ漬けやチゲの調味などに用いられる。チョッカル フレッシュアイペディアより)

  • キムパプ

    キムパプから見たキムチキムチ

    あぶった板海苔の上に米飯を均一に薄く敷き、その上に細長い形に整えられた具材を載せる。米飯は、塩やごま油で味を整えるのが一般的である。具材は、複数の材料を用いることがほとんどである。一般的に使用される具材には、ニンジン、ホウレンソウ、キムチ、エゴマの葉、たくあん、牛肉、ハム、ツナ、カニかまぼこ、チーズ、卵焼きなどがある。この他、具なしのキムパプ(後述の忠武キムパプ)や刻んだニンニクのチャンアチ(醤油漬け)のみを米飯に混ぜてから海苔で巻いたキムパプもある。最後に、米飯と海苔で具材を巻き込み、海苔の表面にごま油を塗ったり白胡麻を振ったりして風味付けをする。キムパプ フレッシュアイペディアより)

  • ミョルチジョッ

    ミョルチジョッから見たキムチキムチ

    ミョルチジョッ()は朝鮮半島の塩辛。カタクチイワシを原料とした、チョッカルの一種である。主にキムチ漬けの材料とするほか、そのまま副食物とする事もある。ミョルチジョッ フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山幸

    鳩山幸から見たキムチキムチ

    2009年11月27日 - イ・ソジンが、幸の個人事務所を訪問。イ・ソジンの母親が漬けた白菜キムチと韓国人画家の絵、韓国製薬メーカーの健康食品のプレゼントを受ける。鳩山幸 フレッシュアイペディアより)

  • マッコリ

    マッコリから見たキムチキムチ

    日本の醸造業者もマッコリの製造に参入し輸出も予定されているが、日本産のマッコリが輸出されていくことで、「Kimchi」と「Kimuchi」同様、海外でマッコリが日本式の表記で受け入れられ韓国伝統酒の「Makgeolli」ではなく日本伝統酒の「Makkori」として認識される可能性が韓国で懸念されており、マッコリの国籍アイデンティティが毀損されないよう対応策を立てる必要性が提起されている。また、2011年世界フィギュアスケート選手権では、日本輸出専用マッコリ商品の宣伝目的でカタカナで「マッコリ」と書かれた広告が登場し、韓国人の抗議により差し替えられる騒ぎが起こった。マッコリ フレッシュアイペディアより)

  • 発酵食品

    発酵食品から見たキムチキムチ

    発酵食品(はっこうしょくひん)とは、食材を微生物等の作用で発酵させることにより加工した食品である。冷蔵庫などの存在する以前から、保存食として、または風味を改良したり食品の硬さを柔らかくするといった目的でも行われる。納豆、醤油、味噌、漬物、鰹節のように日本の伝統的な食品に見られる。このことは日本だけでなく、パンやヨーグルト、紅茶、キムチなど世界でも伝統的に利用されてきた。また穀物や果物を発酵させて製造される酒は、アルコールが殺菌作用を持つが、同時に精神作用を持つ飲料である。発酵食品 フレッシュアイペディアより)

  • ソルロンタン

    ソルロンタンから見たキムチキムチ

    調理時にはほとんど味付けを行わず、食卓で塩・コショウ、粉唐辛子などを加え、好みの味に調節して食べる。副菜として、特に大根のキムチ(カクトゥギ)が欠かせないと言われる。飯やゆでた麺を入れてもいい。ソルロンタン フレッシュアイペディアより)

  • レーション

    レーションから見たキムチキムチ

    メニューの豊富なカナダや、味に特化したフランス(市販品や民族料理を多用しており、非常に多彩な内容である)、ティータイムに大きな優位を持たせているイギリス、米飯と副食・漬物を組み合わせた日本、温かい食事ができるよう工夫された中国・ロシア、エネルギー補給に重点をおいたノルウェー(熱量は最大で7,500kcalに達する)などの北欧諸国、過酷な保管環境でも内容物に影響が出ないよう厳重に真空パックされ、ワインやデザートも用意されたイタリア、密閉容器を破壊しかねない発酵ガスを防ぐように処理された白菜キムチをメニューに加えた韓国と、各国の食文化を反映したものが開発されており、食文化だけでなく気候や軍の抱える事情も、そのままパックされていると言ってもよい。レーション フレッシュアイペディアより)

  • パク・シネ

    パク・シネから見たカクテキキムチ

    2007年 カクテキ 幸せのかくし味(MBC)、チャン・サヤ役)パク・シネ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
222件中 1 - 10件表示

「キムチ」のニューストピックワード